自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」を5つの項目で比較

カババ VS アップル

新しい形の車買取サービスとして人気の自動車フリマ「カババ」車買取「アップル」について、5つの項目で比較してみました。

5つの項目として「1.査定方式」「2.売却・買取実績」「3.売却・買取の流れ」「4.利用料」「5.売却・買取代金の支払い」を徹底的に比較し、それぞれのメリットやデメリットが分かるように解説していきます。

愛車の売却にどの事業者を利用しようか悩んでいる方、この2社のどちらかの利用を検討されている方は参考になさってください。

車好きオヤジブログのステマ規制への対応について

本コンテンツは車好きオヤジ及び車好きオヤジブログ編集部が独自に制作しております。文中のリンクにアフィリエイト広告を含むものがありますが、コンテンツの内容にメーカー等は一切関与しておりません。メーカー等から商品提供や内容の指示を受けたコンテンツには、「PR」と表記します。

目次

自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」を5つの項目で比較してみました!

1.査定方式査定方式と参加企業数や最大査定数、電話連絡数について比較しています。
2.売却・買取実績最新の売買・買取価格例をピックアップして比較しています。
3.売却・買取の流れ実際に利用した時の、売却・買取の流れについて比較しています。
4.利用料利用時の査定料や手数料、キャンセル料について比較しています。
5.売却・買取代金の支払い売却時の買取代金の支払い方法と期日について比較しています。

上記5つの項目で自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」を比較します。

知りたい項目からチェックできるよう、クリックすればその項目にスクロールされるようになっています。

1.自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」を査定方式で比較!

比較項目カババアップル
査定方式フリーマーケットへ出品
※プロ鑑定士による査定とアドバイスあり
自社査定
参加企業数個人間売買のため無し1社(アップルのみ)
査定最大申込社数(出品価格を自分で決定)1社(アップルのみ)
電話連絡数1社(カババからのみ)1社(アップルからのみ)

自動車フリマ「カババ」の査定方式の特徴

自動車フリマ「カババ」は、個人間の中古車売買フリーマーケットへ直接出品して車を売却できる、新しい形の車買取サービスです。

中間業者や買い取り業者は介在せず、出品価格を自分で設定することになりますが、事前に査定士である「カババ」スタッフもしくは委託された事業者による実車査定があり、相場価格を考慮しながら出品価格を提案してくれます。

また、車の撮影からフリマへの出品代行まで、全てをカババが代行してくれます。

車を買いたい人へ直接売却するので、中間業者や買い取り業者への手数料やマージンが一切発生せず、最高額での売却が期待できる仕組みといえるでしょう。

ただし、個人間取引のため、車種や車の状態によっては売却までに時間がかかったり、時間をかけても売れない可能性もあることは踏まえておかなければなりません。

車買取「アップル」の査定方式の特徴

車買取「アップル」の査定方式は自社査定となります。

査定申込みで車の情報を入力すると、電話で概算査定額が伝えられ、その後の実車査定で詳細な査定額が算出されます。

実車査定は近隣の店舗に持ち込めば査定してもらえますが、出張査定を受けることもできるものの、出張査定を実施していないエリアや店舗もあるので注意が必要です。

車買取「アップル」では、買い取った車を中古車オークションに流通させるのではなく、車買取「アップル」各店舗でダイレクトに販売する方式をとるとともに、中古車オークションでの相場価格を常にキャッチして買取額に反映させています。

また高額で売却できる地域を把握しながら、海外の方が高く売却できる場合には海外に輸出する場合もあります。

つまり買い取った車を自社で販売するので、中間マージンをカットでき、なおかつより高額で売却できる地域や国を探し出すため、高額な買取額になるというわけです。

2.自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」を売却・買取実績で比較!

自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」の実績に基づいて比較してみましょう。

自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」の売却・買取実例

2社の売却・買取実績を比較するのであれば、本来は同車種の同グレードで、年式、走行距離なども同条件のもので比較するべきです。

しかし自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」で公開されている実例では、同条件の車の実例がわずかしかなく、「カババ」ではフリマに出品中でまだ購入申し込みが入っていないものもありますが、参考にはなるはずです。

なお、車種とグレードは以下のものをピックアップしましたが、年式や走行距離は若干ずれています。

  • 「トヨタ ヤリス 1.5ハイブリッドZ」
  • 「ホンダ N-BOXカスタム660GLターボ ホンダセンシング」
  • 「スズキ ハスラー660Jスタイル2 ターボ」

自動車フリマ「カババ」の売却例

画像引用:自動車フリマ「カババ」

車買取「アップル」の買取例

画像引用:車買取アップル

2社の売却・買取実例から分かること

自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」の実績比較では、「カババ」で未だ売却に至っていないものもありますが、同一車種の同一グレードを選んでいます。

カババで成約済のものと現在フリマに出品している価格を参考に、アップルの買取額と比較すると、自動車フリマ「カババ」の方が多少高額になっていることが分かります。

自動車フリマ「カババ」の方が高額になっている背景には、「カババ」は個人を対象にした自動車フリマであることに対し、車買取「アップル」は買取った車を自社で販売している業者であることが挙げられます。

つまり業者である以上は買取価格を抑え、自社の利益を上乗せした価格で売却しなければならないからです。

一方の自動車フリマ「カババ」の場合、売主は個人であり、購入申し込みをしてくる人も個人であるため、利益を上乗せする必要がないことが影響しているのだろうと考えられます。

自動車フリマ「カババ」は高額だが時間が掛かるケースも

2社の実例から自動車フリマ「カババ」の方が車買取「アップル」よりも高額で売却できる可能性が高いことが分かりますが、その一方で気を付けておきたい点もあります。

それは自動車フリマ「カババ」はフリマに出品した後、購入申し込みが入るのを待つしかなく、加えて申し込みはいつ入るか分からないという点です。

もちろん、すぐに購入申し込みが入る可能性もありますが、なかなか申し込みが入らないケースもあるでしょう。

そのような場合には、出品価格を下げることや出品を中止すること、「カババ」のサポートによる一括査定を利用することもできます。

なお、「カババ」では、出品期間中でも出品車に乗ることができるので、しばらくの間購入申し込みが入らなくても、日常の足に困ることはありません。

車買取「アップル」は安くなる可能性はあるがすぐに売却できる

車買取「アップル」は、上の実例で紹介したように自動車フリマ「カババ」と比べると、買取額がやや安くなってしまう可能性があります。

しかし査定を受けてから売却までは時間をかけずに進めることができますので、期限までにどうしても車を売却しなければならない場合には有効な売却方法といえるでしょう。

3.自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」を売却・買取の流れで比較!

自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」における、申込から売却までの流れの違いを比較してみましょう。

自動車フリマ「カババ」の申込から売却までの流れ

STEP
出品申し込み

WEBフォームから売却する車の情報や売却希望時期などを入力し、出品申し込みをします。

STEP
査定・撮影・出品代行

査定士である「カババ」スタッフもしくは委託事業者が訪問し、車の査定から撮影、フリマへの出品代行までをおこなってくれます。

STEP
フリマへの出品

フリマに車を出品した後、購入希望者からの連絡を待ちます。

質問や問い合わせなどには全て「カババ」が代行してくれます。

STEP
成約

購入申し込みがあれば、成約に関しての最終確認をおこないます。

確認が済めば取引の成立となります。

STEP
必要書類の郵送

名義変更に必要な書類一式が送られてきますので、記入及び必要書類を同封して返送します。

STEP
車両引き渡し

購入者からカババへの入金を確認後、車を引き渡します。

STEP
売却代金受け取り

購入者に車を引き渡した3日後に売却代金が振り込まれます。

車買取「アップル」の申込から売却までの流れ

STEP
無料査定の申込

WEBフォームから売却する車の情報を入力して査定を申し込みます。

STEP
概算査定額の連絡

算出された概算査定額が電話もしくはメールで届きます

STEP
実車査定

車買取「アップル」の店舗を訪問、もしくは出張査定で具体的な査定額を算出してもらい、査定額に納得できて売却を決めれば契約が成立します。

STEP
売却手続き

必要資料を揃えて提出し、車両を引き渡します。

STEP
売却代金受け取り

車両引き渡しと必要資料提出後に売却代金が口座に振り込まれますが、振り込みまでの日数は店舗により異なります。

2社の売却・買取の流れの違い

自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」の流れで大きく違う点は、自動車フリマ「カババ」がフリマに出品した後は、購入希望者からの連絡を待つしかないことに比べ、車買取「アップル」では査定を受け、提示された査定額に納得できればすぐに売却につながることでしょう。

つまり自動車フリマ「カババ」では最終的に車両代金を受け取るのがいつになるかは購入希望者任せになってしまいますが、車買取「アップル」は査定を受けた時点で、車両代金をいつ受け取ることができるのかを予測することができるというわけです。

4.自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」を利用料で比較!

比較項目カババアップル
査定料無料無料
成約時手数料無料無料
キャンセル料無料無料

2社を利用するにあたり、費用が発生するのかどうかについて比較しました。

査定料

2社ともに査定料は無料です。

なお自動車フリマ「カババ」は、査定時に車の撮影をしてくれ、フリマへの出品も代行してくれます。

成約時手数料

車の売買が成立した時の成約手数料は、自動車フリマ「カババ」、車買取「アップル」ともに無料です。

キャンセル料

自動車フリマ「カババ」は、査定した後やフリマ出品した後のキャンセルは無料でできますが、成約完了後のキャンセルはできません。

車買取「アップル」も実車査定後であっても、査定額に納得できなければ無料で売却をキャンセルすることができます。

5.自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」を買取代金の支払いで比較!

比較項目カババアップル
支払い方法銀行口座への振込銀行口座への振込
支払い期日購入者引き渡しの3日後に振込店舗により異なる

買取代金の支払い方法は、2社とも口座への振込で、支払い期日は自動車フリマ「カババ」が引き渡しの3日後となっています。

一方の車買取「アップル」は、店舗により異なると表記されているだけですが、車両引き渡し後1週間程度だと思われます。

自動車フリマ「カババ」はこんな方におすすめします

ご紹介してきた2社の比較から、自動車フリマ「カババ」をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • 業者に売却するより個人対象のフリマの方が高値で売却できると考える人
  • 売却までに時間がかかっても良いという人
  • フリマで売れない時には値下げや業者への売却も考えられる人
  • 購入希望の連絡があるまでは、日常の足としてその車に乗りたい人

車買取「アップル」はこんな方におすすめします

ご紹介してきた2社の比較から、車買取「アップル」をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • 業者でも高額買取の可能性はあると思える人
  • 自宅近くに車買取「アップル」の店舗がある人
  • 査定のために店舗まで行くのが苦にならない人
  • なるべく早く売却したい人

まとめ

自動車フリマ「カババ」と車買取「アップル」について5項目にわたって比較してみました。

この2つを大別すると、自動車フリマ「カババ」はこれまでにない自動車フリマに出品するという手法であり、車買取「アップル」は買取業者に売却するという手法となります。

それぞれの特徴を理解したうえで、自分の愛車の売却にはどちらを利用した方がいいのか、検討材料としてぜひお役立てください。

また、「カババ」と車買取「アップル」を比較される方も多いですが、中古車買取のパイオニアとして知名度の高い「ガリバー車買取」を利用候補として検討される方もいらっしゃいます。

詳しくは自動車フリマ「カババ」と「ガリバー」車買取を5つの項目で比較にまとめましたので、気になる方はチェックしてみてください。

  • URLをコピーしました!
目次