車のことをもっと知れば、もっと車を好きになれる

カーリース

定額カルモくんにはカーリースのデメリットをなくせるプランがある

カーリースのサブスクは今や多くの企業がリリースしており、利用者も年々増えつつあります。

カーリースは一度に大きな額の支払いをせずに、月々定額でクルマに乗ることができるので、非常に便利な利用方法だとの認識が広まってきたのでしょう。

その一方で、カーリースを利用するのに際し、デメリットとも受け止められかねないケースが注目されるようになってきました。

 

もちろんこれはカーリースの本質的な部分に起因することも多いのですが、定額カルモくんなら、このデメリットとも受け止められるケースをなくす方法、すなわちプランがあるのです。

 

カーリースのデメリットとも受け止められかねないケースとはどのようなもので、定額カルモくんのデメリットをなくすプランとはどんなものなのでしょう。

詳しくご説明しましょう。

 

デメリットになりかねない一般的なカーリースの特徴

カーリースのデメリットとも受け止められかねない、全てのケースを紹介しましょう。

 

基本的に契約満了後はクルマを返却しなければならない

カーリースはその名前の通り、クルマを借りるということですから、契約期間が満了するとクルマを返すことが前提になっています。

 

クルマは自分のものだと思うからこそ愛着も湧き、常にピカピカにしたり、ドレスアップやカスタマイズして、他の人と差別化したいと考える人が多いわけです。

クルマを返さなくてはいけないということは、自分のものではなく、借り物に乗っているとの意識が付きまとってしまうでしょう。

 

また気に入った車だからこそ選んだわけであり、長い間乗りたいと思っていても、返却しなければならないのは歓迎されにくいといえます。

 

契約期間中は解約できず、もしできても違約金が発生

カーリースのサブスクはクルマの車両本体価格とオプション、そして契約期間や残価設定額などから月額を算出しています。

そしてその月額で数年の間、クルマを借りるという内容で契約しているわけです。

 

そのため、もし契約期間が満了しないうちに契約を解約したいと申し出ても、それが認められるとは限りません。

契約していた期間の月額分がカーリース企業に入らなくなるのですから、当然でしょう。

 

また万が一、認められたとしても、契約内容を違えたということで違約金を支払わねば解約には至りません

 

走行距離制限が設けられている場合が多い

カーリースの支払額は、リース契約期間が満了した時点のクルマの価値(残価)を事前に想定し、その残価を車両価格から除くことで算出されています。

画像引用:安心、おトクなマイカーリース「マイカー賃貸カルモ」

残価を設定する際には平均的な距離を走行した場合を想定して設定しますが、走行距離が想定よりも伸びてしまうとクルマの残価は想定を下回ってしまいます。

このことを防ぐため、契約満了時にクルマを返却する契約の場合は、走行距離制限が設けられており、制限距離をオーバーすると1kmあたり幾らかの金額を支払わねばならない仕組みになっています。

 

走行距離制限があると、本来想定していたクルマの使い方以外の急な遠出など、気軽にクルマを使うことがしにくくなってしまいます。

 

クルマを返却する際には原状回復が基本

カーリースの契約期間が満了し、クルマを返却する際には、新車時と同様の原状回復が基本となります。

しかし返却に際して、例えばクルマを何かにぶつけ、凹んでいたり、傷が付いている場合にはきちんと修理しなければなりません。

 

またクルマをカスタマイズしていた場合には、カスタマイズパーツを取り外し、ノーマル状態に戻さなければなりません。

 

もちろんカーリースのクルマは借り物で返却するわけですから、これらのことは当然といえますが、それなりの費用も掛かってしまうため、面倒だと感じるケースもあるでしょう。

 

カーリースのデメリットをカバーできる定額カルモくんの特徴

上で紹介したカーリースのデメリットとも受け止められやすいケースは、定額カルモくんならカバーすることができます。

そんな定額カルモくんのプランの特徴についてご紹介します。

 

定額カルモくんには返却しなくていいプランもある

定額カルモくんには契約期間が満了しても、クルマを返却しなくてもいいプランがあります。

そのプランとは「もらえるオプション」です。

画像引用:安心、おトクなマイカーリース「マイカー賃貸カルモ」

「もらえるオプション」は、契約期間が7年以上の場合で、なおかつ月額にワンコインの500円を追加して支払うだけで、契約満了後にクルマをもらうことができるプランです。

 

「もらえるオプション」を契約時に申し込んでおけば、クルマはもう自分のものと同じですから、長く乗り続けることができます。

 

「もらえるオプション」ならキズやカスタマイズも問題なし

「もらえるオプション」にはクルマがもらえるだけではない、メリットもあります。

例えばクルマを返却しなければならない場合には、何かに擦ってしまいクルマにキズが付いてしまったら、返却時に修理費用が請求されます。

またクルマをカスタマイズしていたら、返却時には元の状態に戻さなければなりません。

しかし「もらえるオプション」に加入していれば、クルマを返却する必要がないので、キズが付いても修理費は請求されませんし、カスタマイズしてあっても元に戻す必要はありません。

「もらえるオプション」に加入すると、クルマはもう自分のものと同じように扱えるのです。

 

定額カルモくんは契約期間を自分で決められる

定額カルモくんの契約期間は最短1年、最長11年までの1年単位で、自分で決めることができます。

そのためクルマを利用したい期間やライフプランなどに合わせた契約期間にすることができるので、契約期間がそぐわなくて困ることもありません。

画像引用:安心、おトクなマイカーリース「マイカー賃貸カルモ」

 

自分で契約期間を決めると途中解約しなくて済む

カーリース契約を途中で解約するのは、契約期間があらかじめカーリース企業によって決められていることに起因しているケースが多くあります。

 

3年、5年、7年などの数パターンの契約期間があっても、これ以外の契約期間が設定できず、例えば4年契約をしたくてもできないのが実情です。

カーリースを申し込む人の中には期間限定でクルマを使いたい人も多く、自分の契約希望期間と実際の契約期間にギャップがあると、解約を申し出るしかなくなってしまいます。

 

つまり定額カルモくんなら自分で用途やライフプランに合わせて契約期間を決められるので、違約金を支払って解約する必要がなくなるのです。

 

定額カルモくんには走行距離制限がないプランがある

定額カルモくんにも走行距離制限が設けられているプランがありますが、その距離は1,500km/月となっており、クルマを普段の足として使うには十分な距離設定です。

 

さらに契約期間が7年以上の場合には、走行距離制限がなくなります

しかも別途オプション料金などは必要ありません。

つまり無料で走行距離制限を外すことができるというわけです。

 

走行距離制限がなくなるとクルマが気軽に使える

クルマは本来、日常の足となってくれるだけでなく、運転そのものを楽しんだり、自由に遠くまで出かけることもできるものです。

しかし走行距離制限が設けられていると、日常の足としての機能は果たしてくれるかもしれませんが、遠出をすることなどなしづらくなってしまいます。

 

定額カルモくんで7年以上の長期契約をすると走行距離制限がなくなるので、クルマを使うことに制約がなくなり、気軽に使えるようになります。

すなわちクルマのメリットを最大限生かせるようになるということです。

 

ただし、7年以上の長い契約期間ではクルマの保証はしてくれるのか、気になるところでしょう。

しかし定額カルモくんには自動車メーカーの保証が切れた後でも、同じ程度の保証を契約期間満了まで、もしくは10万㎞までしてもらえるメンテナンスプランが用意されています。

 

これならクルマが気軽に使えるうえ、長期間の契約でも安心できるはずです。


画像引用:安心、おトクなマイカーリース「マイカー賃貸カルモ」

まとめ

定額カルモくんのデメリットとも受け止められかねないケースを紹介するとともに、そのことをカバーできるプランが用意されていることをについてご説明しました。

 

定額カルモくんなら、カーリースにありがちなデメリットをしっかりカバーすることができます。

もしカーリースのデメリットが不安なのであれば、定額カルモくんでのカーリースを検討されてみてはいかがでしょうか。