タイヤ通販「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」を5つの項目で比較

オートウェイ VS ヨドバシドットコム
画像引用:オートウェイ(AUTOWAY) ヨドバシ・ドット・コム

タイヤ通販として人気の「オートウェイ(AUTOWAY)」「ヨドバシ・ドット・コム」を5つの項目で比較してみました。

タイヤ通販の「1.取扱ブランド」「2.販売価格」「3.送料」「4.タイヤ取付工賃」「5.パンク保証」を徹底比較し、それぞれのメリットやデメリットが分かるように解説するとともに、どのような方の利用の利用に向いているのかまでご説明します。

愛車のタイヤを購入するにあたり、どの事業者を利用しようか悩んでいる方や、すでにこの2社のどちらかを利用しようと検討されている方は特に参考にしてみてください。

車好きオヤジブログのステマ規制への対応について

本コンテンツは車好きオヤジ及び車好きオヤジブログ編集部が独自に制作しております。文中のリンクにアフィリエイト広告を含むものがありますが、コンテンツの内容にメーカー等は一切関与しておりません。メーカー等から商品提供や内容の指示を受けたコンテンツには、「PR」と表記します。

目次

タイヤ通販「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」を5つの項目で比較しました!

1.取扱ブランド取り扱っているタイヤブランドやブランド傾向などについて比較します。
2.販売価格サマータイヤとスタッドレスタイヤで、同サイズのものを比較します。
3.送料タイヤの送料について比較します。
4.タイヤ取付工賃タイヤ取付店舗と工賃について比較します。
5.パンク保証購入したタイヤがパンクした際の保証について比較します。

上記5つの項目で、「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」を比較していきます。

知りたい項目からチェックできるよう、クリックすればその項目にスクロールされるようになっています。

1.「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」を取扱ブランドで比較

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」の取り扱いブランドについて比較していきましょう。

比較項目オートウェイヨドバシ・ドット・コム
海外有名ブランドグッドイヤー
コンチネンタル
ピレリ
ミシュランなど
※ただし本国製ではない
グッドイヤー
ピレリ
シュラン
BFグッドリッチ
日本ブランドブリヂストン
ダンロップ
ヨコハマ
FALKENなど
※海外からの輸入
ブリヂストン
ダンロップ
トーヨータイヤ
比較的歴史が浅い
海外ブランド
NANKANG
CEAT
DAVANTI
MOMO
COOPER
HIFLY
RADARなど
※海外からの輸入
FARROAD
SAFERICH
オリジナルブランド無し無し

「オートウェイ(AUTOWAY)」の取り扱いブランドの特徴

「オートウェイ(AUTOWAY)」は輸入タイヤを専門に扱っているのが大きな特徴です。

取扱ブランドは分類すると大きく3種類に分けることができます。

まずひとつは、グッドイヤーやコンチネンタル、ピレリ、ミシュランなどの海外有名メーカータイヤです。

そしてもうひとつが、ブリヂストンやダンロップ、ヨコハマなどの日本メーカーのタイヤで、もうひとつは、比較的歴史の浅い海外メーカーのタイヤとなります。

ただし、海外有名ブランドタイヤのタイヤだからといっても本国製ではなく、中国や台湾、タイ、フィリピン、インドネシアなどで製造されたものを輸入しているのがほとんどなので、価格も抑えられています。

なお製造国が中国や台湾などであっても、有名ブランドの冠を付けたタイヤである以上、そのブランドの品質基準はクリアしています。

加えて、「オートウェイ(AUTOWAY)」ではそれぞれのタイヤの製造国も明確に表示されているので、納得の上で購入することができるはずです。

理解しておくべき点としては、輸入タイヤは日本で使用することを前提にして製造されておらず、規格が日本とは異なるケースがあります。

さらに道路事情が国によって異なるため、乗り心地などが同じタイヤでもメーカー本国で製造されたものと異なるケースがあることも理解しておくべきでしょう。

「ヨドバシ・ドット・コム」の取り扱いブランドの特徴

「ヨドバシ・ドット・コム」のカータイヤで検索してみると、本記事執筆時点の取扱ブランド数は全部で5ブランドだけでした。

そのうちサマータイヤはブリヂストンとトーヨーの2ブランドだけで、スタッドレスはブリヂストンとダンロップ、FARROAD、SAFERICHの4ブランドとなっていました。

この取り扱いブランドの少なさは時期的なものが影響しているのかどうかは不明ですが、その中で最も扱い量が多いのはブリヂストンで、次がトーヨーという順になっています。

ただしブリヂストンの扱い量が多いといっても、決してブリヂストンの全ブランドを扱っているわけではなく、特定ブランドだけを豊富に扱っているということです。

そのため、ブリヂストン製のタイヤを購入したい人にとってはある程度選択肢がありますが、他メーカーのタイヤを購入したい人にとっては利用しづらいといえるでしょう。

2.「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」を販売価格で比較

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」について、サマータイヤとスタッドレスタイヤの販売価格などを比較してみましょう。

比較に際しては本来、すべての条件を揃えて比較するべきですが、これらの条件が合致するタイヤは多くありません。

そこでサマータイヤとスタッドレスタイヤの二種類において、有名ブランドのもの、最も安いもので比較してみます。

なお有名ブランドのタイヤでは、同メーカーの同ブランド、同サイズで比較することに意味がありますが、どうしてもこれらが合致するタイヤがない場合には、極力条件の近いタイヤで比較します。

また最も安いものはメーカーやブランドを問わず、タイヤサイズだけが合致するもので比較します。

比較項目オートウェイヨドバシ・ドット・コム
有名ブランド
サマータイヤ
BRIDGESTONE
REGNO GR-XII
205/60R16 92V
※関東のみ在庫
1本22,110円(税込)
BRIDGESTONE
REGNO GR-XII
205/60R16 92V
※取り寄せ
1本31,790円(税込)
最も安いサマータイヤMAXTREK
MAXIMUS M2
205/60R16 92V
※関東、東海、九州のみ在庫
1本5,610円(税込)
TOYO
TRANPATH mp7
205/60 R16 92H
※取り寄せ
1本14,920円(税込)
有名ブランド
スタッドレス
GOODYEAR
ICE NAVI 8
205/60R16 96Q XL
※関東、九州のみ在庫
1本22,990円(税込)
BRIDGESTONE
BLIZZAK VRX2
205/60 R16 092Q
※取り寄せ
1本23,520円(税込)
最も安いスタッドレスMOMO
NORTH POLE W-2
205/50R17 93V XL
※関東のみ在庫
1本10,490円(税込)
FARROAD
FRD79
205/50R17 93H
※メーカー直送
1本11,550円(税込)

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」の販売価格実例

以下の画像では、上段が「オートウェイ(AUTOWAY)」、下段が「ヨドバシ・ドット・コム」の商品画像となります。

有名ブランドサマータイヤ

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」でタイヤブランドの表記が異なりますが、「ヨドバシ・ドット・コム」は商品コードを記載しており、どちらも同じBRIDGESTONE REGNO GR-XIIの205/60R16 92Vです。

画像引用:(上段)オートウェイ(AUTOWAY)(下段)ヨドバシ・ドット・コム

最も安いサマータイヤ

画像引用:(上段)オートウェイ(AUTOWAY)(下段)ヨドバシ・ドット・コム

有名ブランドスタッドレスタイヤ

有名ブランドスタッドレスタイヤでは、同ブランドで同サイズのものがありませんでしたので、205/60R16サイズで「オートウェイ(AUTOWAY)」ではGOODYEAR ICE NAVI 8を、「ヨドバシ・ドット・コム」はBRIDGESTONE BLIZZAK VRX2を選んで比較しました。

画像引用:(上段)オートウェイ(AUTOWAY)(下段)ヨドバシ・ドット・コム

最も安いスタッドレスタイヤ

画像引用:(上段)オートウェイ(AUTOWAY)(下段)ヨドバシ・ドット・コム

2社の販売価格実例から分かること

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」の販売価格実例を比較してみると、サマータイヤのジャンルで有名ブランド、最も安いものの両方において、「オートウェイ(AUTOWAY)」の方が圧倒的に安いことが明らかになりました。

特に有名ブランドのBRIDGESTONE REGNO GR-XIIで、タイヤ1本あたり9,000円以上も開きがあり、「ヨドバシ・ドット・コム」で販売されているBRIDGESTONE REGNO GR-XIIの価格は、BRIDGESTONEの希望小売価格そのままとなっています。

スタッドレスタイヤのジャンルでも「オートウェイ(AUTOWAY)」の方が安いことが分かりますが、価格差はサマータイヤ程ではなく、タイヤ1本あたり1,000円ほどの差となっていました。

つまりサマータイヤのジャンルでは「オートウェイ(AUTOWAY)」のほうが圧倒的に安いですが、スタッドレスタイヤでは「オートウェイ(AUTOWAY)」がわずかに安い程度となり、価格の開きはそれほど大きくないということになります。

3.「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」を送料で比較

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」で、タイヤを購入した場合の送料について比較してみましょう。

なおこの項で、注文決済後から発送までの日数についても記述します。

比較項目オートウェイヨドバシ・ドット・コム
取付加盟店などへの送料◎タイヤピット加盟店や整備工場など
送料無料
送料無料
※メーカー直送品は北海道と沖縄、離島への発送不可
個人宅への送料1本330円(税込)
※沖縄1本550円(税込)
※離島1本1,100円(税込)
送料無料
※メーカー直送品は北海道と沖縄、離島への発送不可
発送までの日数◎在庫品
[代引きやクレジット決済の場合]
12時までの注文で当日発送
[銀行振込の場合]
12時までの入金確認で当日発送

◎取り寄せ品
10日ほどで発送
◎メーカー直送品
入荷までおよそ1週間ほど必要

◎取り寄せ品
30日以内の出荷

「オートウェイ(AUTOWAY)」の送料

「オートウェイ(AUTOWAY)」では、タイヤの送り先がオートウェイのタイヤ取付業者ネットワークである「タイヤピット」加盟店や整備工場、タイヤ取付店か、もしくは個人宅かによって送料が異なります。

「タイヤピット」加盟店や加盟していない整備工場、タイヤ取付店などにタイヤを送る場合には、送料は無料となっています。

一方、個人宅にタイヤを送る際には、1本あたり330円(税込)の送料が必要になり、沖縄県の場合は1本あたり550円(税込)の送料、離島の場合は1本あたり1,100円(税込)の送料が必要になります。

発送までの日数について

「オートウェイ(AUTOWAY)」では在庫品の購入に際して、代引きやクレジット決済の場合、お昼12時までの注文で当日に発送してくれます。

銀行振り込みの場合には、お昼12時までに入金確認ができれば当日発送してくれます。

なお「オートウェイ(AUTOWAY)」でもタイヤによっては取り寄せの場合がありますが、その場合でも注文からおよそ10日ほどで発送してくれます。

「ヨドバシ・ドット・コム」の送料

「ヨドバシ・ドット・コム」では全てのタイヤ送料が無料となります。

「ヨドバシ・ドット・コム」で販売されているタイヤには4本セットや、1本単位で販売されているものもありますが、これら全てが送料無料となります。

そのため個人宅はもちろん、タイヤ取付店に直送する場合でも送料は無料となります。

ただしメーカー直送タイヤについては、北海道や沖縄、離島に発送することはできません。

つまり北海道や沖縄、離島からメーカー直送のタイヤを購入することはできないということです。

発送までの日数について

「ヨドバシ・ドット・コム」で販売されているタイヤはほとんどが取り寄せで、一部がメーカーからの直送となります。

「ヨドバシ・ドット・コム」では取り寄せ品の発送について、以下の画像にあるように30日以内の発送と記載しています。

これはおそらく、実際にどれだけの日数がかかるのか確約できないということでしょうが、一刻も早くタイヤを届けて欲しい場合には不便だといえます。

画像引用:ヨドバシ・ドット・コム

またメーカー直送タイヤについては、入荷までおよそ1週間かかると記載されていますので、留意しておく必要があります。

画像引用:ヨドバシ・ドット・コム

4.「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」をタイヤ取付と工賃で比較

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」では、タイヤ取付と工賃がどう違うのか、比較してみましょう。

比較項目オートウェイヨドバシ・ドット・コム
取付店舗◎タイヤピット加盟店
全国3,500店舗
取付サービスは無し
工賃(税込価格)15インチ以下:1,980円/本
16~18インチ:2,420円/本
19~20インチ:2,970円/本
※廃タイヤ料やバルブ交換料は含まれず

「オートウェイ(AUTOWAY)」のタイヤ取付と工賃

「オートウェイ(AUTOWAY)」では購入したタイヤを、オートウェイが運営している「タイヤピット」の加盟店であるタイヤ取付店に直送できるようになっています。

「タイヤピット」には全国3,500店舗のタイヤ取付店が加盟していますので、きっとどなたの近所にも「タイヤピット」に加盟しているタイヤ取付店があるはずです。

送料はかかるものの、自宅にタイヤを送ってもらい、自分で取付店に持ち込むこともできます。

「オートウェイ(AUTOWAY)」で購入したタイヤを「タイヤピット」に加盟しているタイヤ取付店で取付けてもらう場合、基本工賃は全国統一になっています。

そのため、どの加盟店に直送しても工賃が高くなるなどの心配は不要ですが、工賃は「オートウェイ(AUTOWAY)」でタイヤ購入時に決済するのではなく、取付時に取付店に支払うことになります。

なお、基本工賃とは、車体からタイヤとホイールの脱着料、タイヤとホイールの組み替え、バランス作業を含んだ金額のことで、廃タイヤ料やバルブ交換料は含まれていません。

ただし、扁平率45以下のタイヤやランフラットタイヤ、空気圧センサー装着車、輸入車などのタイヤ交換は、追加料金が発生するケースがあります。

「オートウェイ(AUTOWAY)」で購入したタイヤを自宅に送り、「タイヤピット」加盟店で取付する場合には、「オートウェイ(AUTOWAY)」で購入したことが分かる納品書や領収書が必要になります。

「ヨドバシ・ドット・コム」のタイヤ取付と工賃

「ヨドバシ・ドット・コム」ではタイヤの取付に関するサービスはありません。

そのため「ヨドバシ・ドット・コム」でタイヤを購入する場合には、自分でタイヤ取付店を探さなければなりません。

またその取付店には「ヨドバシ・ドット・コム」からの配送の許可をもらっておく必要があります。

もちろんタイヤ取付工賃やバルブ交換料、廃タイヤ処分料などはその取付店の料金に準じることになります。

5.「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」をパンク保証で比較

タイヤのパンクはどんなドライバーでも経験したことがあるはずです。

しかし購入して間もないタイヤがパンクし、修理しなくてはいけなくなると非常にがっかりするでしょう。

修理できるならまだしも、修理不可能なパンクの場合は、新しくタイヤを購入しなければならず、また出費になってしまいます。

そこで「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」で、パンクに対する保証はどうなっているのかを比較してみました。

比較項目オートウェイヨドバシ・ドット・コム
無料保証無し無し
有償保証無し無し

「オートウェイ(AUTOWAY)」を利用した場合のパンク保証

「オートウェイ(AUTOWAY)」でタイヤを購入した場合、パンク保証はありません。

そのため、タイヤ交換直後に走行していて何かが刺さってパンクした場合でも、自費で修理するか、パンクしたタイヤを自費で新しく買い替えなければならないこともあります。

「ヨドバシ・ドット・コム」を利用した場合のパンク保証

「ヨドバシ・ドット・コム」でもパンク保証はありません。

パンクした場合には、自費での修理や買い替えが必要になります。

「オートウェイ(AUTOWAY)」はこんな方におススメします

ご紹介してきた2社の比較から、「オートウェイ(AUTOWAY)」でのタイヤの購入をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • 幅広いブランドの中からタイヤを選びたい人
  • 極力安いサマータイヤを探している人
  • 少しでも早く届けて欲しい人
  • 個人宅への発送を考えているが、多少の送料は気にならない人
  • 北海道や沖縄、離島に住み、発送制限のないタイヤ選びがしたい人
  • タイヤ取付店をどうやって探すのか分からない人

「ヨドバシ・ドット・コム」はこんな方におススメします

ご紹介してきた2社の比較から、「ヨドバシ・ドット・コム」でのタイヤの購入をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • タイヤはブリヂストンやトーヨーから選びたい人
  • スタッドレスもブリヂストンから選びたい人
  • タイヤが届くまでに時間がかかっても構わない人
  • 個人宅への発送を考えているが、送料を支払いたくない人
  • 北海道や沖縄、離島に住み、メーカー直送以外のタイヤから選べる人
  • タイヤ取付店を自分で探してやり取りまでできる人

まとめ

「オートウェイ(AUTOWAY)」と「ヨドバシ・ドット・コム」について、5つの項目にわたって比較してみました。

「オートウェイ(AUTOWAY)」は有名ブランドや日本ブランドだけでなく、アジアンタイヤも豊富に揃っており、しかも価格は非常にリーズナブルです。

また発送まで素早いのも利用しやすい点につながっています。

一方の「ヨドバシ・ドット・コム」はブリヂストンタイヤをメインに扱っていますが、他のブランドの扱いがほとんどなく、選択肢は少ないといえます。

また価格も高めとなっていますが、「ヨドバシ・ドット・コム」を普段から利用している人にはなじみがあるため、利用しやすいかもしれません。

それぞれの違いを十分理解したうえで、ご自身が満足できるのはどちらかをしっかりと検討なさってください。

  • URLをコピーしました!
目次