「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取を5つの項目で比較

新しい形の車買取サービスとして人気の「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取を5つの項目で比較してみました。

愛車を売却する際に利用する車買取サービス事業者の「1.査定方式」「2.買取相場」「3.買取の流れ」「4.利用料」「5.買取代金の支払い」を徹底的に比較し、それぞれのメリットやデメリットが分かるように解説させていただきます。

愛車の売却にどの事業者を利用しようか悩んでいる方や、すでにこの2社のどちらかの利用を検討されている方は特に参考にしてみてください。

車好きオヤジブログのステマ規制への対応について

本コンテンツは車好きオヤジ及び車好きオヤジブログ編集部が独自に制作しております。文中のリンクにアフィリエイト広告を含むものがありますが、コンテンツの内容にメーカー等は一切関与しておりません。メーカー等から商品提供や内容の指示を受けたコンテンツには、「PR」と表記します。

目次

「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取を5つの項目で比較しました!

1.査定方式査定方式と参加企業数や最大査定数、電話連絡数について比較しています。
2.買取実績最新の買取価格例をピックアップして比較しています。
3.買取の流れ実際に利用した時の、買取の流れについて比較しています。
4.利用料利用時の査定料や手数料、キャンセル料について比較しています。
5.買取代金の支払い売却時の代金の支払い方法と期日について比較しています。

上記5つの項目で「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取を比較しています。

知りたい項目からチェックできるよう、クリックすればその項目にスクロールされます。

1.「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取を査定方式で比較!

比較項目ユーカーパック車買取ENG車買取
査定方式オークションへ出品電話による自社査定(実車確認あり)
参加企業数全国8,350社以上1社(ENGのみ)
査定最大申込社数オークション参加8,350社以上から
入札価格提示
1社(ENGのみ)
電話連絡数1社(ユーカーパックのみ)1社(ENGのみ)

「ユーカーパック車買取」の査定方式の特徴

「ユーカーパック車買取」では、カーオークションに出品するために「ユーカーパック」の提携査定員が訪問して査定してくれます。

査定員は車の外装や内装、機関の状態を査定アプリケーション(UIS)でチェックし、全てデータ化するとともに、オークション出品に必要な画像を撮影していきます。

査定員はあくまでも車の状態をデータ化し、撮影をするだけです。

その後、「ユーカーパック」の出品担当者から電話があるので、出品手続きの説明を受けるとともに、オークション出品の価格設定について相談することになります。

なお訪問による査定はこれ一回のみで、しかも買取業者から直接連絡が入ることはありません。

「ENG」車買取の査定方式の特徴

「ENG」車買取の査定方法は、大きな傷や事故歴がなければ電話でのヒアリングで査定額を算出してくれます。

そして売却時に車を持ち込んだ際、ヒアリング通りであることが確認できれば当初の査定額で売却することができます。

なお「ENG」車買取に直接売却することになるので、他の買取業者から電話連絡が入ることはありません。

2.「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取を買取実績で比較!

「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取について、実際の売買・買取実績に基づいて比較してみましょう。

「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取の買取実例

2社で公開されている実例の内、車種が同じもので、グレードと年式が同じものをピックアップしました。

「ENG」がトヨタ車の実例のみ公開しているので「トヨタ アルファードS Cパッケージ2020年式」と「トヨタ ヴェルファイアZ Gエディション2019年式」、「トヨタ ハリアー エレガンス2017年式」で比較してみます。

「ユーカーパック車買取」の買取例

画像引用:ユーカーパック

「ENG」車買取の買取例

画像引用:「ENG」車買取

2社の買取実例から分かること

「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取の買取実例を比較するには、車種名だけでなくグレードや年式、走行距離などが同じもので比較する必要があります。

「ユーカーパック車買取」では買取実績として車種名と買取価格に加え、グレードや年式、走行距離、買取時期などを公表しています。

しかし「ENG」車買取では、車種とグレード、年式、買取額だけしか紹介されておらず、さらに「トヨタ アルファード」と「トヨタ ヴェルファイア」、「トヨタ エスティマ」、「トヨタ ウィッシュ」、「トヨタ ハリアー」、「トヨタ ランドクルーザー」の6車種についてしか紹介されていません。

つまり走行距離と買取時期(何年落ちなのか)が明らかになっていないということです。

そのため正確な比較はできないものの、ある程度の傾向は読み取ることができるはずです。

「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取の実績を比較した場合、同車種の同グレードで、同年式であれば買取額にそれほど大きな差はないようです。

上記の例を見る限りでは、どちらも買取額は同程度ではないかと考えられます。

「ユーカーパック車買取」は相場より高額買取傾向

「ユーカーパック車買取」の買取実例で、赤枠白抜き文字の金額は相場価格と比較してどれだけ差があるのかを表示しています。

紹介した買取実例では、全ての例で相場価格より高額で落札されています。

これはつまり、「ユーカーパック車買取」では、全体に相場価格より高額で売却できている傾向があるということでしょう。

このような高額買取の背景には、「ユーカーパック車買取」は中間業者を介在せずに8,000店以上が参加する国内最大のカーオークションに直接出品しているからだと考えられます。

「ENG」車買取は条件さえ合えば高額買取

「ENG」車買取の買取価格が、相場価格より全体に高額で買取っている「ユーカーパック」と同程度であるなら、「ENG」の買取価格もまた高額買取の傾向があるといえます。

「ENG」が高額で買取できるのにはいくつかの理由があります。

・中間マージン不要

「ENG」は通常、カーオークションで車を購入していますが、直接車を持ち込むと、中間業者がカーオークションに持ち込む中間費用など不要になるため、その分高額で買取ってもらうことができます。

・買い取った車を海外へ輸出

「ENG」は買い取った車を国内で販売するではなく、主にマレーシアなど海外へ輸出しています。

海外では日本車に対する人気が高く、特にアルファードやヴェルファイアは人気があるため、これらの車を高額で買取れる理由になっているようです。

上記のことから、人気のトヨタ車であれば「ENG」で高額買取してもらえる可能性は高くなりますが、逆にアルファードやヴェルファイア以外はそれほど高額にならない可能性もあるということになります。

また、マレーシアに輸出するには条件があります。

マレーシアでは輸入規制が設けられており、新車登録から1年以上で5年未満の車しか輸入できなくなっています。

つまり新車登録1年以上、5年未満の車なら高額で買取ってもらえる可能性が高いということです。

したがって条件さえ揃っていれば、輸出車専門「ENG」車買取は高額での買取が期待できるわけです。

3.「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取を買取の流れで比較!

「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取の利用の流れについて比較してみましょう。

「ユーカーパック車買取」の申込から売却までの流れ

STEP
無料査定の申込

WEBフォームから売却する車の情報を入力して査定を申し込みます。

STEP
ユーカーパックによる査定

査定場所や日時を調整し、ユーカーパックの提携査定員が訪問。

外装や内装、機関などの状態を査定アプリでチェックし、データ化していくとともに、車の写真も撮影します。

STEP
ユーカーパック本社からの連絡

ユーカーパック本社スタッフから出品手続きや価格設定などについての電話が入ります。

STEP
車買取オークションへの出品

査定で得られた車の情報が車買取オークションで公開されますが、この際に公開されるのは車に関する情報のみで、個人情報は一切公開されません。

公開された車を買い取りたい業者が競ってオークションに入札していきます。

STEP
売却手続き

オークションで落札された場合、売却に必要な書類はユーカーパックに送付します。

車の引き渡しは、落札した買取業者が引き取りに来ます。

STEP
売却代金受け取り

売却代金は買取業者からユーカーパックに入金された後、振り込まれるので、代金が振り込まれないなどのトラブルがありません。

「ENG」車買取の申込から売却までの流れ

STEP
査定の申込

WEBフォームから売却する車の情報を入力して査定を申し込みます。

STEP
ヒアリング

「ENG」から電話連絡があり、入力内容の確認や車の状態の確認があります。

STEP
査定額の提示

ヒアリングが終われば、その場で査定額が提示されます。

査定額に納得すれば仮契約となります。

STEP
車両引き渡し

「ENG」に車を直接持ち込むか、近くに営業所がない場合は陸送となります。

STEP
売却代金受け取り

車両の引き渡しが完了後、最短のケースではその日の午後に売却代金が口座に入金されます。

2社の買取の流れの違い

「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取における流れの大きな違いは、「ユーカーパック車買取」が業者向けオークションに出品するのに対し、「ENG」は単純に「ENG」へ売却するという点です。

すなわち「ユーカーパック車買取」のオークションでは業者からの入札が殺到した場合、落札価格は売切価格よりも高くなる可能性がありますが、「ENG」では提示された査定額を承諾するかどうかだけになってしまいます。

ただし「ユーカーパック車買取」では実車査定が必要ですが、「ENG」では実車査定はなく、電話でのヒアリングで査定額が決まり、車を持ち込んだ際にヒアリング内容通りかどうかの確認があるだけです。

すなわち「ユーカーパック車買取」は査定から売却完了までに多少の手間と日数がかかりますが、「ENG」は手間や日数もそれほどかからず簡単に売却できてしまうという点も異なります。

4.「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取を利用料で比較!

比較項目ユーカーパック車買取ENG車買取
査定料無料
※査定日程決定後のキャンセルは不可
無料  
成約時手数料無料無料
キャンセル料査定日決定前までなら無料無料

2社を利用するにあたり、費用が発生するのかどうかについて比較しました。

査定料

「ユーカーパック車買取」、「ENG」車買取ともに、査定料は無料です。

ただし「ユーカーパック車買取」の場合、査定日が決まった後のキャンセルはできません。

成約時手数料

車の売買が成立した時の成約手数料は、「ユーカーパック車買取」、「ENG」車買取ともに無料です。

キャンセル料

「ユーカーパック車買取」の場合、実車査定日が決まった後のキャンセルはできず、しかも査定を受ければオークションに出品しなければなりませんので、キャンセルできるのは実車査定日を決める前までということになります。

ただし、キャンセル料は無料となります。

さらにオークションには売切価格(最低売却価格)を設定して出品しますが、入札価格がこの価格に達した場合には売却することが必須となります。

なお売却契約を締結した後のキャンセルはできません。

「ENG」車買取も、電話でのヒアリングで査定額に納得できなければ無料でキャンセルすることができます。

5.「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取を買取代金の支払いで比較!

比較項目ユーカーパック車買取ENG車買取
支払い方法銀行口座への振込銀行口座への振込
支払い期日約3日~10日営業以内最短で引渡し日の午後に振込

買取代金の支払い方法は、両社とも口座への振込となっています。

「ユーカーパック車買取」の場合は、車両引渡の完了と必要な書類の完備を確認後、約3日~10日営業以内に入金されます。

一方の「ENG」車買取は、最短で引渡し日の午後には振り込まれます。

「ユーカーパック車買取」はこんな方におすすめします

ご紹介してきた2社の比較から「ユーカーパック車買取」をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • オークション出品の方が高額買取につながりやすいと考える人
  • 買取業者と価格交渉するのは嫌だという人
  • 実際に車を査定して価値を判断してもらいたい人
  • 愛車はできれば日本国内で乗ってもらいたいと思う人
  • 買取業者からの直接入金より仲介企業経由の方が安心だという人

「ENG」車買取はこんな方におすすめします

ご紹介してきた2社の比較から、「ENG」車買取をおすすめするのは以下のような方だといえます。

  • アルファードやヴェルファイアを売却したい人
  • 新車登録から1年以上、5年未満の車を売却したい人
  • 電話でのヒアリングだけで価格が決まることに抵抗がない人
  • 海外に輸出されることに抵抗がない人
  • なるべく短期間に売却でき、入金も早い方が良い人

まとめ

「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取を5項目で比較してみました。

業者向けオークションへの出品と海外への輸出という違いはありますが、どちらも比較的高額で売却できることが読み取れました。

それぞれの特徴を理解したうえで、自分の愛車の売却にはどちらを利用した方がいいのか、検討材料としてぜひお役立てください。

また、「ユーカーパック車買取」と「ENG」車買取を比較される方も多いですが、ユーカーパック同様に中間業者を挟まずオオークションへ直接出品することで高値売却が期待できる、大手企業楽天グループ運営の「楽天Car車買取(旧:楽天Carオークション)」の利用を検討される方もいらっしゃいます。

詳しくは楽天Car車買取(旧:楽天Carオークション)とユーカーパック車買取を5つの項目で比較にまとめましたので、気になる方はチェックしてみてください。

  • URLをコピーしました!
目次