MOTAカーリースの契約に任意保険が含まれないのは不便なだけなのか

MOTAカーリース
ロゴ引用:MOTAカーリース

現在、多くあるカーリースでは、任意保険と呼ばれる自動車保険を一緒に契約することができ、月額に保険料も含まれる仕組みを取っているところが多く見受けられます。

契約に任意保険が含まれると、月額の支払いも一元化できるので、非常に楽なように感じるでしょう。

しかしMOTAカーリースでは契約に任意保険は含まれておらず、月額にも含まれません。

任意保険に加入するには、契約者が個別に加入手続きや支払いをしなくてはならないため、不便と感じる人もいるでしょう。

現代ではクルマを運転する際に任意保険は必須だといわれますが、MOTAカーリースを契約する場合、面倒と感じる任意保険の加入にどれほどの意味があるのでしょうか。

また個別に任意保険に加入することは本当に面倒なだけなのでしょうか。

実は個別に加入することにメリットもあるのです。

カーリースの契約に任意保険が含まれる場合と比較すると、どのような違いがあるのでしょうか。

車好きオヤジブログのステマ規制への対応について

本コンテンツは車好きオヤジ及び車好きオヤジブログ編集部が独自に制作しております。文中のリンクにアフィリエイト広告を含むものがありますが、コンテンツの内容にメーカー等は一切関与しておりません。メーカー等から商品提供や内容の指示を受けたコンテンツには、「PR」と表記します。

目次

MOTAカーリースにおける任意保険加入の重要性

画像引用: MOTAカーリース

冒頭でもご説明したように、MOTAカーリースの契約には任意保険は含まれていません。

契約者自身が保険会社を選んで加入するか、もしくはMOTAカーリースに紹介してもらった保険会社と個人的に契約するしか方法がないわけです。

しかしクルマを運転する以上は任意保険に加入しておくべきであり、カーリースにはカーリースに適した任意保険があるのです。

それらの理由をご説明します。

自賠責だけでは十分な補償ができない

クルマには自賠責保険の加入が義務付けられていますが、これだけで任意保険に加入しないとどうなるのでしょうか。

自賠責保険は事故が起きた場合の対人賠償だけを補償してくれるものです。

つまり事故の相手にケガをさせたり、死亡させた場合のみ保証してくれるものとなります。

しかもその補償額はそれほど十分なものとはいえない額です。

傷害の場合で最高120万円、死亡の場合で最高3,000万円、後遺症の場合はその程度に応じて75万円から最高4,000万円です。

相手のクルマの修理代や事故によって第三者のモノを破損させた場合などの補償は対象外となります。

さらに自分自身や同乗者がケガを負った場合だけでなく、自分のクルマの修理費用も対象外なのです。

すなわち自賠責保険は必要最低限の保険ということであり、自賠責保険で補えない部分を補うため、任意保険が必要なのです。

カーリース車両には車両保険が重要

任意保険は、事故相手に対する補償である「賠償責任保険」、自分自身や搭乗者に対する補償をおこなう「傷害保険」、そして自分のクルマに対する補償となる「車両保険」の3種類で構成されています。

任意保険に加入する場合、「賠償責任保険」と「傷害保険」には加入するものの、「車両保険」に加入するかどうか迷う人も多くいます。

しかしカーリースの場合には、車両保険にも加入しておくべきなのです。

一般的なカーリースでは契約期間が満了した時にはクルマを返却しなければなりませんが、もしクルマにキズや凹みがあれば原状回復しなければなりません。

修理費用は契約者が負担しなければなりませんが、車両保険に加入していれば保険を使うことができるのです。

クルマがもらえるMOTAカーリースでも車両保険は必要か

MOTAカーリースは一般のカーリースと違い、契約満了後にクルマを返却する必要がなく、もらえるカーリースです。

クルマを返却しないのに、車両保険にも加入しておく必要はあるのでしょうか。

確かに少しのキズや凹みであれば、クルマを返却することのないMOTAカーリースなら原状回復の必要はないかもしれません。

契約者がそのキズや凹みに辛抱できるのなら、そのまま乗り続けて、車両保険を使わない手もあるでしょう。

しかし事故はどのような形で起きるか予想できず、クルマのキズも小さいとは限りません。

走行不能になるケースもあるでしょう。

車両保険に加入していれば、走行不能になるような大きな事故でも、保険を使って修理することができるのですから、たとえクルマを返却することのないMOTAカーリースでも車両保険の加入は必要だといえます。

任意保険はカーリースに適合したものに加入する

ではMOTAカーリースと契約する際に加入すべき任意保険はどのようなものが良いのでしょうか。

カーリースの任意保険は、一般的なマイカーと同じでは対応できないケースがあります。

それは事故によってクルマが全損した場合などです。

クルマが全損してしまうとカーリース契約が継続できなくなるため、損害金を支払う必要がでてきますが、マイカー用の任意保険では損害金の支払いに対応していないのです。

カーリース用として用意された任意保険なら、このような場合の損害金にも対応していますので、保険会社に確認するようにしましょう。

MOTAカーリースでの任意保険について理解しておくべきポイント

MOTAカーリースの契約には任意保険が含まれませんが、だからといって任意保険が含まれるカーリースと比べると不利だというわけではありません。

契約に任意保険が含まれないからこそ有利になることもあるのです。

MOTAカーリースの任意保険について、理解しておくべきポイントをご説明しましょう。

サービス内容から保険会社を自分で選べる

任意保険が契約に含まれるカーリースは、保険会社を選ぶことができません。

あらかじめ決まっている保険会社と契約するしかないわけです。

任意保険の対人や対物、車両などに対する補償内容や補償金額は、保険会社でそれほど差はありません。

しかし特約といわれる弁護士費用特約や個人賠償責任特約、さらに事故現場への駆けつけなどは、内容に違いがあったり、これらのサービスの受ける条件に違いがあります。

任意保険が契約に含まれるカーリースでは、保険会社の特約に納得できなくても受け入れるしかないわけです。

一方、MOTAカーリースの場合は、これらの特約内容や条件などを吟味し、自分にマッチした保険会社の任意保険を選ぶことができます。

保険料を分割できる保険会社もある

任意保険が契約に含まれるカーリースの場合、保険料は月額に含まれるため、支払いが楽になります。

MOTAカーリースの場合は契約に任意保険が含まれないので、保険料を一括支払いしなければならず、負担だと感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし現在は、分割払いができる保険会社も増えてきています。

アクサダイレクトなら12回払い、イーデザイン損保は3回、6回、10回、12回、チューリッヒでは11回払い、三井ダイレクト損保は10回、11回、12回を用意しているなど、分割払いができれば支払いも楽になるはずです。

なお、任意保険は1年契約なのに支払回数が11回などになっているのは、初回の月のみ2ケ月分を支払うなどのケースです。

また2年や3年などの長期契約をし、支払いを分割にすることもできる保険会社もあります。

長期契約の場合は保険料も1年契約より安くなるため、有効活用すべきでしょう。

契約に任意保険が含まれると等級が高い場合に不利なことも

任意保険が契約に含まれるカーリースでは、それまでの保険の等級が高い場合、低い等級で契約しなければならないことがあります。

任意保険の等級は、保険を1年間使わなかった場合、翌年度の等級は1等級上がります。

そのためマイカーで何年もの間、任意保険に加入しており、しかも保険を一度も使わなければ等級は高くなっているはずです。

そして等級は高くなるほど保険料は安くなる仕組みになっています。

任意保険が契約に含まれるカーリースでは、契約前の等級を引き継げるものもありますが、カーリース企業の中には、等級が例えば8等級もしくは7等級など、そのカーリース企業の契約者全体として画一的になってしまうものもあります。

契約前に等級が8等級や7等級などよりも高かった人は、これまでより高い保険料を支払うことになってしまうわけです。

MOTAカーリースの場合は契約に任意保険が含まれないので、マイカーで等級が高くなっていた人は、安い保険料を引き継ぐことができる利点があります。

任意保険の保険料に直結する等級の動きが異なる

カーリースでの契約年数は数年単位になりますが、任意保険が契約に含まれるカーリースの場合、契約間中に万が一、事故を起こして保険を使っても等級が下がることがないのが一般的です。

事故で保険を使っても等級は契約時のままですが、その一方で、保険を使わなくても等級は上がりません。

契約期間中、等級は変わることがなく、さらに保険料もずっと据え置きになってしまうのです。

MOTAカーリースのように契約に任意保険が含まれない場合、任意保険は個人で契約することになるため、事故を起こして保険を使うと、翌年の任意保険の等級が下がり、それに伴って保険料も上がってしまいます。

例えば契約時の等級が6等級だった場合、保険を使うと4等級や3等級などになり、保険料も高額になってしまうということです。

しかしその一方で、1年間事故を起こさず、保険を使わなければ翌年には等級が上がり、保険料も安くなるのです。

つまり任意保険を個人で契約する場合、リスクも負うものの、メリットもあるということです。

まとめ

MOTAカーリースには任意保険が契約に含まれないため、任意保険がどうして必要なのかをご説明するとともに、契約に含まれないことは決して不便でなく、メリットも多いことなどについてもご説明しました。

クルマの楽しさを存分に満喫するためにも、任意保険は今や必須といえるでしょう。

カーリースをお考えで、MOTAカーリースを候補に挙げていらっしゃるなら、参考になさってください。

  • URLをコピーしました!
目次