タイヤ通販「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」を5つの項目で比較

オートウェイ VS フジコーポレーション
画像引用:オートウェイ(AUTOWAY)フジコーポレーション

タイヤ通販で人気の「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」を5つの項目で比較してみました。

2社の「1.取扱ブランド」「2.販売価格」「3.送料」「4.タイヤ取付工賃」「5.パンク保証」を徹底比較し、それぞれのメリットやデメリットが分かるように解説するとともに、どのような方の利用に向いているのかまでご説明します。

愛車のタイヤを購入するにあたり、どの事業者を利用しようか悩んでいる方や、すでにこの2社のどちらかを利用しようと検討されている方は特に参考にしてみてください。

車好きオヤジブログのステマ規制への対応について

本コンテンツは車好きオヤジ及び車好きオヤジブログ編集部が独自に制作しております。文中のリンクにアフィリエイト広告を含むものがありますが、コンテンツの内容にメーカー等は一切関与しておりません。メーカー等から商品提供や内容の指示を受けたコンテンツには、「PR」と表記します。

目次

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」を5つの項目で比較しました!

1.取扱ブランド取り扱っているタイヤブランドやブランド傾向などについて比較します。
2.販売価格サマータイヤとスタッドレスタイヤで、同サイズのものを比較します。
3.送料タイヤの送料について比較します。
4.タイヤ取付工賃タイヤ取付店舗と工賃について比較します。
5.パンク保証購入したタイヤがパンクした際の保証について比較します。

上記5つの項目で、「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」を比較していきます。

知りたい項目からチェックできるよう、クリックすればその項目にスクロールされるようになっています。

1.「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」を取扱ブランドで比較

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」の取り扱いブランドについて比較していきましょう。

比較項目オートウェイフジコーポレーション
海外有名ブランドグッドイヤー
コンチネンタル
ピレリ
ミシュランなど
※ただし本国製ではない
グッドイヤー
コンチネンタル
ピレリ
シュラン
BFグッドリッチなど
※BFグッドリッチの専売品あり
日本ブランドブリヂストン
ダンロップ
ヨコハマ
FALKENなど
※海外からの輸入
ブリヂストン
ダンロップ
ヨコハマ
トーヨータイヤ
NITTO
FALKEN
TOYOなど
比較的歴史が浅い
海外ブランド
NANKANG
CEAT
DAVANTI
MOMO
COOPER
HIFLY
RADARなど
※海外からの輸入
DELINTE
GRIPMAX
HANKOOK
KUMHO
MILEVER
NEOLIN
RAIDENなど

「オートウェイ(AUTOWAY)」の取り扱いブランドの特徴

「オートウェイ(AUTOWAY)」は輸入タイヤを専門に扱っているのが大きな特徴です。

取扱ブランドは分類すると大きく3種類に分けることができます。

まずひとつは、グッドイヤーやコンチネンタル、ピレリ、ミシュランなどの海外有名メーカータイヤです。

そしてもうひとつが、ブリヂストンやダンロップ、ヨコハマなどの日本メーカーのタイヤで、

もうひとつは、比較的歴史の浅い海外メーカーのタイヤとなります。

ただし、海外有名ブランドタイヤのタイヤだからといっても本国製ではなく、中国や台湾、タイ、フィリピン、インドネシアなどで製造されたものを輸入しているのがほとんどなので、価格も抑えられています。

なお製造国が中国や台湾などであっても、有名ブランドの冠を付けたタイヤである以上、そのブランドの品質基準はクリアしています。

加えて、「オートウェイ(AUTOWAY)」ではそれぞれのタイヤの製造国も明確に表示されているので、納得の上で購入することができるはずです。

理解しておくべき点としては、輸入タイヤは日本で使用することを前提にして製造されておらず、規格が日本とは異なるケースがあります。

さらに道路事情が国によって異なるため、乗り心地などが同じタイヤでもメーカー本国で製造されたものと異なるケースがあることも理解しておくべきでしょう。

「フジコーポレーション」の取扱ブランドの特徴

「フジコーポレーション」の取扱いブランドの特徴としては、日本ブランドのタイヤが充実していることと、海外有名ブランドタイヤが充実していることでしょう。

その中でも特筆すべきは、BFグッドリッチのスポーツ志向性の高いタイヤや、コンフォートタイヤなどが「フジコーポレーション」の専売品として販売されていることです。

これらのタイヤはタイヤサイズが大きくても価格が安く設定されているため、気軽に購入しやすくなっています。

「フジコーポレーション」が扱っている比較的歴史が浅い海外ブランドタイヤは、アジアンタイヤが主流ですが、その中でも比較的知名度が高いものが多く、近年では高級車に純正採用されているブランドもあります。

2.「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」を販売価格などで比較

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」について、サマータイヤとスタッドレスタイヤの販売価格などを比較してみましょう。

比較に際しては本来、すべての条件を揃えて比較するべきですが、これらの条件が合致するタイヤは多くありません。

そこでサマータイヤとスタッドレスタイヤの二種類において、有名ブランドのもの最も安いもので比較してみます。

なお有名ブランドのタイヤでは、同メーカーの同ブランド、同サイズで比較しますが、最も安いものは、メーカーやブランドを問わずにタイヤサイズだけが合致するもので比較します。

比較項目オートウェイフジコーポレーション
有名ブランド
サマータイヤ
BRIDGESTONE
REGNO GR-XII
205/60R16 92V
※関東のみ在庫
1本22,100円(税込)
BRIDGESTONE
REGNO GR-XII
205/60R16 92V
※納期確認後の連絡
1本20,000円(税込)
最も安いサマータイヤMAXTREK
MAXIMUS M2
205/60R16 92V
※関東、東海、九州のみ在庫
1本5,610円(税込)
FALKEN
ZIEX ZE310R
205/60R16 92V
※在庫品
1本7,690円(税込)
有名ブランド
スタッドレス
BRIDGESTONE
BLIZZAK VRX3
195/60R17 90Q
※関東のみ在庫
1本29,990円(税込)
BRIDGESTONE
BLIZZAK VRX3
195/60R17 90Q
※残りわずか
1本30,100円(税込)
最も安いスタッドレスHIFLY
Win-turi 216
205/60R16 92H
※全地域で在庫あり
1本8,190円(税込)
GRIP MAX
アイスX BSW
205/60R16 96T XL
※在庫品
1本6,600円(税込)

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」の販売価格実例

以下の画像では、上段が「オートウェイ(AUTOWAY)」、下段が「フジコーポレーション」の商品画像となります。

有名ブランドサマータイヤ

画像引用:(上段)オートウェイ(AUTOWAY)(下段)フジコーポレーション

最も安いサマータイヤ

画像引用:(上段)オートウェイ(AUTOWAY)(下段)フジコーポレーション

有名ブランドスタッドレスタイヤ

画像引用:(上段)オートウェイ(AUTOWAY)(下段)フジコーポレーション

最も安いスタッドレスタイヤ

画像引用:(上段)オートウェイ(AUTOWAY)(下段)フジコーポレーション

2社の販売価格実例から分かること

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」のタイヤ販売価格実例を比較してみると、サマータイヤのジャンルでは「フジコーポレーション」の方が有名ブランドサマータイヤで2,000円以上安いですが、最も安いサマータイヤでは「オートウェイ(AUTOWAY)」の方が2,000円ほど安いことが分かりました。

一方、有名ブランドスタッドレスでは、「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」の価格差はわずかでしたが、最も安いスタッドレスになると「フジコーポレーション」の方が1,500円ほど安いという結果になりました。

ただしサマータイヤについては「フジコーポレーション」の最も安いサマータイヤは、ダンロップと同じ住友ゴムが製造しているFALKENであり、「オートウェイ(AUTOWAY)」の方は中国ブランドであるMAXTREKでした。

これはつまり単純に価格差だけで判断することはできないということです。

ブランドの違いが価格に反映されていることを考慮すると、おそらく同程度の安さではないかと考えられます。

そう考えるならば、有名ブランドサマータイヤだけでなく、ある程度の知名度があるブランドのサマータイヤは、「フジコーポレーション」の方が「オートウェイ(AUTOWAY)」よりも安く購入することができるといえます。

一方の「オートウェイ(AUTOWAY)」の最も安いサマータイヤは、ブランドとしての知名度は劣るものの、より安く購入することができるわけです。

有名ブランドスタッドレスは「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」に価格差はほとんどなく、最も安いスタッドレスで「フジコーポレーション」の方が安かったのは、おそらくブランドの価格差であろうと考えられます。

つまりスタッドレスのジャンルでは、有名ブランドか否かを問わず、タイヤ自体の価格差はあまり無いように見受けられます。

3.「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」を送料で比較

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」で、タイヤを購入した場合の送料について比較してみましょう。

比較項目オートウェイフジコーポレーション
取付加盟店などへの送料◎タイヤピット加盟店や整備工場など
無料
◎フジコーポレーション店舗
無料

◎取付協力店
1本1,200円(税込)
※沖縄、離島は別途連絡
※タイヤによって送料無料
※取付店によって追加送料あり
個人宅への送料1本330円(税込)
※沖縄1本550円(税込)
※離島1本1,100円(税込)
1本1,200円(税込)
※沖縄や離島は別途連絡あり

「オートウェイ(AUTOWAY)」の送料

「オートウェイ(AUTOWAY)」ではタイヤの送り先がオートウェイのタイヤ取付業者ネットワークである「タイヤピット」加盟店や整備工場、タイヤ取付店か、もしくは個人宅かによって送料が異なります。

「タイヤピット」加盟店や加盟していない整備工場、タイヤ取付店などにタイヤを送る場合には、送料は無料となっています。

一方、個人宅にタイヤを送る際には、1本あたり330円(税込)の送料が必要になり、沖縄県の場合は1本あたり550円(税込)の送料、離島の場合は1本あたり1,100円(税込)の送料が必要になります。

「フジコーポレーション」の送料

「フジコーポレーション」では購入したタイヤの送り先が「フジコーポレーション」店舗の場合と、協力取付店や個人宅などの場合で送料は異なります。

「フジコーポレーション」店舗に送り、取付けてもらう場合には送料は不要です。

一方、協力取付店や個人宅などに送る場合には、1本あたり1,200円(税込)の送料が必要となります。

このタイヤ送料は「フジコーポレーション」のwebサイトでは明示されていません。

タイヤを購入するためにカートに入れ、発送地域を選択してから送料が表示される仕組みになっています。

その方法で北海道から九州地域までの送料を調べてみると、タイヤ1本あたり1,200円(税込)の表示となりました。

なお、沖縄や離島に関しては送料が表示されず、別途連絡となります。

また、取付店によっては別途追加送料が発生するケースもあるようです。

「フジコーポレーション」の送料で特徴的なのは、タイヤによっては送料が無料になるものもあるということです。

このサービスが適用されるタイヤは多くありませんが、もし希望するブランドやサイズが一致すれば利用する価値はあるでしょう。

2社の送料の違い

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」の送料を比較すると、「オートウェイ(AUTOWAY)」は取付店に送る場合は無料で、個人宅に送る場合のみ送料が必要になります。

これはつまり、取付を業者に依頼する場合には送料は不要であるということです。

一方の「フジコーポレーション」では、「フジコーポレーション」店舗に送る場合は無料ですが、協力取付店や個人宅に送る場合は送料が必要です。

すなわち、取付を「フジコーポレーション」店舗に依頼するのであれば送料は必要ありませんが、「フジコーポレーション」以外の業者に取り付けてもらうためには送料を支払わなければならないということです。

加えて、「フジコーポレーション」の送料は1本1,200円(税込)と、「オートウェイ(AUTOWAY)」の330円(税込)に比べると、割高であるといえます。

4.「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」をタイヤ取付店舗と工賃で比較

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」では、タイヤ取付店舗と工賃がどう違うのか、比較してみましょう。

比較項目オートウェイフジコーポレーション
取付店舗◎タイヤピット加盟店
全国3,500店舗
◎フジコーポレーション店舗
全国48店舗

◎取付協力店
全国約2,000店
工賃(税込価格)・15インチ以下:1,980円/本
・16~18インチ:2,420円/本
・19~20インチ:2,970円/本
※廃タイヤ料やバルブ交換料は含まれず
◎フジコーポレーション店舗
・組込みとバランス調整
1,375円~/本
・廃タイヤ料:330円~/本  

◎取付協力店
・16インチ以下:2,800円/本
・17、18インチ:3,400円/本
・19インチ:4,300円/本
※廃タイヤ料やバルブ交換料は含まれず

「オートウェイ(AUTOWAY)」のタイヤ取付と工賃

「オートウェイ(AUTOWAY)」では購入したタイヤを、オートウェイが運営している「タイヤピット」の加盟店であるタイヤ取付店に直送できるようになっています。

「タイヤピット」には全国3,500店舗のタイヤ取付店が加盟していますので、きっとどなたの近所にも「タイヤピット」に加盟しているタイヤ取付店があるはずです。

送料はかかるものの、自宅にタイヤを送ってもらい、自分で取付店に持ち込むこともできます。

「オートウェイ(AUTOWAY)」で購入したタイヤを「タイヤピット」に加盟しているタイヤ取付店で取付けてもらう場合、基本工賃は全国統一になっています。

そのため、どの加盟店に直送しても工賃が高くなるなどの心配は不要です。

基本工賃とは、車体からタイヤとホイールの脱着料、タイヤとホイールの組み替え、バランス作業を含んだ金額のことで、廃タイヤ料やバルブ交換料は含まれていません。

ただし、扁平率45以下のタイヤやランフラットタイヤ、空気圧センサー装着車、輸入車などのタイヤ交換は、追加料金が発生するケースがあります。

なお、「オートウェイ(AUTOWAY)」で購入したタイヤを自宅に送り、「タイヤピット」加盟店で取付する場合には、「オートウェイ(AUTOWAY)」で購入したことが分かる納品書や領収書が必要になります。

「フジコーポレーション」のタイヤ取付と工賃

「フジコーポレーション」では、購入したタイヤを全国に48店舗ある「フジコーポレーション」店舗、もしくは全国におよそ2,000店ある協力取付店で取付けることができます。

「フジコーポレーション」店舗での取付料金は組込みとバランス調整を含めて1,375円からで、タイヤサイズなどによって料金が変わることしか表示されておらず、詳しくは受け取り店舗への問い合わせとなっています。

また全国におよそ2,000店ある社外の協力取付店で取付けてもらうこともでき、工賃はどの協力取付店でも共通料金となっています。

2社の取付けと工賃の違い

「オートウェイ(AUTOWAY)」では全てのタイヤの取付工賃が明確になっていますが、一方の「フジコーポレーション」は、「フジコーポレーション」店舗での取付工賃が明らかになっておらず、店舗に直接問い合わせなければ分かりません。

また「フジコーポレーション」協力取付店の工賃は明らかになっているものの、「フジコーポレーション」店舗の工賃が明らかになっていないため、利用者はどちらを選べば良いのか、判断に迷うところです。

つまり工賃の明確さを比較するなら、「オートウェイ(AUTOWAY)」の方が利用しやすいといえます。

またタイヤサイズ別の取付工賃を比較した場合でも、「オートウェイ(AUTOWAY)」の方が安いことが明らかです。

さらに、取り付け店舗数でも「オートウェイ(AUTOWAY)」の全国3,500店に対して、「フジコーポレーション」の全国約2,000店を考慮すると、「オートウェイ(AUTOWAY)」の方が自宅近くに取付店がある可能性が高いといえるでしょう。

5.「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」をパンク保証で比較

タイヤのパンクはどんなドライバーでも経験したことがあるはずです。

しかし購入して間もないタイヤがパンクし、修理しなくてはいけなくなると非常にがっかりするでしょう。

修理できるならまだしも、修理不可能なパンクの場合は、新しくタイヤを購入しなければならず、また出費になってしまいます。

そこで「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」で、パンクに対する保証はどうなっているのかを比較してみました。

比較項目オートウェイフジコーポレーション
無料保証無し無し
※タイヤにより4本購入でパンク保証が付帯しているものあり
有償保証無しタイヤ4本購入時のみ2年保証加入可能

[保証加入料]
タイヤ4本購入価格に応じた保証限度額プラン
・2万円以下 5,800円
・4万円以下 6,800円
・7万円以下 9,800円
・10万円以下 13,800円
・15万円以下 18,800円
・20万円以下 21,800円
・25万円以下 25,800円
・30万円以下 31,800円

[保証内容]
・保証期間2年
・走行距離無制限
(但し残溝条件あり)
・工賃無料
(フジコーポレーション店舗のみ)
・送料無料
・開始から180日まではパンクしたタイヤのみ新品に交換
・開始から181日以降はパンク本数に関わらず全て交換
・保証の適用は期間中に1回のみ

「オートウェイ(AUTOWAY)」を利用した場合のパンク保証

「オートウェイ(AUTOWAY)」でタイヤを購入した場合、パンク保証はありません。

そのため、タイヤ交換直後に走行していて何かが刺さってパンクした場合でも、自費で修理するか、パンクしたタイヤを自費で新しく買い替えなければならないこともあります。

「フジコーポレーション」を利用した場合のパンク保証

「フジコーポレーション」では、どのような種類のタイヤであっても4本(1台分)購入と同時にパンク保証に加入すると、2年間のパンク保証を受けることができます。

加入プランはタイヤ4本の合計金額に合わせて「2万円以下」のものから、最大「30万円以下」のものまで用意されており、加入料もプランに合わせて設定されています。

画像引用:フジコーポレーション

パンク保証に加入して180日以内にパンクした場合は、パンクしたタイヤのみ新品と交換してもらえ、181日以降にパンクした場合は、パンク本数に関わらず4本全てを新品タイヤに交換してもらうことができます。

パンク保証の取付工賃は、「フジコーポレーション」店舗で作業してもらう場合は無料となっていますが、取付協力店で作業してもらう場合には工賃が発生します。

なお、このパンク保証を適用した新品タイヤ交換は、保証期間中に1回限りの適用となります。

「フジコーポレーション」では、このパンク保証が無料で付帯してくるタイヤ(1台分4本購入が条件)も販売しており、ブランドやタイヤサイズが合致すれば利用する価値のあるといえるでしょう。

「オートウェイ(AUTOWAY)」はこんな方におススメします

ご紹介してきた2社の比較から、「オートウェイ(AUTOWAY)」でのタイヤの購入をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • タイヤのブランドなどはあまり気にならない人
  • なるべく安くタイヤを購入したい人
  • 送料にあまり高い金額を支払いたくない人
  • 取付店は極力自宅に近い方が良い人
  • 取付工賃をなるべく抑えたい人
  • パンク保証は不要だと考える人

「フジコーポレーション」はこんな方におススメします

ご紹介してきた2社の比較から、「フジコーポレーション」でのタイヤの購入をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • 有名ブランドのタイヤにこだわりたい人
  • 有名ブランドタイヤをなるべく安く購入したい人
  • 自宅近くにフジコーポレーション店舗がある人
  • 取付店が自宅から少し離れていても気にならない人
  • 取付工賃にある程度の費用をかけるのは当然だという人
  • パンク保証は必要だと考える人

まとめ

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」について、5つの項目にわたって比較してみました。

この2店は商品ラインナップの傾向や価格のあり方も多少異なり、極力安く購入できることを目指している「オートウェイ(AUTOWAY)」と、有名ブランドタイヤをなるべく安く提供することを目指している「フジコーポレーション」という区分ができるでしょう。

また実店舗の有る無しの違いもあるため、送料や取付店、パンク保証についての違いもあります。

これらの違いを理解されたうえで、「オートウェイ(AUTOWAY)」と「フジコーポレーション」のどちらで購入する方が良いのかを検討されるべきでしょう。

  • URLをコピーしました!
目次