タイヤ通販「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」を5つの項目で比較

タイヤフッド VS カーポートマルゼン
画像引用:タイヤフッド(TIREHOOD) カーポートマルゼン

タイヤ通販として人気の「タイヤフッド(TIREHOOD)」「カーポートマルゼン」を5つの項目で比較してみました。

タイヤ通販の「1.取扱ブランド」「2.販売価格」「3.送料」「4.タイヤ取付工賃」「5.パンク保証」を徹底比較し、それぞれのメリットやデメリットが分かるように解説するとともに、どのような方の利用の利用に向いているのかまでご説明します。

愛車のタイヤを購入するにあたり、どの事業者を利用しようか悩んでいる方や、すでにこの2社のどちらかを利用しようと検討されている方は特に参考にしてみてください。

車好きオヤジブログのステマ規制への対応について

本コンテンツは車好きオヤジ及び車好きオヤジブログ編集部が独自に制作しております。文中のリンクにアフィリエイト広告を含むものがありますが、コンテンツの内容にメーカー等は一切関与しておりません。メーカー等から商品提供や内容の指示を受けたコンテンツには、「PR」と表記します。

目次

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」を5つの項目で比較しました!

1.取扱ブランド取り扱っているタイヤブランドやブランド傾向などについて比較します。
2.販売価格サマータイヤとスタッドレスタイヤで、同サイズのものを比較します。
3.送料タイヤの送料について比較します。
4.タイヤ取付工賃タイヤ取付店舗と工賃について比較します。
5.パンク保証購入したタイヤがパンクした際の保証について比較します。

上記5つの項目で、「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」を比較していきます。

知りたい項目からチェックできるよう、クリックすればその項目にスクロールされるようになっています。

1.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」を取扱ブランドで比較

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」の取り扱いブランドについて比較していきましょう。

比較項目タイヤフッドカーポートマルゼン
海外有名ブランドグッドイヤー
コンチネンタル
ピレリ
ミシュランなど
グッドイヤー
コンチネンタル
ピレリ
ミシュラン
BFグッドリッチ
日本ブランドブリヂストン
ダンロップ
ヨコハマ
トーヨータイヤなど
ブリヂストン
ダンロップ
ヨコハマ
トーヨータイヤ
NITTO
FALKEN
比較的歴史が浅い
海外ブランド
GISLAVED
ハンコック
クムホなど
WINRUN
NEXEN
ハンコック
KENDA
クムホ
ルッチー二
NOKIAN
EXIZZLE-LINE
LUCCINIなど
オリジナルブランドオートバックスPB
(ダンロップ製、ブリヂストン製など)
無し

「タイヤフッド(TIREHOOD)」の取扱ブランドの特徴

「タイヤフッド(TIREHOOD)」は、ブリヂストンやダンロップ、ヨコハマ、トーヨータイヤなどの日本メーカーのタイヤに加え、グッドイヤーやコンチネンタル、ピレリ、ミシュランなどの海外有名メーカーのもの、そしてハンコックやクムホなど歴史が浅い海外ブランドのものに加え、オートバックスオリジナルタイヤなどを取り扱っています。

なおオートバックスオリジナルタイヤはダンロップやブリヂストンなどのメーカーで製造されているものです。

「タイヤフッド(TIREHOOD)」では、海外有名メーカー日本メーカーのタイヤを多く取り扱っていますが、一方で歴史が浅い海外ブランドのものは取扱いはあるものの、あまりラインナップが豊富だとはいえません。

「タイヤフッド(TIREHOOD)」では各タイヤの製造国を明らかにしていませんが、安全を第一に考えた国内外の一流タイヤブランドの商品のみを取り扱っていると説明しています。

「カーポートマルゼン」の取り扱いブランドの特徴

「カーポートマルゼン」で取り扱っているブランドは非常に幅広いのが特徴です。

海外有名ブランドタイヤから日本ブランド、そして比較的歴史が浅い海外ブランドも取り扱っています。

取り扱いブランド数だけをみると「タイヤフッド(TIREHOOD)」よりも多いものの、掲載しているタイヤの中で実際に在庫してあるタイヤは決して多くなく、取り寄せがメインとなっているようです。

例えば205/60R16のサマータイヤを調べると、掲載しているタイヤは68件もありますが、在庫しているタイヤは10件だけという結果でした。

2.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」を販売価格で比較

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」について、サマータイヤとスタッドレスタイヤの販売価格などを比較してみましょう。

比較に際しては本来、すべての条件を揃えて比較するべきですが、これらの条件が合致するタイヤは多くありません。

そこでサマータイヤとスタッドレスタイヤの二種類において、有名ブランドのもの、最も安いもので比較してみます。

なお有名ブランドのタイヤでは、同メーカーの同ブランド、同サイズで比較しますが、最も安いものは、メーカーやブランドを問わずにタイヤサイズだけが合致するもので比較します。

比較項目タイヤフッドカーポートマルゼン
有名ブランド
サマータイヤ
BRIDGESTONE
REGNO GR-VII
205/60R16 92H
※在庫あり
1本19,030円(税込)
BRIDGESTONE
REGNO GR-VII
205/60R16 92H
※在庫あり
1本20,820円(税込)
最も安いサマータイヤGislaved
ULTRA*SPEED2
205/60R16 96V XL
※在庫あり
1本7,370円(税込)
WINRUN
R380
205/60 R16 92H
※在庫あり
1本5,240円(税込)
有名ブランド
スタッドレス
BRIDGESTONE
BLIZZAK VRX2
205/60R16 92Q
※在庫あり
1本24,640円(税込)
BRIDGESTONE
BLIZZAK VRX2
205/60R16 92Q
※取り寄せ
1本24,120円(税込)
最も安いスタッドレスKUMHO
WINTERCRAFT WI61
205/60R16 92R
※在庫あり
1本11,110円(税込)
GOODYEAR
ICE NAVI 7
205/60 R16 92Q
※在庫あり
1本13,150円(税込)

有名ブランドサマータイヤ

画像引用:(上段)タイヤフッド(TIREHOOD)(下段)カーポートマルゼン

最も安いサマータイヤ

画像引用:(上段)タイヤフッド(TIREHOOD)(下段)カーポートマルゼン

有名ブランドスタッドレス

画像引用:(上段)タイヤフッド(TIREHOOD)(下段)カーポートマルゼン

最も安いスタッドレス

画像引用:(上段)タイヤフッド(TIREHOOD)(下段)カーポートマルゼン

2社の販売価格実例から分かること

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」の販売価格実例を比較すると、有名ブランドサマータイヤでは「タイヤフッド(TIREHOOD)」の方が1,800円ほど安く、有名ブランドスタッドレスでは「カーポートマルゼン」の方が500円ほど安いという結果でした。

一方、最も安いサマータイヤでは「カーポートマルゼン」の方が2,000円ほど安かったものの、最も安いスタッドレスでは「タイヤフッド(TIREHOOD)」の方が2,000円ほど安いという結果になりました。

最も安いスタッドレスで「タイヤフッド(TIREHOOD)」の方が安かった理由としては、「タイヤフッド(TIREHOOD)」はKUMHOのスタッドレスで、「カーポートマルゼン」はGOODYEARのスタッドレスであったという、ブランドの違いが影響していると考えられます。

そこで「カーポートマルゼン」の最も安いスタッドレスでであった「GOODYEAR ICE NAVI 7 205/60 R16 92Q」の、「タイヤフッド(TIREHOOD)」での価格を調べてみると「カーポートマルゼン」の方が5,000円以上安いという結果でした。

画像引用:タイヤフッド(TIREHOOD)

これらのことから、有名ブランドのサマータイヤは「タイヤフッド(TIREHOOD)」の方が安いですが、スタッドレスタイヤは「カーポートマルゼン」の方が全般に安いということがいえそうです。

3.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」を送料で比較

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」で、タイヤを購入した場合の送料について比較してみましょう。

比較項目タイヤフッドカーポートマルゼン
取付加盟店などへの送料送付先問わず一律料金制
・3辺計180㎝未満の場合
1本1,100円(税込)
・3辺計180㎝以上の場合
1本2,750円(税込)
※北海道、沖縄、離島などは追加料金必要
タイヤ単品の送料 1本あたり1,100円(税込)
※沖縄および離島は発送1件につき別途11,000円(税込)
個人宅への送料

「タイヤフッド(TIREHOOD)」の送料

「タイヤフッド(TIREHOOD)」では、購入したタイヤを自宅もしくは取付店などに送ることができますが、どこに送るにしても1本あたり1,100円(税込)の送料が必要となります。

ただし荷物の3辺計が180cm以上の大型商品の場合には1本あたり2,750円(税込)の送料が必要になり、北海道や沖縄県、離島に発送する場合には、追加料金が必要になります。

「カーポートマルゼン」の送料

「カーポートマルゼン」では、タイヤ単品で購入した場合、1本あたりの送料は1,100円(税込)となり、「タイヤフッド(TIREHOOD)」と同額の設定になっています。

なお、沖縄および離島に発送する場合は、発送1件につき別途11,000円(税込)が別途必要になります。

4.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」をタイヤ取付と工賃で比較

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」では、タイヤ取付と工賃がどう違うのか、比較してみましょう。

比較項目タイヤフッドカーポートマルゼン
取付店舗◎オートバックス店舗と整備工場やガソリンスタンドなど
全国4,900店舗
カーポートマルゼン店舗と協力店
全国3,500店舗
※協力店はカーポートマルゼン側が選択
工賃(税込価格)◎オートバックス店舗
~16インチ:3,300円/本
17~18インチ:3,850円/本
19インチ:4,950円/本
20インチ:5,500円/本
21インチ~:6,160円/本
※廃タイヤ料、バルブ交換料、窒素充填費を含む

◎オートバックス以外の取付店
~16インチ:2,640円/本
17~18インチ:3,190円/本
19インチ:4,290円/本
20インチ:4,840円/本
21インチ~:5,500円/本
※廃タイヤ料、バルブ交換料を含む
12~16インチ:2,750円/本
17インチ:3,300円/本
18インチ:3,630円/1本
※タイヤ単品購入では19インチ以上の取付は不可
※付属品としてゴムバルブが同梱
※廃タイヤ料は含まれず

「タイヤフッド(TIREHOOD)」のタイヤ取付と工賃

「タイヤフッド(TIREHOOD)」では購入したタイヤを、全国で4,900店ある取付店に直送して取付してもらうことができます。

4,900店の内訳としては、カー用品最大手のオートバックス店舗に加え、整備工場やガソリンスタンドなどが含まれており、その中から利用者が自分で選ぶことができるようになっています。

またオートバックス店舗とオートバックス以外の取付店のどちらを選んでも、廃タイヤ料やバルブ交換料は工賃に含まれていますが、工賃そのものはオートバックス店舗の方が高くなっています。

オートバックス店舗の工賃の方が高い理由

「タイヤフッド(TIREHOOD)」で購入したタイヤをオートバックス店舗で取付けた場合と、それ以外の取付店で取付けた場合では、オートバックス店舗の工賃の方が高く設定されています。

工賃の違いは、オートバックス店舗では交換したタイヤ全てに窒素ガスを封入していますが、他の取付店では普通の空気を入れています。

窒素ガスをタイヤに封入した場合、通常の空気よりも抜けにくいので、空気圧低下による燃費の悪化を防ぐことができます。

また高速道を走っても膨張しにくいため、乗り心地やハンドリングが変わりません。

加えて、タイヤ内部のワイヤーを劣化させにくいという特徴もあります。

加えて、オートバックス店舗はカー用品店でもあるため、ドライバーなら誰でも一度は足を運んだことがあるはずです。

店内はキレイに整えられており、女性が行っても落ち着ける安心感があるでしょう。

しかしタイヤ取付店はどうしても整備工場的な雰囲気になってしまい、誰でも気楽に足を運べる場所とは言いにくいはずです。

窒素ガス封入と店舗の雰囲気によって、やや高めの工賃になっていると考えるべきでしょう。

「カーポートマルゼン」のタイヤ取付と工賃

「カーポートマルゼン」で購入したタイヤは、「カーポートマルゼン」店舗もしくは全国に3,500ある協力取付店で取付けてもらうことができます。

なお「カーポートマルゼン」の店舗は、大阪、埼玉、西宮、枚方、東大阪の計5カ所にあります。

タイヤを購入して取付を依頼した場合には、購入者が自ら取付店を選ぶのではなく、「カーポートマルゼン」が自宅から直線8km圏内にある取付協力店を探してくれる仕組みになっています。

もし直線8km圏内に取付協力店がない場合には購入者に連絡が入るので、安心して待っていられるでしょう。

「カーポートマルゼン」のタイヤ取付で特徴的なのは、一般的に別費用となっているゴムバルブが同梱されてくるため、取付店でゴムバルブを新たに購入する必要がない点でしょう。

ただし「カーポートマルゼン」のタイヤ取付で留意しておかなければならないのは、タイヤだけを購入した場合には、19インチ以上の大径タイヤは取付してもらうことはできないということです。

もし19インチ以上の大径タイヤを購入するなら、自分で取付店を探して予約しておき、その取付店に直送してもらうしか方法がなく、やや面倒です。

またその際の取付工賃は、もちろんその取付店で支払うことになります。

2社の取付けと工賃の違い

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」ではタイヤ取付に関して、大きな違いがあります。

それは「タイヤフッド(TIREHOOD)」では21インチ以上の大径タイヤでも取付けてもらうことができますが、「カーポートマルゼン」ではタイヤだけを購入した場合には19インチ以上の大径タイヤは取付けてもらえないという点です。

また取付工賃に関して、「タイヤフッド(TIREHOOD)」には工賃に廃タイヤ処分料とバルブ交換料が含まれていますが、「カーポートマルゼン」はタイヤ発送時に付属品としてバルブを同梱してくれているものの、廃タイヤ処分料は含まれていません。

これらのことを考慮すると、取付に関する総費用では「タイヤフッド(TIREHOOD)」の方が安いといえるでしょう。

5.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」をパンク保証で比較

タイヤのパンクはどんなドライバーでも経験したことがあるはずです。

しかし購入して間もないタイヤがパンクし、修理しなくてはいけなくなると非常にがっかりするでしょう。

修理できるならまだしも、修理不可能なパンクの場合は、新しくタイヤを購入しなければならず、また出費になってしまいます。

そこで「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」では、パンクに対する保証はどうなっているのかを比較してみました。

比較項目タイヤフッドカーポートマルゼン
無料保証「ベーシック保証」
6ケ月保証
※ただしパンクしたタイヤのみ
※通販はパンク保証は無し
※カーポートマルゼン店舗を訪問、購入した場合はあり
有償保証「スタンダード保証」
12ケ月保証
保証料:1本550円(税込)
※ただしパンクしたタイヤのみ
※タイヤフッドゴールド会員がタイヤを購入した場合、無料でスタンダード保証が付帯  

「プレミアム保証」
24ケ月保証
保証料:1本1,100円~1,650円(税込)
※パンク本数にかかわらず4本を保証

「タイヤフッド(TIREHOOD)」を利用した場合のパンク保証

画像引用:タイヤフッド(TIREHOOD)

「タイヤフッド(TIREHOOD)」で購入した全てのタイヤには、無料で6ケ月のパンク保証が付帯しています。

この無料の6ケ月パンク保証では、タイヤ価格と送料、交換工賃を含め、合計10万円まで保証してもらうことができます。

なお、タイヤ1本あたり550円(税込)を支払うか、もしくは「タイヤフッド(TIREHOOD)」で過去に会員登録後、タイヤ4本を購入してゴールド会員になっていれば、スタンダード保証を申込むことでパンク保証は無料で12ケ月保証となります。

またタイヤを4本購入し、税込の購入総額が40,000円以下の場合には1,100円(税込/1本)、税込の購入総額が40,001円以上の場合は1,650円(税込/1本)を支払えば、プレミアム保証に加入でき、保証期間は24ケ月となります。

なおベーシック保証やスタンダード保証の場合には、パンク保証が適用されるのはパンクしたタイヤのみですが、プレミアム保証の場合には、パンクしたタイヤだけでなく4本すべてが新品に交換できます。

「カーポートマルゼン」を利用した場合のパンク保証

「カーポートマルゼン」のタイヤ通販でタイヤを購入した場合には、パンク保証はありません。

ただし、「カーポートマルゼン」の店舗を訪問し、タイヤを購入した場合にはパンク保証が用意されています。

「タイヤフッド(TIREHOOD)」はこんな方におススメします

ご紹介してきた2社の比較から、「タイヤフッド(TIREHOOD)」でのタイヤの購入をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • 有名ブランドのサマータイヤを選びたい人
  • 注文後はなるべく早く発送して欲しい人
  • オートバックスで取付けられるのが安心だという人
  • 取付に関わる総費用をなるべく安く抑えたい人
  • 19インチ以上のタイヤを購入し、取付まで依頼したい人
  • パンク保証を付けたい人

「カーポートマルゼン」はこんな方におススメします

ご紹介してきた2社の比較から、「カーポートマルゼン」でのタイヤの購入をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • 有名、無名を問わずなるべく安いスタッドレスタイヤを探している人
  • タイヤの取り寄せに時間が掛かっても気にならない人
  • 取付店まで指定してくれるのは便利だと思う人
  • 廃タイヤ処分料が別途費用であることに抵抗がない人
  • 18インチ以下のタイヤを購入し、取付まで依頼したい人
  • パンク保証は必要ないという人

まとめ

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」について、5つの項目にわたって比較してみました。

「タイヤフッド(TIREHOOD)」は取扱いブランドのラインナップが豊富で、有名ブランドのサマータイヤが安い傾向があり、取付もオートバックス店舗だけでなく、他の取付店を選ぶことができます。

また取付できるタイヤサイズに制限がなく廃タイヤ処分料やバルブ交換料が工賃に含まれているだけでなく、パンク保証も充実しています。

一方の「カーポートマルゼン」は在庫タイヤの種類が少なく、取寄せがメインとなっているものの、スタッドレスが全般に安い傾向があります。

また発送するタイヤにゴムバルブを同梱してくれ、自宅から極力近い取付店を探してくれるなど、親切な仕組みが設けられています。

これらの違いを理解されたうえで、「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「カーポートマルゼン」のどちらで購入する方が良いのかを検討されるべきでしょう。

  • URLをコピーしました!
目次