タイヤ通販「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」を5つの項目で比較

タイヤフッド VS オートバックス
画像引用:タイヤフッド(TIREHOOD) オートバックス

タイヤ通販として人気の「タイヤフッド(TIREHOOD)」「オートバックス」を5つの項目で比較してみました。

タイヤ通販の「1.取扱ブランド」「2.販売価格」「3.送料」「4.タイヤ取付工賃」「5.パンク保証」を徹底比較し、それぞれのメリットやデメリットが分かるように解説するとともに、どのような方の利用の利用に向いているのかまでご説明します。

愛車のタイヤを購入するにあたり、どの事業者を利用しようか悩んでいる方や、すでにこの2社のどちらかを利用しようと検討されている方は特に参考にしてみてください。

車好きオヤジブログのステマ規制への対応について

本コンテンツは車好きオヤジ及び車好きオヤジブログ編集部が独自に制作しております。文中のリンクにアフィリエイト広告を含むものがありますが、コンテンツの内容にメーカー等は一切関与しておりません。メーカー等から商品提供や内容の指示を受けたコンテンツには、「PR」と表記します。

目次

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」を5つの項目で比較しました!

1.取扱ブランド取り扱っているタイヤブランドやブランド傾向などについて比較します。
2.販売価格サマータイヤとスタッドレスタイヤで、同サイズのものを比較します。
3.送料タイヤの送料について比較します。
4.タイヤ取付工賃タイヤ取付店舗と工賃について比較します。
5.パンク保証購入したタイヤがパンクした際の保証について比較します。

上記5つの項目で、「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」を比較していきます。

知りたい項目からチェックできるよう、クリックすればその項目にスクロールされるようになっています。

1.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」を取扱ブランドで比較

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」の取り扱いブランドについて比較していきましょう。

比較項目タイヤフッドオートバックス
海外有名ブランドグッドイヤー
コンチネンタル
ピレリ
ミシュランなど
グッドイヤー
コンチネンタル
ピレリ
ミシュラン
BFグッドリッチ
日本ブランドブリヂストン
ダンロップ
ヨコハマ
トーヨータイヤなど
ブリヂストン
ダンロップ
ヨコハマ
トーヨータイヤ
NITTO
FALKEN
比較的歴史が浅い
海外ブランド
GISLAVED
ハンコック
クムホなど
クムホ
ナンカン
ハンコック
チェンシン
オリジナルブランドオートバックスPB
(ダンロップ製、ブリヂストン製など)
オートバックスPB
・サマータイヤ
Maxrun Efficia
OVERTAKE RVⅡ
・スタッドレスタイヤ
North Trek N5
ICE ESPORTE

「タイヤフッド(TIREHOOD)」の取扱ブランドの特徴

「タイヤフッド(TIREHOOD)」は、ブリヂストンやダンロップ、ヨコハマ、トーヨータイヤなどの日本メーカーのタイヤに加え、グッドイヤーやコンチネンタル、ピレリ、ミシュランなどの海外有名メーカーのもの、そしてハンコックやクムホなど歴史が浅い海外ブランドのものに加え、オートバックスオリジナルタイヤなどを取り扱っています。

なおオートバックスオリジナルタイヤはダンロップやブリヂストンなどのメーカーで製造されているものです。

「タイヤフッド(TIREHOOD)」では、海外有名メーカーや日本メーカーのタイヤを多く取り扱っていますが、一方で歴史が浅い海外ブランドのものは取扱いはあるものの、あまりラインナップが豊富だとはいえません。

また「タイヤフッド(TIREHOOD)」では各タイヤの製造国を明らかにしていませんが、安全を第一に考えた国内外の一流タイヤブランドの商品のみを取り扱っていると説明しています。

「オートバックス」の取り扱いブランドの特徴

「オートバックス」では、海外有名ブランドタイヤ日本ブランドタイヤは豊富に取り揃えていますが、比較的歴史の浅い海外ブランドタイヤは取扱いがあまり多くありません。

しかし歴史の浅い海外ブランドタイヤの中でも、特に種類が充実しているのはチェンシン製タイヤです。

これは台湾のチェンシン・ラバー社が製造しているタイヤで、サマータイヤやオールシーズンタイヤが揃っています。

また「オートバックス」では、オリジナルブランドタイヤの取扱いが充実しています。

サマータイヤではMaxrun Efficia(マックスラン エフィシア)、OVERTAKE RVⅡ(オーバーテイクRV2)、スタッドレスでは North Trek N5(ノーストレックN5)、ICE ESPORTE(アイスエスポルテ)がありますが、これらのオリジナルブランドタイヤは住友ゴムが製造しているようです。

2.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」を販売価格で比較

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」について、サマータイヤとスタッドレスタイヤの販売価格などを比較してみましょう。

比較に際しては本来、すべての条件を揃えて比較するべきですが、これらの条件が合致するタイヤは多くありません。

そこでサマータイヤとスタッドレスタイヤの二種類において、有名ブランドのもの、最も安いもので比較してみます。

なお有名ブランドのタイヤでは、同メーカーの同ブランド、同サイズで比較しますが、最も安いものは、メーカーやブランドを問わずにタイヤサイズだけが合致するもので比較します。

比較項目タイヤフッドオートバックス
有名ブランド
サマータイヤ
BRIDGESTONE
REGNO GR-VII
205/60R16 92H
1本19,030円(税込)
BRIDGESTONE
REGNO GR-VII
205/60R16 92H
1本25,050円(税込)
最も安いサマータイヤGislaved
ULTRA*SPEED2
205/60R16 96V XL
1本7,370円(税込)
KUMHO
MARSHAL MH15
205/60R16 92H
1本7,700円(税込)
有名ブランド
スタッドレス
BRIDGESTONE
BLIZZAK VRX2
205/60R16 92Q
1本24,640円(税込)
BRIDGESTONE
BLIZZAK VRX2
205/60R16 92Q
1本27,810円(税込)
最も安いスタッドレスKUMHO
WINTERCRAFT WI61
205/60R16 92R
1本11,110円(税込)
KUMHO
WINTERCRAFT WI61
205/60R16 92R
1本10,650円(税込)

有名ブランドサマータイヤ

画像引用:(上段)タイヤフッド(TIREHOOD)(下段)オートバックス

最も安いサマータイヤ

画像引用:(上段)タイヤフッド(TIREHOOD)(下段)オートバックス

有名ブランドスタッドレス

画像引用:(上段)タイヤフッド(TIREHOOD)(下段)オートバックス

最も安いスタッドレス

画像引用:(上段)タイヤフッド(TIREHOOD)(下段)オートバックス

2社の販売価格実例から分かること

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」の販売価格実例を比較すると、最も安いスタッドレスは全く同じタイヤでありながら「オートバックス」の方が500円ほど安いものの、それ以外のジャンルでは全て「タイヤフッド(TIREHOOD)」の方が安いという結果でした。

特に価格の開きが大きかったのは有名ブランドサマータイヤで、価格差は6,020円となっており、次いで有名ブランドスタッドレスの3,170円差でした。

これはつまり有名ブランドのタイヤではサマータイヤ、スタッドレスともに「タイヤフッド(TIREHOOD)」の優位性が高いですが、最も安い、すなわち比較的歴史の浅い海外ブランドになると優位性は小さくなるといえるわけです。

3.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」を送料で比較

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」で、タイヤを購入した場合の送料について比較してみましょう。

比較項目タイヤフッドオートバックス
取付加盟店などへの送料送付先問わず一律料金制
・3辺計180㎝未満の場合
1本1,100円(税込)
・3辺計180㎝以上の場合
1本2,750円(税込)
※北海道、沖縄、離島などは追加料金必要
3,000円(税込)以上の購入で送料無料
個人宅への送料3,000円(税込)以上の購入で送料無料

「タイヤフッド(TIREHOOD)」の送料

「タイヤフッド(TIREHOOD)」では、購入したタイヤを自宅もしくはオートバックス店舗や取付店に送ることができますが、どこに送るにしても1本あたり1,100円(税込)の送料が必要となります。

ただし荷物の3辺計が180cm以上の大型商品の場合には1本あたり2,750円(税込)の送料が必要になり、北海道や沖縄県、離島に発送する場合には、追加料金が必要になります。

「オートバックス」の送料

「オートバックス」では、3,000円(税込)以上の商品を購入した場合、送料は無料となります。

タイヤの場合は、たとえ1本だけを購入しても3,000円以上の価格となるため、実質的に無料といえます。

なお発送先として、オートバックス店舗もしくは個人宅などを指定しても、送料については変わりません。

4.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」をタイヤ取付と工賃で比較

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」では、タイヤ取付と工賃がどう違うのか、比較してみましょう。

比較項目タイヤフッドオートバックス
取付店舗◎オートバックス店舗と整備工場やガソリンスタンドなど
全国4,900店舗
◎オートバックス店舗
※タイヤ交換予約可能店
全国586店舗
工賃(税込価格)◎オートバックス店舗
~16インチ:3,300円/本
17~18インチ:3,850円/本
19インチ:4,950円/本
20インチ:5,500円/本
21インチ~:6,160円/本
※廃タイヤ料、バルブ交換料、窒素充填費を含む

◎オートバックス以外の取付店
~16インチ:2,640円/本
17~18インチ:3,190円/本
19インチ:4,290円/本
20インチ:4,840円/本
21インチ~:5,500円/本
※廃タイヤ料、バルブ交換料を含む
16インチ以下:8,800円/4本
17インチ以上:11,000円/4本
※脱着、組み換え、バランス調整、バルブ交換、廃タイヤ処分料を含む

「タイヤフッド(TIREHOOD)」のタイヤ取付と工賃

「タイヤフッド(TIREHOOD)」では購入したタイヤを、全国で4,900店ある取付店に直送して取付してもらうことができます。

4,900店の内訳としては、カー用品最大手のオートバックス店舗に加え、整備工場やガソリンスタンドなどが含まれており、その中から利用者が自分で選ぶことができるようになっています。

またオートバックス店舗とオートバックス以外の取付店のどちらを選んでも、廃タイヤ料やバルブ交換料は工賃に含まれていますが、工賃そのものはオートバックス店舗の方が高くなっています。

オートバックス店舗の工賃の方が高い理由

「タイヤフッド(TIREHOOD)」で購入したタイヤをオートバックス店舗で取付けた場合と、それ以外の取付店で取付けた場合では、オートバックス店舗の工賃の方が高く設定されています。

違いとしては、オートバックス店舗で取付すると窒素ガスを封入してくれますが、他の取付店では普通の空気を入れています。

窒素ガスをタイヤに封入した場合、通常の空気よりも抜けにくいので、空気圧低下による燃費の悪化を防ぐことができます。

また高速道を走っても膨張しにくいため、乗り心地やハンドリングが変わりません。

加えて、タイヤ内部のワイヤーを劣化させにくいという特徴もあります。

加えて、オートバックス店舗はカー用品店でもあるため、ドライバーなら誰でも一度は足を運んだことがあるはずです。

店内はキレイに整えられており、女性が行っても落ち着ける安心感があるでしょう。

しかしタイヤ取付店はどうしても整備工場的な雰囲気になってしまい、誰でも気楽に足を運べる場所とは言いにくいはずです。

窒素ガス封入と店舗の雰囲気によって、やや高めの工賃になっていると考えるべきでしょう。

「オートバックス」のタイヤ取付と工賃

「オートバックス」ではタイヤ4本分の工賃がセットになって販売されています。

そのため取付工賃も1本あたりの価格は提示されておらず、タイヤ4本分の価格と、4本分の取付工賃がセットとなっています。

前後のタイヤサイズが異なる車の場合でも「オートバックス」で取付を依頼するには、それぞれのサイズのタイヤを2本づつ、計4本購入し、4本分の取付工賃を支払わなければなりません。

つまり「オートバックス」では車1台分のタイヤを購入しなければ、取付までしてもらうことはできないということです。

FF車などでフロントタイヤの摩耗が激しく、2本だけ交換したいなどの場合には利用できませんが、その場合には自宅近くの取付店を探して事前に了解をとっておき、取付店に送ってもらうなどの方法をとるしかありません。

「オートバックス」の取付工賃をタイヤ1本あたりに換算すると、16インチ以下では2,200円、17インチ以上では2,750円となります。

この取付工賃には脱着、組み換え、バランス調整などはもちろんですが、バルブ交換、廃タイヤ処分料までが含まれているものの、窒素ガスの充填は含まれていません。

あくまでも普通の空気を入れる作業となっていることには注意しましょう。

2社の取付けと工賃について

「タイヤフッド(TIREHOOD)」がオートバックス店舗での取付、もしくは他の取付店での取付を選べるのに対し、「オートバックス」で取付を選んだ場合、オートバックス店舗での取付だけしか決済できないようになっています。

さらに「タイヤフッド(TIREHOOD)」ではタイヤ4本だけでなく、1本から3本購入した場合でも取付を依頼することができますが、「オートバックス」ではタイヤ4本を購入した場合だけしか取付を依頼することができません。

工賃については、「タイヤフッド(TIREHOOD)」で購入したタイヤをオートバックス店舗で取付する場合は窒素ガスを充填してもらえるものの、16インチであれば1本あたり3,300円(税込)となっているため、4本購入で13,200円(税込)が必要になります。

しかし「オートバックス」でタイヤ4本を購入して取付ける場合には、窒素ガスではなく普通の空気を入れることになりますが、8,800円(税込)でできてしまうため、4,400円もの金額差が生じてしまうことは留意しておきましょう。

5.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」をパンク保証で比較

タイヤのパンクはどんなドライバーでも経験したことがあるはずです。

しかし購入して間もないタイヤがパンクし、修理しなくてはいけなくなると非常にがっかりするでしょう。

修理できるならまだしも、修理不可能なパンクの場合は、新しくタイヤを購入しなければならず、また出費になってしまいます。

そこで「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」では、パンクに対する保証はどうなっているのかを比較してみました。

比較項目タイヤフッドオートバックス
無料保証「ベーシック保証」
6ケ月保証
※ただしパンクしたタイヤのみ
無し
有償保証「スタンダード保証」
12ケ月保証
保証料:1本550円(税込)
※ただしパンクしたタイヤのみ
※タイヤフッドゴールド会員がタイヤを購入した場合、無料でスタンダード保証が付帯  

「プレミアム保証」
24ケ月保証
保証料:1本1,100円~1,650円(税込)
※パンク本数にかかわらず4本を保証
「あんしんタイヤ補償」
※オートバックスでタイヤ4本購入と取付までした場合のみ加入可能

[補償料]
タイヤ4本の購入価格(税込)に基づく5段階設定で補償期間は6ヶ月~18ヶ月
※補償限度額内なら何本でも適用可
※補償はタイヤ代、工賃、バルブ、廃タイヤ料に適用

○2万円以下
(補償限度額1万円)
・6ケ月 999円
・12ケ月 1,999円
・18ケ月 2,999円

○4万円以下
(補償限度額2万円)
・6ケ月 1,999円
・12ケ月 3,999円
・18ケ月 5,999円

○6万円以下
(補償限度額3万円)
・6ケ月 2,999円
・12ケ月 5,999円
・18ケ月 8,999円

○8万円以下
(補償限度額4万円)
・6ケ月 3,999円
・12ケ月 7,999円
・18ケ月 11,999円

○8万円超
(補償限度額5万円)
・6ケ月 4,999円
・12ケ月 9,999円
・18ケ月 14,999円

「タイヤフッド(TIREHOOD)」を利用した場合のパンク保証

画像引用:タイヤフッド(TIREHOOD)

「タイヤフッド(TIREHOOD)」で購入した全てのタイヤには、無料で6ケ月のパンク保証が付帯しています。

この無料の6ケ月パンク保証では、タイヤ価格と送料、交換工賃を含め、合計10万円まで保証してもらうことができます。

なお、タイヤ1本あたり550円(税込)を支払うか、もしくは「タイヤフッド(TIREHOOD)」で過去に会員登録後、タイヤ4本を購入してゴールド会員になっていれば、スタンダード保証を申込むことでパンク保証は無料で12ケ月保証となります。

またタイヤを4本購入し、税込の購入総額が40,000円以下の場合には1,100円(税込/1本)、税込の購入総額が40,001円以上の場合は1,650円(税込/1本)を支払えば、プレミアム保証に加入でき、保証期間は24ケ月となります。

なおベーシック保証やスタンダード保証の場合、パンク保証が適用されるのはパンクしたタイヤのみですが、プレミアム保証の場合には、パンクしたタイヤだけでなく4本すべてを新品に交換することができます。

「オートバックス」を利用した場合のパンク保証

画像引用:オートバックス

「オートバックス」でタイヤを4本購入し、「オートバックス」の店舗で取付をした場合のみ、その店舗で申し込むことで加入できるのが「あんしんタイヤ補償」です。

「あんしんタイヤ補償」はタイヤ4本の合計金額(税込)ごとに補償限度額が設定されており、その限度額内であれば何度でもパンクしたタイヤを新品に交換してもらうことができます。

なお、タイヤ交換時に発生するタイヤ代金はもちろんですが、取付工賃やバルブ交換費用、廃タイヤ料金も補償に含まれます。

補償期間は6ケ月、12ケ月、18ケ月が用意されており、補償期間に応じた料金設定となっています。       

2社のパンク保証の違い

「タイヤフッド(TIREHOOD)」では無料で6ケ月のパンク保証が付帯していることに加え、会員登録をした後にタイヤ4本を購入すればゴールド会員となり、スタンダード保証が無料で提供される仕組みになっています。

一方の「オートバックス」には無料でのパンク保証はなく、タイヤ4本を購入した際に料金を支払って申込む仕組みとなっています。

「タイヤフッド(TIREHOOD)」はこんな方におススメします

ご紹介してきた2社の比較から、「タイヤフッド(TIREHOOD)」でのタイヤの購入をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • 有名ブランドのサマーもしくはスタッドレスを安く購入したい人
  • 送料を支払っても総額で安く済めば良いという人
  • タイヤを4本もしくはそれ以下の本数で購入したい人
  • タイヤ取付技術はどこも変わらないので安く上げたいと考える人
  • パンク保証はできれば無料で付帯していて欲しい人

「オートバックス」はこんな方におススメします

ご紹介してきた2社の比較から、「オートバックス」でのタイヤの購入をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • アジアンタイヤのサマーもしくはスタッドレスを購入したい人
  • 価格が高くてもオートバックスで購入すれば間違いないと思う人
  • タイヤを4本まとめて購入したい人
  • 取付技術の確かなオートバックスで工賃を安く取付けたいと考える人
  • 保証料が高くてもしっかりしたパンク保証に加入したいという人

まとめ

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」について、5つの項目にわたって比較してみました。

「タイヤフッド(TIREHOOD)」は「オートバックス」と比較すると有名ブランドタイヤが安く、取付に関してもオートバックス店舗もしくは他の取付店から選ぶことができます。

さらに6ケ月の無料パンク保証が付帯しているなど、利用者のニーズに沿った形で利用できます。

一方の「オートバックス」はアジアンタイヤが安い傾向があり、なおかつ4本購入すればオートバックス店舗で安く取り付けることができます。

またパンク保証も料金はかかるものの、充実した保証になっています。

これらの違いを理解されたうえで、「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「オートバックス」のどちらで購入する方が良いのかを検討されるべきでしょう。

  • URLをコピーしました!
目次