楽天Car車買取(旧:楽天Carオークション)とMOTA車買取を5つの項目で比較

楽天カー車買取 VS MOTA

新しい形の車買取サービスとして人気の2社、「楽天Car車買取」と「MOTA車買取」を5つの項目で比較しました。

愛車を売却する際に利用する車買取サービス事業者の「1.査定方式」「2.買取実績」「3.買取の流れ」「4.利用料」「5.買取代金の支払い」を徹底比較し、それぞれのメリットやデメリットが分かるように解説していきます。

愛車の売却にどの事業者を利用しようか悩んでいる方や、すでにこの2社のどちらかの利用を検討されている方は特に参考にしてみてください。

車好きオヤジブログのステマ規制への対応について

本コンテンツは車好きオヤジ及び車好きオヤジブログ編集部が独自に制作しております。文中のリンクにアフィリエイト広告を含むものがありますが、コンテンツの内容にメーカー等は一切関与しておりません。メーカー等から商品提供や内容の指示を受けたコンテンツには、「PR」と表記します。

目次

「楽天Car車買取」と「MOTA車買取」を5つの項目で比較しました!

1.査定方式査定方式と参加企業数や最大査定数、電話連絡数について比較しています。
2.買取実績最新の買取価格例をピックアップして比較しています。
3.買取の流れ実際に利用した時の、買取の流れについて比較しています。
4.利用料利用時の査定料や手数料、キャンセル料について比較しています。
5.買取代金の支払い売却時の代金の支払い方法と期日について比較しています。

上記5つの項目で、楽天Car車買取とMOTA車買取を比較しています。

知りたい項目からチェックできるよう、クリックすればその項目にスクロールされるようになっています。

1.「楽天Car車買取」と「MOTA車買取」を査定方式で比較

比較項目楽天Car車買取MOTA車買取
査定方式オークションへ出品一括事前査定
参加企業数加盟中古車販売店2,000社以上489社
査定最大申込社数オークション加盟2,000社以上から
最高落札額を提示
20社
電話連絡数1社(楽天Car車買取のみ)高額査定の最大3社

楽天Car車買取の査定方式の特徴

査定方式は、楽天Car車買取は独自開発のネットオークションシステムへの出品になり、買取を申し込むと、出品前に査定に該当する車両検査を無料でしてもらえます。

中間業者を挟まず、直接売却したい車をオークションへ出品し、参加企業が入札する形で売却額が決まります

出品時に、最低落札価格を自分で設定して出品することになりますが、車両検査時に価格設定のアドバイスはしてもらえます。

実際にオークションで入札されていく様子をリアルで見ることができますので、入札額の透明性も高く、中間業者を省いている分、高額での売却が期待できる仕組みになっています。

注意点としては、オークション形式なので、最低落札価格以上の入札があった時には自動的に売買が成立し、キャンセルすることはできません。

MOTA車買取の査定方式の特徴

MOTA車買取は従来からよくある一括査定になりますが、事前に査定額を提示した参加業者の中から、高額査定の上位3社のみに交渉権を与え、電話連絡も最大3社までしかこないところが従来の一括査定とは大きく異なります。

一括査定で多くの業者からの電話攻勢に悩まされることなく、高く買い取ってくれそうな業者だけと交渉できます。

さらに、実車査定でも最大3社で競ってもらえますので、手間暇かけずに合理的な高額売却が期待できるわけです。

2.「楽天Car車買取」と「MOTA車買取」を買取実績で比較

「楽天Car車買取」と「MOTA車買取」の2023年買取例

中古車市場で人気の車種を、年式が同じで走行距離が同程度と考えられるものを3つピックアップしました。

楽天Car車買取の2023年買取例

楽天Car車買取買取例
画像引用:楽天Car車買取

MOTA車買取の2023年買取例

MOTA車買取買取例
画像引用:MOTA車買取

2社の買取例から分かること

楽天Car車買取はオークションでの最高入札額=最終価格であり、MOTA車買取の方は買取店による最高査定額の表記になります。

それぞれ同じ車種でもグレードの違いや色、オプションパッケージの有無、実車の状態により買取価格は違ってきます。

一概に金額だけで判断はできませんが、楽天Car車買取は、公式サイトに「他社価格より平均25万円アップ」と記載されており、この3例を比較しても高めの価格になっていることが分かります。

ただ、楽天Car車買取はオークションに最低落札価格を自分で設定して出品するのですが、相場より高額の価格を設定すると、その最低価格に満たない入札額の場合もあります。

最低価格の設定は、車両検査時にオークションアドバイザーからアドバイスがもらえるので、それを参考にして慎重に設定する必要があります。

一方、MOTA車買取は買取店による査定ですので、実車査定の前に、査定申し込みの翌日18時にWEBでみられる最大20社の事前査定額を把握しておけばいいでしょう。

3.「楽天Car車買取」と「MOTA車買取」を買取の流れで比較

楽天Car車買取の申込から売却までの流れ

STEP
無料車両検査の申込

WEBフォームから売却する車の情報と車両検査希望日を入力して申し込みます。

STEP
車両検査

オークションアドバイザーが車両検査に訪問します。

検査終了後、車の検査情報がライブオークションシステムにアップロードされます。

STEP
オークションへ出品

最低希望落札価格と車両引き渡し日を設定し、オークションへ出品します。

車両引き渡し日は、検査日から1ケ月以内の希望日が選べます。

STEP
ライブオークション

加盟店からの入札の様子がリアルタイムで、スマートフォン、パソコン、タブレットから見られます。

※オークションは週2回開催

STEP
売却手続きorキャンセル

【4のオークションで最低希望落札価格を超えた場合】

車の売却が決定します。

【4のオークションで最低希望落札価格に満たなかった場合】

オークションの最終価格に納得できれば売却、納得できなければ無料でキャンセルできます。

売却する際は、必要資料を揃えて提出し、車両を引き渡します。

STEP
売却代金受け取り

車両引き渡しと必要資料提出後、7営業日以内に売却代金が口座に振り込まれます。

MOTA車買取の申込から売却までの流れ

STEP
無料査定の申込

WEBフォームから売却する車の情報を入力して査定を申し込みます。

STEP
最大20社が査定額提示

1の申込の翌日18時に最大20社の買取店の査定額が開示され、WEB上ですべて見られます。

STEP
高額査定上位3社を選出

高額査定の上位最大3社から連絡があります。

STEP
現車確認(実車査定)

実車査定で、査定額に納得でき売却を決めれば契約が成立します。

STEP
売却手続き

必要資料を揃えて提出し、車両を引き渡します。

STEP
売却代金受け取り

車両引き渡しと必要資料提出後、平均して3~7日程度で売却代金が口座に振り込まれます。

2社の買取の流れの違い

楽天Car車買取は、オークションでの最低希望落札価格を超えた入札があった時には、売却が成立します。

最低希望落札価格に満たなかった場合は無料でキャンセルできますが、最終価格で売却するかどうかは自身の判断で決定できます。

MOTA車買取は、最大20社の事前査定後、高額査定の上位最大3社のみが申込者への交渉権を得られ、実車の査定である現車確認へと進みます。

現車確認後の査定額に満足できれば売却、満足できなければ無料でキャンセルすることができます。

4.「楽天Car車買取」と「MOTA車買取」を利用料で比較

比較項目楽天Car車買取MOTA車買取
査定料無料無料
成約時手数料22,000円(税込)無料
キャンセル料検査完了後の出品キャンセルは10,000円無料

2社の買取を利用するにあたり、費用が発生するのかどうかについて比較しました。

査定料

2社ともに、査定料は無料です。

楽天Car車買取は、オークションへ出品するための車両検査が無料で受けられ、一般的な買取業者の査定に該当します。

成約時手数料

次に、車の売買が成立した時の成約手数料は、楽天Car車買取は22,000円(税込)かかりますが、MOTA車買取は無料です。

楽天Car車買取の手数料は、オークションに出品して、成約した場合のみ費用がかかります

この22,000円以外にかかる費用は一切ありませんので、オークションへ直接出品することで、一般的な買取より高値で売却できる可能性が高いことを考慮すると、その手数料としては十分に安価だと判断できます。

キャンセル料

最後にキャンセル料についてですが、楽天Car車買取は車両検査後にオークションへの出品を取りやめる時には、キャンセル料として10,000円がかかります。

車両検査前までであれば無料でキャンセルできますので、車両検査を受けるのは、オークションへ出品して車を売却することを決めてからにしましょう。

また、オークション出品後の自己都合によるキャンセルはできません。

設定した最低希望落札価格に届かなかった場合のみ、無料でキャンセルできますが、最低希望落札価格を超える入札があった時は、自動的に売買契約が成立します。

MOTA車買取は、実車査定後であっても無料でキャンセルすることができます。

ただし、買取店との売買契約後のキャンセルについては、各買取店の規定により違ってきます

一般的に、契約成立後のキャンセルには違約金が発生しますので、買取店との契約前に確認しておくことをおすすめします。

なぜ楽天Car車買取はキャンセル料がかかるのか

楽天Car車買取は、一般的な買取業者のような、自社で車を買い取ってそれを販売店やオークションで売却してマージンを得ているのではなく、自社オークションへ直接出品してもらい、売買成約時のみ手数料をもらっています

つまり、受け取れるマージンに大きな差があり、オークションへの出品前提なく車両検査をサービスしていては、ビジネスとして成立しなくなってしまいます。

したがって、検査後に出品を取りやめられるような場合には実費分としてのキャンセル料を請求しているわけです。

売却前提でない方の利用はおすすめしませんが、楽天Car車買取のこの仕組みは、車の売却を決めている利用者にとっては、中間的な買取業者のマージン分が省かれる分、高額で売却できる利用価値の高いものといえるのです。

5.「楽天Car車買取」と「MOTA車買取」を買取代金の支払いで比較

比較項目楽天Car車買取MOTA車買取
支払い方法銀行口座への振込銀行口座への振込
支払い期日売却車両引き渡しと必要書類を提出後、7営業日以内平均3日~1週間で振込 ※買取店により異なる

買取代金の支払い方法は、両社とも口座への振込で、支払い期日も車両引き渡し後1週間程度以内と差はありません。

MOTA車買取は、買取店により多少支払期日が前後する可能性はあります。

なお、代金の支払いは、車両の引き渡しとともに必要書類一式も提出が必要です。

必要書類に不備があると支払いが遅れることになりますので、早めに準備しておきましょう。

「楽天Car車買取」はこんな方におすすめします

ご紹介してきた2社の比較から「楽天Car車買取」をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • 買取業者からの電話連絡や直接交渉は避けたい人
  • 車を売却することが決まっている人
  • 自分の車の中古車市場での価値を目の当たりに見たい人
  • 相場よりも高く売却したい人
  • 実車査定に時間をかけたくない人

「MOTA車買取」はこんな方におすすめします

ご紹介してきた2社の比較から「MOTA車買取」をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • 買取業者3社までの電話やメール連絡なら対応できる人
  • 連絡はメールだけにしてほしい人
  • 買取業者との交渉が苦にならない人
  • 労力と時間をかけずに売却したい人
  • 査定額次第では売却しない可能性もある人

まとめ

車買取で人気の2社「楽天Car車買取」と「MOTA車買取」の違いを5つの項目で比較してご紹介しました。

それぞれの特徴を理解したうえで、自分の愛車の売却にどちらを利用した方がいいのか、検討材料としてぜひお役立てください。

また、楽天Car車買取とMOTA車買取を比較検討される方は多いですが、全く新しい形の個人間車売買フリーマーケット「カババ」を利用候補として比較される方も少なくありません。

詳しくは以下の記事にまとめましたので、カババの利用も考えているという方はチェックしてみてください。

  • URLをコピーしました!
目次