タイヤ通販「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」を5つの項目で比較

タイヤフッド VS イエローハット
画像引用:タイヤフッド(TIREHOOD) イエローハット

タイヤ通販として人気の「タイヤフッド(TIREHOOD)」「イエローハット(YellowHat)」を5つの項目で比較してみました。

タイヤ通販の「1.取扱ブランド」「2.販売価格」「3.送料」「4.タイヤ取付工賃」「5.パンク保証」を徹底比較し、それぞれのメリットやデメリットが分かるように解説するとともに、どのような方の利用の利用に向いているのかまでご説明します。

愛車のタイヤを購入するにあたり、どの事業者を利用しようか悩んでいる方や、すでにこの2社のどちらかを利用しようと検討されている方は特に参考にしてみてください。

車好きオヤジブログのステマ規制への対応について

本コンテンツは車好きオヤジ及び車好きオヤジブログ編集部が独自に制作しております。文中のリンクにアフィリエイト広告を含むものがありますが、コンテンツの内容にメーカー等は一切関与しておりません。メーカー等から商品提供や内容の指示を受けたコンテンツには、「PR」と表記します。

目次

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」を5つの項目で比較しました!

1.取扱ブランド取り扱っているタイヤブランドやブランド傾向などについて比較します。
2.販売価格サマータイヤとスタッドレスタイヤで、同サイズのものを比較します。
3.送料タイヤの送料について比較します。
4.タイヤ取付工賃タイヤ取付店舗と工賃について比較します。
5.パンク保証購入したタイヤがパンクした際の保証について比較します。

上記5つの項目で、「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」を比較していきます。

知りたい項目からチェックできるよう、クリックすればその項目にスクロールされるようになっています。

1.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」を取扱ブランドで比較

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」の取り扱いブランドについて比較していきましょう。

比較項目タイヤフッドイエローハット
海外有名ブランドグッドイヤー
コンチネンタル
ピレリ
ミシュランなど
グッドイヤー
ピレリ
ミシュラン
BFグッドリッチ
日本ブランドブリヂストン
ダンロップ
ヨコハマ
トーヨータイヤなど
ブリヂストン
ダンロップ
ヨコハマ
トーヨータイヤ
NITTO
比較的歴史が浅い
海外ブランド
GISLAVED
ハンコック
クムホなど
ネクセン
ウィンラン
ハンコック
ノキアン
アロースピード
クムホ
マッドスター
モンスタ
オリジナルブランドオートバックスPB
(ダンロップ製、ブリヂストン製など)
・サマータイヤ
ECOFINE
PRACTIVA
ピレリP7 EVO
ピレリ チンチュラート
ROSSO
・スタッドレスタイヤ
PRACTIVA ICE
ICE ESPORTE

「タイヤフッド(TIREHOOD)」の取扱ブランドの特徴

「タイヤフッド(TIREHOOD)」は、ブリヂストンやダンロップ、ヨコハマ、トーヨータイヤなどの日本メーカーのタイヤに加え、グッドイヤーやコンチネンタル、ピレリ、ミシュランなどの海外有名メーカーのもの、そしてハンコックやクムホなど歴史が浅い海外ブランドのものに加え、オートバックスオリジナルタイヤなどを取り扱っています。

なおオートバックスオリジナルタイヤはダンロップやブリヂストンなどのメーカーで製造されているものです。

「タイヤフッド(TIREHOOD)」では、海外有名メーカーや日本メーカーのタイヤを多く取り扱っていますが、一方で歴史が浅い海外ブランドのものは取扱いはあるものの、あまりラインナップが豊富だとはいえません。

また「タイヤフッド(TIREHOOD)」では各タイヤの製造国を明らかにしていませんが、安全を第一に考えた国内外の一流タイヤブランドの商品のみを取り扱っていると説明しています。

「イエローハット(YellowHat)」の取り扱いブランドの特徴

「イエローハット(YellowHat)」は海外有名ブランド日本ブランド比較的歴史が浅い海外ブランドも扱っています。

日本ブランドではダンロップとヨコハマ、有名ブランドではピレリがどのサイズで検索してもほぼ揃っていました。

なお「イエローハット(YellowHat)」では専売品タイヤが数種類用意されており、オリジナルブランドとしてECOFINEとPRACTIVAがあり、ピレリタイヤも専売品が2種類あります。

どのタイヤサイズで調べてもこれらのタイヤが表示されることから、おそらく「イエローハット(YellowHat)」としてはこれらのタイヤを注力して販売したいということだと考えられます。

オリジナルブランドのECOFINEはダンロップが製造しており、PRACTIVAはヨコハマが製造しているので、信頼性の高い国産ブランドタイヤであるといえます。

一方で、これら以外のメーカーのラインナップは少なく、特に人気の高いブリヂストン製タイヤなどは、ごく限られたサイズで取り扱いがあるだけでした。

これはタイミング的なものが影響している可能性もありますが、本記事執筆時点ではこのような結果となりました。

2.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」を販売価格で比較

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」について、サマータイヤとスタッドレスタイヤの販売価格などを比較してみましょう。

比較に際しては本来、すべての条件を揃えて比較するべきですが、これらの条件が合致するタイヤは多くありません。

そこでサマータイヤとスタッドレスタイヤの二種類において、有名ブランドのもの、最も安いもので比較してみます。

なお有名ブランドのタイヤでは、同メーカーの同ブランド、同サイズで比較しますが、最も安いものは、メーカーやブランドを問わずにタイヤサイズだけが合致するもので比較します。

比較項目タイヤフッドイエローハット
有名ブランド
サマータイヤ
MICHELIN
PRIMACY 4+
205/60R16 96W XL
1本16,060円(税込)
MICHELIN
PRIMACY 4+
205/60R16 96W XL
1本26,840円(税込)
最も安いサマータイヤGislaved
ULTRA*SPEED2
205/60R16 96V XL
1本7,370円(税込)
PRACTIVA
BP01
205/60R16 92H
1本9,200円(税込)
有名ブランド
スタッドレス
BRIDGESTONE
BLIZZAK VRX2
205/60R16 92Q
1本24,640円(税込)
BRIDGESTONE
BLIZZAK VRX2
205/60R16 92Q
1本24,700円(税込)
最も安いスタッドレスKUMHO
WINTERCRAFT WI61
205/60R16 92R
1本11,110円(税込)
DUNLOP
WINTER MAXX WM02
205/60R16 96T XL
1本19,950円(税込)

有名ブランドサマータイヤ

画像引用:(上段)タイヤフッド(TIREHOOD)(下段)イエローハット

最も安いサマータイヤ

画像引用:(上段)タイヤフッド(TIREHOOD)(下段)イエローハット

有名ブランドスタッドレス

画像引用:(上段)タイヤフッド(TIREHOOD)(下段)イエローハット

最も安いスタッドレス

画像引用:(上段)タイヤフッド(TIREHOOD)(下段)イエローハット

2社の販売価格実例から分かること

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」の販売価格実例を比較すると、どのジャンルのタイヤも「タイヤフッド(TIREHOOD)」の方が安く販売されています。

価格差が最も大きいのは「有名ブランドサマータイヤ」の10,780円差で、価格差が最も少なかったのは「有名ブランドスタッドレス」の60円差でした。

ただし「イエローハット(YellowHat)」の「有名ブランドスタッドレス」は2021年もしくは2022年製と記載されており、やや製造から時間の経ったタイヤであることが分かります。

一方、「タイヤフッド(TIREHOOD)」の「有名ブランドスタッドレス」は製造から2年以内のものであることが記載されています。

すなわち「イエローハット(YellowHat)」の「有名ブランドスタッドレス」は、製造から2年以上経過したものであるため、価格を下げて販売されているため、価格差が小さくなったともいえるわけです。

なお、「イエローハット(YellowHat)」の最も安いサマータイヤである「PRACTIVA BP01」はイエローハットのPBブランドタイヤですが、それでも「タイヤフッド(TIREHOOD)」の最も安いタイヤより2,000円以上高い価格設定になっています。

これらのことを考え合わせると、タイヤによって価格差は違えども、どんな種類のタイヤでも「タイヤフッド(TIREHOOD)」の方が明らかに安い価格で販売されているといえるでしょう。

3.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」を送料で比較

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」で、タイヤを購入した場合の送料について比較してみましょう。

比較項目タイヤフッドイエローハット
取付加盟店などへの送料送付先問わず一律料金制
・3辺計180㎝未満の場合
1本1,100円(税込)
・3辺計180㎝以上の場合
1本2,750円(税込)
※北海道、沖縄、離島などは追加料金必要
◎イエローハット店舗
送料無料
※送付先はイエローハット店舗のみ
※取付店への発送不可
個人宅への送料
※個人宅への発送不可

「タイヤフッド(TIREHOOD)」の送料

「タイヤフッド(TIREHOOD)」では、購入したタイヤを自宅もしくはオートバックス店舗や取付店に送ることができますが、どこに送るにしても1本あたり1,100円(税込)の送料が必要となります。

ただし荷物の3辺計が180cm以上の大型商品の場合には1本あたり2,750円(税込)の送料が必要になり、北海道や沖縄県、離島に発送する場合には、追加料金が必要になります。

「イエローハット(YellowHat)」の送料

「イエローハット(YellowHat)」でタイヤを購入した場合、発送先はイエローハットの店舗に限定され、個人宅やタイヤ取付店などに発送することはできません。

つまりイエローハットの店舗でしか受け取ることができないわけです。

そのためタイヤ1本だけの購入や、4本購入した場合でも送料は不要となります。

4.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」をタイヤ取付と工賃で比較

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」では、タイヤ取付と工賃がどう違うのか、比較してみましょう。

比較項目タイヤフッドイエローハット
取付店舗◎オートバックス店舗と整備工場やガソリンスタンドなど
全国4,900店舗
◎イエローハット店舗
全国686店舗
工賃(税込価格)◎オートバックス店舗
~16インチ:3,300円/本
17~18インチ:3,850円/本
19インチ:4,950円/本
20インチ:5,500円/本
21インチ~:6,160円/本
※廃タイヤ料、バルブ交換料、窒素充填費を含む

◎オートバックス以外の取付店
~16インチ:2,640円/本
17~18インチ:3,190円/本
19インチ:4,290円/本
20インチ:4,840円/本
21インチ~:5,500円/本
※廃タイヤ料、バルブ交換料を含む
14インチ以下:1,100円/本
15~17インチ:1,650円/本
18インチ以上:2,200円/本
※バルブ交換:500円/本
※廃タイヤ処分料:440円/本

「タイヤフッド(TIREHOOD)」のタイヤ取付と工賃

「タイヤフッド(TIREHOOD)」では購入したタイヤを、全国で4,900店ある取付店に直送して取付してもらうことができます。

4,900店の内訳としては、カー用品最大手のオートバックス店舗に加え、整備工場やガソリンスタンドなどが含まれており、その中から利用者が自分で選ぶことができるようになっています。

またオートバックス店舗とオートバックス以外の取付店のどちらを選んでも、廃タイヤ料やバルブ交換料は工賃に含まれていますが、工賃そのものはオートバックス店舗の方が高くなっています。

オートバックス店舗の工賃の方が高い理由

「タイヤフッド(TIREHOOD)」で購入したタイヤをオートバックス店舗で取付けた場合と、それ以外の取付店で取付けた場合では、オートバックス店舗の工賃の方が高く設定されています。

違いとしては、オートバックス店舗で取付すると窒素ガスを封入してくれますが、他の取付店では普通の空気を入れています。

窒素ガスをタイヤに封入した場合、通常の空気よりも抜けにくいので、空気圧低下による燃費の悪化を防ぐことができます。

また高速道を走っても膨張しにくいため、乗り心地やハンドリングが変わりません。

加えて、タイヤ内部のワイヤーを劣化させにくいという特徴もあります。

加えて、オートバックス店舗はカー用品店でもあるため、ドライバーなら誰でも一度は足を運んだことがあるはずです。

店内はキレイに整えられており、女性が行っても落ち着ける安心感があるでしょう。

しかしタイヤ取付店はどうしても整備工場的な雰囲気になってしまい、誰でも気楽に足を運べる場所とは言いにくいはずです。

窒素ガス封入と店舗の雰囲気によって、やや高めの工賃になっていると考えるべきでしょう。

「イエローハット(YellowHat)」のタイヤ取付と工賃

「イエローハット(YellowHat)」の通販で購入したタイヤは、イエローハット店舗以外に送ることはできないため、取付もイエローハット店舗に依頼するのが最も楽な方法だといえます。

もちろんイエローハット店舗まで受け取りに行き、タイヤを車に積んで一般の取付店に持ち込むこともできますが、非常に面倒になります。

タイヤ取付がweb予約できるイエローハット店舗は本記事執筆時点で全国に686店舗しかないため、タイヤ取付に際しては多少足を延ばさなければならない人もいるはずです。

なおタイヤ取付料金はサイズ別に一律となっており、バルブ交換費用や廃タイヤ処分料もあらかじめ決まっているため、タイヤ交換にかかる費用総額は事前に把握することができます。

2社の取付けと工賃の違いについて

タイヤの取付に関して、「タイヤフッド(TIREHOOD)」はオートバックス店舗、もしくは一般の取付店のどちらかを選び、直送して取付けてもらうことができますが、「イエローハット(YellowHat)」で購入したタイヤはイエローハット店舗にしか送ることができないため、必然的に取付もイエローハット店舗に依頼するケースがほとんどでしょう。

取付工賃については、「タイヤフッド(TIREHOOD)」のタイヤ取付であるオートバックス店舗は工賃が高額になるため、一般の取付店の工賃を「イエローハット(YellowHat)」の工賃と比較してみます。

16インチの取付を例に挙げると、「タイヤフッド(TIREHOOD)」一般取付店での工賃は2,640円/本(税込)で、廃タイヤ料やバルブ交換料が込みとなっています。

一方の「イエローハット(YellowHat)」の工賃は1,650円/本(税込)で、バルブ交換500円/本(税込)と廃タイヤ処分料の440円/本(税込)が別途必要となり、タイヤ1本あたり2,590円/本(税込)が必要となるわけです。

つまり「タイヤフッド(TIREHOOD)」で購入したタイヤを一般取付店で取付けた場合の工賃と、「イエローハット(YellowHat)」で取付けた場合では、1台当たり(タイヤ4本)わずか200円しか変わらないという計算になります。

5.「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」をパンク保証で比較

タイヤのパンクはどんなドライバーでも経験したことがあるはずです。

しかし購入して間もないタイヤがパンクし、修理しなくてはいけなくなると非常にがっかりするでしょう。

修理できるならまだしも、修理不可能なパンクの場合は、新しくタイヤを購入しなければならず、また出費になってしまいます。

そこで「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」では、パンクに対する保証はどうなっているのかを比較してみました。

比較項目タイヤフッドイエローハット
無料保証「ベーシック保証」
6ケ月保証
※ただしパンクしたタイヤのみ
無し
有償保証「スタンダード保証」
12ケ月保証
保証料:1本550円(税込)
※ただしパンクしたタイヤのみ
※タイヤフッドゴールド会員がタイヤを購入した場合、無料でスタンダード保証が付帯  

「プレミアム保証」
24ケ月保証
保証料:1本1,100円~1,650円(税込)
※パンク本数にかかわらず4本を保証
「タイヤパンク補償」
※タイヤ4本を同時購入した場合のみ加入可能
※全国のイエローハット店舗で補償が受けられる

[補償期間]
購入から2年もしくは走行25,000㎞まで

[補償限度額]
タイヤ4本の購入金額+交換工賃
※加入から180日以内の適用は限度額の60%まで
※最大100,000円まで


[交換本数]
4本
(1本のパンクでも4本全部を新品と交換)

[補償料(税込)]
タイヤ4本価格+工賃の合計額(税込)に基づく6段階設定
○20,000円以下
4,400円
○20,001〜40,000円
5,500円
○40,001〜50,000円
6,600円
○50,001〜70,000円
8,800円
○70,001〜80,000円
9,900円
○80,001~100,000円
11,000円

「タイヤフッド(TIREHOOD)」を利用した場合のパンク保証

画像引用:タイヤフッド(TIREHOOD)

「タイヤフッド(TIREHOOD)」で購入した全てのタイヤには、無料で6ケ月のパンク保証が付帯しています。

すなわちタイヤ1本だけを購入した場合でも、無料の6ケ月パンク保証が付帯してくるということです。

この無料の6ケ月パンク保証では、タイヤ価格と送料、交換工賃を含め、合計10万円まで保証してもらうことができます。

なお、タイヤ1本あたり550円(税込)を支払うか、もしくは「タイヤフッド(TIREHOOD)」で過去に会員登録後、タイヤ4本を購入してゴールド会員になっていれば、スタンダード保証を申込むことでパンク保証は無料で12ケ月保証となります。

またタイヤを4本購入し、税込の購入総額が40,000円以下の場合には1,100円(税込/1本)、税込の購入総額が40,001円以上の場合は1,650円(税込/1本)を支払えば、プレミアム保証に加入でき、保証期間は24ケ月となります。

なおベーシック保証やスタンダード保証の場合、パンク保証が適用されるのはパンクしたタイヤのみですが、プレミアム保証の場合には、パンクしたタイヤだけでなく4本すべてを新品に交換することができます。

「イエローハット(YellowHat)」を利用した場合のパンク保証

「イエローハット(YellowHat)」ではタイヤパンク補償が用意されており、タイヤ4本を同時購入した場合のみ加入することができます

補償対象となる期間は加入から2年もしくは25,000㎞走行するまでとなり、その期間中にタイヤ1本でもパンクした場合は、全てのタイヤを新品タイヤと交換してもらえます。

ただしタイヤパンク補償に加入してから180日以内にパンクした場合には、限度額の60%までしか補償されません。

181日以降にパンクした場合の補償限度額は、タイヤ4本分の購入金額と交換工賃となり、それらの金額に応じた加入料が設定されています。

また保証額は最大で100,000円までとなっているため、タイヤ4本価格+工賃の合計額が100,000円以上であった場合でも、補償されるのは100,000円となります。

2社のパンク保証の違い

「タイヤフッド(TIREHOOD)」ではタイヤ1本の購入であっても、無料で6ケ月のパンク保証が付帯していることに加え、会員登録をした後にタイヤ4本を購入すればゴールド会員となり、スタンダード保証が無料で提供される仕組みになっています。

一方、「イエローハット(YellowHat)」のパンク保証は無料のプランは存在しません。

パンク保証に加入するにはタイヤ4本の購入が条件になっており、そのうえで料金を支払って申込む仕組みになっています。

つまりタイヤ1本から3本の購入では加入できないということです。

「タイヤフッド(TIREHOOD)」はこんな方におススメします

ご紹介してきた2社の比較から、「タイヤフッド(TIREHOOD)」でのタイヤの購入をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • ブランドに関わらずタイヤを安く購入したい人
  • 有名ブランドタイヤを安く購入したい人
  • 送料がかかっても総額が安ければ気にならないという人
  • 自宅からなるべく近いところで取付をしてもらいたい人
  • タイヤ取付はどこでやっても信頼性は同じだと思う人
  • 3本以下の購入本数でもパンク保証に加入したい人
  • 無料のパンク保証がありがたいと思う人

「イエローハット(YellowHat)」はこんな方におススメします

ご紹介してきた2社の比較から、「イエローハット(YellowHat)」でのタイヤの購入をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • 価格が高くてもイエローハットでタイヤを購入したい人
  • アジアンタイヤより少し高いが信頼できそうな専売タイヤを購入したい人
  • 送料を支払いたくない人
  • 取付をするイエローハット店舗が自宅から少し遠くても気にならない人
  • イエローハットでの取付なら信頼できると思う人
  • 4本のタイヤをまとめて購入し、パンク保証に加入したい人
  • パンク保証を重視し、しっかりしたものに加入したい人

まとめ

「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」について、5つの項目にわたって比較してみました。

「タイヤフッド(TIREHOOD)」は「イエローハット(YellowHat)」と比較すると、全てのジャンルのタイヤが安く取付店数も非常に多いため、自宅の近くに取付店があるはずです。

また6ケ月の無料パンク保証が付帯しているなど、利用者のニーズに沿った形で利用できます。

一方の「イエローハット(YellowHat)」は、どのジャンルのタイヤも「タイヤフッド(TIREHOOD)」より高いですが、PBブランドタイヤが比較的安価で充実していることや、イエローハット(YellowHat)店舗で取付けられる安心感はあるでしょう。

これらの違いを理解されたうえで、「タイヤフッド(TIREHOOD)」と「イエローハット(YellowHat)」のどちらで購入する方が良いのかを検討されるべきでしょう。

  • URLをコピーしました!
目次