コスモマイカーリースのライフスタイルに合わせられるプランと料金

家族でドライブ

近年増えてきたカーリースの中でも、コスモマイカーリースは特にプランの選択肢が多く、自分自身のライフスタイルに合わせてプランを組み合わせることができるのが特徴です。

コスモマイカーリースのライフスタイルに合わせられるプランとはどのようなものなのでしょうか。

また選択したプランによって、月額はどう変化するのでしょうか。

コスモマイカーリースの各種プラン内容と月額についてご説明しましょう。

車好きオヤジブログのステマ規制への対応について

本コンテンツは車好きオヤジ及び車好きオヤジブログ編集部が独自に制作しております。文中のリンクにアフィリエイト広告を含むものがありますが、コンテンツの内容にメーカー等は一切関与しておりません。メーカー等から商品提供や内容の指示を受けたコンテンツには、「PR」と表記します。

目次

コスモマイカーリースの組み合わせプラン

コスモマイカーリースはリースプランやメンテナンスパック、月間走行距離制限に加え、頭金やボーナス払いの有無、金額を自分自身で組み合わせることができます。

つまりリース料の月額はクルマの価格だけでなく、これらのプランの組み合わせによって変わってくるわけです。

コスモマイカーリース価格

画像引用:コスモマイカーリース

全てのプラン内容を一覧にすると以下のようになります。

リースプラン ・通常カーリースプラン
・車種限定3年リースプラン
・もらえる9年リースプラン
・めんくるパック
メンテナンスパック ・ホワイトパック
・シルバーパック
・ゴールドパック
走行距離制限プラン ・500km/月
・1,000km/月
・1,500km/月
頭金 ・0円
・10万円単位で設定可能
ボーナス払い ・0円
・夏冬の年2回、10万円単位で設定可能

各プランの概要

上記の各プランの内容を簡単に説明しておきましょう。

リースプラン

「通常カーリースプラン」
契約期間は36ケ月と60ケ月、84ケ月の3通りが用意されており、自分のライフプランに合わせた契約期間を選択することができます。
「車種限定3年リースプラン」
このプラン用に用意された車種を選択すれば、「通常カーリースプラン」の月額よりも低額で新車に乗ることができます。
「もらえる9年リースプラン」
契約期間は9年と長くなりますが、契約満了後にクルマをもらえるという付加価値のあるプランです。
「めんくるパック」
運転免許を持っていない人向けのリースプランで、自動車教習所の費用とカーリースの費用両方を含め、月額で契約できます。

メンテナンスパック

コスモマイカーリース選べる3つのプラン

画像引用:コスモマイカーリース

「ホワイトパック」
自動車税だけを含めた、最もベーシックなプランですが、要望すれば自賠責保険料や重量税を含めることも可能です。
なおこのホワイトパックを契約すると、ガソリン代が1ケ月100リッターまで1円引きとなります。
(2022年6月6日現在は2倍の2円引きになっています)
「シルバーパック」
ホワイトパックに比べ、クルマの車検や定期点検などが含まれているプランです。
車検整備費用や法定点検費用、定期点検費用に加え、自賠責保険料が込みになっています。
また車検関連費用が含まれるため、車検時に支払いが必要な自動車税や重量税も含まれています。
さらにクルマのメンテナンスに欠かせないエンジンオイル交換費用も含まれています。
なおこのシルバーパックを契約すると、ガソリン代が1ケ月100リッターまで3円引きとなります。
(2022年6月6日現在は2倍の6円引きになっています)
「ゴールドパック」
ゴールドパックは車検関連費用だけでなく、メンテナンスに掛かる費用全てが含まれているプランです。
つまりシルバーパックをより充実させたプランということになります。
メンテナンスに関しては、シルバーパックの内容に加えてタイヤ交換やブレーキパッド交換、バッテリー交換、ワイパーゴム交換、エアコンフィルター交換など、消耗品の交換費用までもが含まれています。
さらに走行中のトラブルなどに対応してもらえるロードサービスも付加されています。
なおゴールドパックで契約すると、ガソリン代が1ケ月100リッターまで5円引きとなります。
(2022年6月6日現在は2倍の10円引きになっています)

走行距離制限プラン

コスモマイカーリース選べる走行距離

画像引用:コスモマイカーリース

コスモマイカーリースの走行距離制限は月500kmと1,000km、1,500kmの3通りが用意されています。

クルマの月額は契約満了時のクルマの価値によって決まってくるため、走行距離が多くなるほどクルマの価値が下がることになり、支払う月額は高くなります。

すなわち月500kmの走行距離で契約した場合と、月1,500kmで契約した場合では、月500kmの方が契約満了後にクルマの価値は高くなるため、支払う月額も安く済みます。

ただし契約した走行距離をオーバーした場合には、契約満了時のクルマの価値が予定より下がってしまうため、追加費用を支払う必要があります。

頭金とボーナス払い

頭金とボーナス払いは、どちらも10万円から最大50万円まで、10万円単位で設定することができますが、これらを設定せずに全て月額に含めて支払うこともできます。

なお頭金とボーナス払いを設定すると、月額を抑えることができます。

プランは非常に多くの組み合わせパターンがある

コスモマイカーリースは上でご紹介した各種プランを組み合わせるようになっています。

リースプランのうち「通常カーリースプラン」だけでも契約期間が3通りあり、他にも「車種限定3年リースプラン」、「もらえる9年リースプラン」、「めんくるパック」があります。

さらにメンテナンスパックだけでも3通りある上に、走行距離制限プランも3通り用意されています。

単純に考えると、これだけでもプランの組み合わせパターンは54通りとなります。

さらに頭金も0円から10万円、20万円、30万円、40万円、50万円を選ぶことができ、ボーナス払いの設定も頭金と同様に選択することができます。

頭金とボーナス払いをパターンに組み合わせると、1,944通りにもなります。

これだけ多くのプラン組み合わせパターンが存在するということは、ご自分のライフスタイルに合わせた契約プランが見つかるはずだということでしょう。

またこれ程までに多くの契約プランが存在するカーリースは他にありません
 

「通常カーリースプラン」をベースに組み合わせた場合の月額例

ではコスモマイカーリースの月額は実際、プランの内容によってどの程度変わるのでしょうか。

前述したように、コスモマイカーリースの契約プランには非常に多くの組み合わせパターンがあり、とてもその全てをご紹介はできませんが、ベーシックな「通常カーリースプラン」を選択した場合、他のプランの組み合わせで月額がどう変化するかをご紹介しましょう。

例として、クルマはトヨタのアクア、グレードは最もベーシックなB 1500cc 2WD A/T 5ドア、車体色はスーパーホワイトⅡオプション無しを取り上げ、メンテナンスパックや走行距離制限を組み合わせることで月額がどう変化するのかをみていきましょう。

トヨタ アクア
画像引用:トヨタ

契約期間の変更による月額の変化

契約期間が最短の36ケ月の場合、60ケ月の場合、そして最長の84ケ月の場合で、月額はどう変化するのでしょうか。

なおメンテナンスパックはホワイトパック、走行距離制限は最短の500km/月頭金やボーナス払いは併用しない条件で比較してみます。

契約期間 36ケ月契約 60ケ月契約 84ケ月契約
月額 51,700円 37,840円 32,230円

これをみると分かるように、契約期間が長いほど月額は割安になっていきます。

だからといって36ケ月契約より、契約期間が長い84ケ月契約の方が有利かというと一概に言い切れない面もあります。

それは、クルマにはメンテナンスが必要であり、長く乗っているほどメンテナンスに費用が掛かってくるだけでなく、車検を受ける必要があるからです。

新車の車検は、初年度登録から3年で初回の車検を受ける必要があり、その後は2年毎に車検を受けなければなりません。

36ケ月契約の場合は、契約期間の満了と車検切れの時期が同じなので、車検費用は必要ありませんが、60ケ月契約の場合には契約期間中に1度車検を受けなければなりません。

また84ケ月契約なら契約期間中に2度車検を受ける必要があるわけです。

なお上記の月額はホワイトパックで見積り金額を算出していますので、メンテナンス関連費用や車検関連費用は含まれていません。

メンテナンスパックの変更による月額の変化

メンテナンスパックに「ホワイトパック」を選んだ場合や「シルバーパック」を選んだ場合、「ゴールドパック」を選んだ場合で、月額はどう変化するのでしょうか。

なお、走行距離制限は最短の500km/月頭金やボーナス払いは併用しない条件で比較してみます。

ホワイトパック シルバーパック ゴールドパック
36ケ月契約 51,700円 53,900円 57,200円
60ケ月契約 37,840円 40,480円 43,780円
84ケ月契約 32,330円 35,200円 38,500円

メンテナンスパックが変われば月額がどう変化するのか、契約期間別に表記しました。

こうやってみてみると、ホワイトパックとシルバーパック、ゴールドパックの月額がはっきりしたはずです。

特にメンテナンスや車検関連費用を含めたゴールドパックが、月額に換算するとそれほど高額にならずに契約できることは注目すべき点でしょう。

走行距離制限の変更による月額の変化

では走行距離制限を500km/月から1,000km/月にした場合、さらに1,500km/月にした場合では、月額はどう変化するのかみてみましょう。

この場合、頭金やボーナス払いは併用しない条件で比較してみます。

500km/月 1,000km/月 1,500km/月
36ケ月 ホワイトパック 51,700円 52,580円 53,240円
36ケ月 シルバーパック 53,900円 54,780円 55,660円
36ケ月 ゴールドパック 57,200円 58,080円 59,730円
60ケ月 ホワイトパック 37,840円 38,500円 38,830円
60ケ月 シルバーパック 40,480円 41,030円 41,690円
60ケ月 ゴールドパック 43,780円 44,330円 45,760円
84ケ月 ホワイトパック 32,330円 32,670円 32,890円
84ケ月 シルバーパック 35,200円 35,640円 36,080円
84ケ月 ゴールドパック 38,500円 38,940円 40,150円

走行距離制限は500km/月から1000km/月に変更したとしても、月額で1,000円以下の割り増し金額で済み、500km/月から1500km/月になっても月額2,000円以下の割り増しで済んでいることが分かるでしょう。

もちろんこの金額は例としているクルマがコンパクトカーのトヨタのアクアで、グレードは最もベーシックなB 1500cc 2WD A/T 5ドア、さらに何のオプションも追加していないことも反映されているでしょう。

クルマそのものがもっと高価な車種で、フルオプションであればこの程度の金額で収まるとは限りません。

ただ走行距離制限を無理に短いもので契約してしまい、実際の走行距離がオーバーしてしまった場合には、追加費用を支払わねばならないことを考えると、ご自身のクルマの使用目的などから的確な1ケ月あたりの走行距離を予想しておくのは重要なポイントといえるでしょう。

まとめ

コスモマイカーリースは色々なプランを組み合わせることができるため、ライフスタイルに合わせた契約内容にすることができること。

さらに契約内容を変えることによって月額がどう変化するのかについても、全てのプランではありませんが、一例としてご紹介しました。

コスモマイカーリースなら、きっとご自身のライフスタイルに沿った形のプランを作り上げることができるはずです。 参考になさってください。

  • URLをコピーしました!
目次