「楽天Car車買取(旧:楽天Carオークション)」と車買取「アップル」を5つの項目で比較

楽天Car車買取 VS アップル

新しい形の車買取サービスとして人気の「楽天Car車買取」車買取「アップル」を5つの項目で比較しました。

愛車を売却する際に利用する車買取サービス事業者の「1.査定方式」「2.買取相場」「3.買取の流れ」「4.利用料」「5.買取代金の支払い」を徹底比較し、それぞれのメリットやデメリットが分かるように解説するとともに、どのような方の利用の利用に向いているのかまでご説明します。

愛車の売却にどの事業者を利用しようか悩んでいる方や、すでにこの2社のどちらかを利用しようと検討されている方は特に参考にしてみてください。

車好きオヤジブログのステマ規制への対応について

本コンテンツは車好きオヤジ及び車好きオヤジブログ編集部が独自に制作しております。文中のリンクにアフィリエイト広告を含むものがありますが、コンテンツの内容にメーカー等は一切関与しておりません。メーカー等から商品提供や内容の指示を受けたコンテンツには、「PR」と表記します。

目次

「楽天Car車買取」と車買取「アップル」を5つの項目で比較しました!

1.査定方式査定方式と参加企業数や最大査定数、電話連絡数について比較しています。
2.買取実績最新の売買・買取価格例をピックアップして比較しています。
3.買取の流れ実際に利用した時の、売却・買取の流れについて比較しています。
4.利用料利用時の査定料や手数料、キャンセル料について比較しています。
5.買取代金の支払い売却時の買取代金の支払い方法と期日について比較しています。

上記5つの項目で、「楽天Car車買取」と車買取「アップル」を比較していきます。

知りたい項目からチェックできるよう、クリックすればその項目にスクロールされるようになっています。

1.「楽天Car車買取」と車買取「アップル」を査定方式で比較!

比較項目楽天Car車買取アップル
査定方式オークションへ出品自社査定
参加企業数加盟中古車販売店2,000社以上1社(アップルのみ)
査定最大申込社数オークション加盟2,000社以上から最高落札額を提示1社(アップルのみ)
電話連絡数1社(楽天Car車買取のみ)1社(アップルのみ)

「楽天Car車買取」の査定方式の特徴

楽天Car車買取では独自開発のネットオークションシステムへの出品になり、買取を申し込むと、出品前に査定に該当する車両検査を無料でしてもらえます。

中間業者を挟まず、直接売却したい車をオークションへ出品し、参加企業が入札する形で売却額が決まります。

出品時に、最低落札価格を自分で設定して出品することになりますが、車両検査時に価格設定のアドバイスはしてもらえます。

オークションの様子はライブで見ることができますので、入札されていく様子を見られるだけでなく、入札額の透明性も高く、中間業者を省いているために高額での売却が期待できる仕組みになっています。

注意点としては、オークション形式なので、最低落札価格以上の入札があった時には、自動的に売買が成立し、キャンセルはできないことに注意しておきましょう。

車買取「アップル」の査定方式の特徴

車買取「アップル」の査定方式は自社査定となります。

査定申込みで車の情報を入力すると、電話で概算査定額が伝えられ、その後の実車査定で詳細な査定額が算出されます。

実車査定は近隣の店舗に持ち込めば査定してもらえますが、出張査定を受けることもできるものの、出張査定を実施していないエリアや店舗もあるので注意が必要です。

車買取「アップル」では、買い取った車を中古車オークションに流通させるのではなく、車買取「アップル」各店舗でダイレクトに販売する方式をとるとともに、中古車オークションでの相場価格を常にキャッチして買取額に反映させています。

また高額で売却できる地域を把握しながら、海外の方が高く売却できる場合には海外に輸出する場合もあります。

つまり買い取った車を自社で販売するので、中間マージンをカットでき、なおかつより高額で売却できる地域や国を探し出すため、高額な買取額になるというわけです。

2.「楽天Car車買取」と車買取「アップル」を買取実績で比較!

「楽天Car車買取」と車買取「アップル」について、色々な買取実績に基づいて比較してみましょう。

「楽天Car車買取」と車買取「アップル」の実例

2社の実例を比較するには車種だけでなく、グレードや年式(経過年数)、走行距離などの条件が同じもので比較しなければ正確な比較になりません。

しかし「楽天Car車買取」ではそれほど多くの買取例が掲載されているわけではなく、車買取「アップル」はさらに買取実績の掲出が少ないため、同条件の人気車種では比較対象が合致しませんでした。

そこで条件は多少異なるものの、以下の条件の車で買取例を抽出してみました。

ピックアップしたのは以下の車です。

  • 「ホンダ ステップワゴンスパーダ ハイブリッド」2018年式 走行10,000~20,000㎞台
  • 「スバル フォレスターハイブリッド」2021年式 走行10,000㎞台
  • 「レクサスRX200t」2016年式 走行35,000㎞台

「楽天Car車買取」の買取例

画像引用:楽天Car車買取

車買取「アップル」の買取例

画像引用:車買取アップル

2社の買取実例から分かること

「楽天Car車買取」と車買取「アップル」の実例を比較してみると、「ホンダ ステップワゴンスパーダ」と「スバル フォレスター ハイブリッド」では明らかに「楽天Car車買取」の方が高額で買取られているのが分かります。

「レクサスRX200t」は買取金額だけをみると車買取「アップル」の方が高額になっていますが、車買取「アップル」の実例は全て2022年上半期に買取られた実例です。

一方、「楽天Car車買取」の「レクサスRX200t」は2023年3月にオークションで落札されています。

つまり車買取「アップル」では6年落ちで買取られ、「楽天Car車買取」は7年落ちで買取られているわけです。

1年間の違いを考慮すると、「レクサスRX200t」も「楽天Car車買取」の方が高額で買取られている可能性があると考えられます。

もちろんこれらの実例だけでどちらが高額で買取ってもらえるかを判断することはできません。

買取価格はオプション装備やメンテナンス状態などによっても影響を受けるからです。

しかし例に挙げた実例を比べた限りでは、「楽天Car車買取」の方が車買取「アップル」よりも高額で買取っていることは分かるでしょう。

「楽天Car車買取」の買取額が高額になりやすい理由

「楽天Car車買取」の特徴は、楽天が主催しているネットオークションに車を出品し、加盟している中古車販売店2,000社以上がこのオークションに参加するという点です。

多くの業者が参加するオークションでは他の業者と競合になるため、必然的に入札価格も高額になる可能性が高いといえます。

また「楽天Car車買取」から各業者に対しては、次回のオークションに出品される車の情報が事前にメールで送られる仕組みになっています。

各業者はメールから入手したい車の目星をつけることができるため、オークションへの参加率も高まり、それがより高額な買取価格につながっていきやすいと考えられます。

車買取「アップル」の高額買取の理由と「楽天Car車買取」との違い

車買取「アップル」は車を自社で買取り、自社で販売するために中間業者のマージンが掛からず、その分だけ買取価格を高くすることができます。

また全国のカーオークション価格を常にチェックし、相場価格の動向を把握することで買取価格にタイムリーに反映してくれます。

さらに海外への流通ルートも確保しており、日本国内よりも海外の方が人気があり、高額で売却できる場合には、そのルートを使うとともに、買取価格にも反映してくれます。

車買取「アップル」には、これだけ高額で買取ることができる理由がありますが、買取業者のひとつであることに変わりありません。

つまり車買取「アップル」に査定を依頼した時点で、「アップル」に売却することが前提になっており、「楽天Car車買取」のように業者同士で買取額を競うことがありません。

そのため、「楽天Car車買取」のように高額な買取額になりにくいのではないかと考えられます。

しかし一方で車買取「アップル」への売却は非常にシンプルで、査定額に満足できればすぐに売却手続きへと移行することができるので、手間がかからないともいえます。

3.「楽天Car車買取」と車買取「アップル」を買取の流れで比較!

「楽天Car車買取」と車買取「アップル」の利用の流れについて比較してみましょう。

楽天Car車買取の申込から売却までの流れ

STEP
無料車両検査の申込

WEBフォームから売却する車の情報と車両検査希望日を入力して申し込みます。

STEP
車両検査

オークションアドバイザーが車両検査に訪問します。

検査終了後、車の検査情報がライブオークションシステムにアップロードされます。

STEP
オークションへ出品

最低希望落札価格と車両引き渡し日を設定し、オークションへ出品します。

車両引き渡し日は、検査日から1ケ月以内の希望日が選べます。

STEP
ライブオークション

加盟店からの入札の様子がリアルタイムで、スマートフォン、パソコン、タブレットから見られます。

※オークションは週2回開催

STEP
売却手続きorキャンセル

【4のオークションで最低希望落札価格を超えた場合】

車の売却が決定します。

【4のオークションで最低希望落札価格に満たなかった場合】

オークションの最終価格に納得できれば売却、納得できなければ無料でキャンセルできます。

売却する際は、必要資料を揃えて提出し、車両を引き渡します。

STEP
売却代金受け取り

車両引き渡しと必要資料提出後、7営業日以内に売却代金が口座に振り込まれます。

車買取「アップル」の申込から売却までの流れ

STEP
無料査定の申込

WEBフォームから売却する車の情報を入力して査定を申し込みます。

STEP
概算査定額の連絡

算出された概算査定額が電話もしくはメールで届きます

STEP
実車査定

車買取「アップル」の店舗を訪問、もしくは出張査定で具体的な査定額を算出してもらい、査定額に納得できて売却を決めれば契約が成立します。

STEP
売却手続き

必要資料を揃えて提出し、車両を引き渡します。

STEP
売却代金受け取り

車両引き渡しと必要資料提出後に売却代金が口座に振り込まれますが、振り込みまでの日数は店舗により異なります。

2社の買取の流れの違い

「楽天Car車買取」と車買取「アップル」の利用の流れで最も違う点は、「楽天Car車買取」はオークションに出品して最高額を入札してくれた業者に売却する流れですが、車買取「アップル」では「アップル」だけに査定してもらって売却する流れになっているということです。

つまり「楽天Car車買取」では売却する業者は事前に決まっておらず、高額で買取ってくれる業者を探すことが目的になっていますが、車買取「アップル」では最初から「アップル」に売却することを前提にしたものだといえます。

4.「楽天Car車買取」と車買取「アップル」を利用料で比較!

比較項目楽天Car車買取アップル
査定料無料無料
成約時手数料成約時のみ22,000円(税込)無料
キャンセル料検査完了後の出品キャンセルは10,000円無料

2社の買取を利用するにあたり、費用が発生するのかどうかについて比較しました。

査定料

2社ともに、査定料は無料です。

ただし「楽天Car車買取」の場合、査定はオークションに出品することが前提になっていることに注意しましょう。

成約時手数料

車の売買が成立した時の成約手数料は、「楽天Car車買取」では22,000円(税込)かかりますが、これはオークションに出品して成約した場合のみ必要となります。

オークションに出品し、入札価格が最低希望落札価格を超えなかった時には売却しない選択もできますが、その場合の手数料は不要になります。

なお車買取「アップル」では、成約手数料は必要ありません。

キャンセル料

「楽天Car車買取」では、車両検査後にオークションへの出品を取りやめる場合、キャンセル料として10,000円がかかります。

車両検査前までであれば無料でキャンセルできますので、車両検査を受けるのは、車の売却を意思決定してからにしましょう。

また、オークション出品後の自己都合によるキャンセルはできません。

設定した最低希望落札価格に届かなかった場合のみ、無料でキャンセルできますが、最低希望落札価格を超える入札があった時は、自動的に売買契約が成立します。

一方の車買取「アップル」では、査定額に納得できなければ無料で売却をキャンセルすることができます。

5.「楽天Car車買取」と車買取「アップル」を買取代金の支払いで比較!

比較項目楽天Car車買取アップル
支払い方法銀行口座への振込銀行口座への振込
支払い期日売却車両引き渡しと必要書類を提出後、7営業日以内店舗により異なる

買取代金の支払い方法は、2社ともに口座への振込となっています。

「楽天Car車買取」は車両引き渡し後、7営業日以内に振込まれます。

車買取「アップル」は、店舗により異なると表記されているだけですが、「楽天Car車買取」と同様に車両引き渡し後1週間程度だと思われます。

「楽天Car車買取」はこんな方におすすめします

ご紹介してきた2社の比較から、「楽天Car車買取」をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • 業者と価格交渉をしなくても高額で売却できる方法を探している人
  • 成約手数料を支払ってもオークションには高値売却の可能性があると思う人
  • 自分の車に競って入札が入る様子をライブでみたい人
  • 最高入札額を自分の目で確認できるのは安心だと思う人

車買取「アップル」はこんな方におすすめします

ご紹介してきた2社の比較から、車買取「アップル」をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • 自宅近くに車買取「アップル」の店舗がある人
  • 査定のために店舗まで行くのが苦にならない人
  • 買取業者を競合させなくても高額買取はできると考える人
  • なるべく手間を掛けずに売却してしまいたい人

まとめ

「楽天Car車買取」と車買取「アップル」について、5つの項目にわたって比較してみました。

「楽天Car車買取」はオークションへの出品ゆえに成約時の手数料やキャンセル料が発生することもありますが、高額で売却できる可能性は高いといえます。

一方の車買取「アップル」は、買取業者同士の競合がないため高額査定につながりにくい可能性もありますが、売却までに手間がかからないメリットがあります。

それぞれの特徴を理解したうえで、自分の愛車の売却にはどちらを利用した方がいいのか、検討材料としてぜひお役立てください。

また、「楽天Car車買取」と車買取「アップル」を比較される方も多いですが、一括査定でありながら高額査定上位3社のみのやりとりで売却できる「MOTA車買取」を比較検討される方もいらっしゃいます。

詳しくは楽天Car車買取(旧:楽天Carオークション)とMOTA車買取を5つの項目で比較にまとめましたので、気になる方はチェックしてみてください。

  • URLをコピーしました!
目次