車のことをもっと知れば、もっと車を好きになれる

カーリース

コスモマイカーリースを上手く利用するためにデメリットも知っておこう

デメリット

コスモマイカーリースの契約プランは、ご自身のライフスタイルに沿った契約プランを組み合わせることができるのが大きな特徴であり、メリットでもあります。

月額を安くすることだけを考え、契約プランをご自身のクルマの使い方やライフスタイルとマッチしないものにしてしまうと、せっかくのメリットがデメリットにもなりかねません。

 

そこでコスモマイカーリースを利用するにあたり、デメリットにもなりかねないポイントについてご説明しましょう。

このポイントさえ理解して契約プランを組み合わせれば、コスモマイカーリースのメリットを最大限活用することができるはずです。

 

基本的にカーリースは契約期間中に解約できない

クルマを購入して所有しているとメンテナンスや車検、税金など、不定期な出費が発生します。

そのためクルマにかかる出費を予想し、それに備えておく必要があります。

 

一方、コスモマイカーリースは契約プランの内容にもよりますが、月々の支払い額を定額にできるため、支出に四苦八苦するということがなくなります。

つまり金銭的なやりくりが非常にやりやすくなるということです。

 

しかしコスモマイカーリースは、あくまでもクルマを借りる契約なので、自分で購入して所有するのと大きな違いがあります。

それは契約期間が満了する途中での解約はできないという点です。

 

リース契約が解約できない理由

契約期間を5年とした場合には、5年間は毎月定額を支払い続けなくてはなりません。

これはカーリースだけに限らず、事務機器のリースなどでも同様です。

リース企業は契約した期間が満了するまで月額を払い続けてもらうことを前提にし、リース料金を算出するとともに、自社の利益額も予定しているのです。

そのため途中で解約されてしまうと、リース契約の前提が崩れてしまうだけでなく、予定していた自社の利益額にも達しなくなってしまうので、リース契約は基本的に契約の途中解約はできないのが一般的です。

 

リース契約を途中で解約するなら違約金が必要

契約

一般的なリース契約が途中解約できないのと同様、コスモマイカーリースも契約期間途中での解約はできません。

しかしどうしても解約しなければならない事情があるのならば、約束を違えたということで、違約金を支払えば解約することは可能です。

 

違約金の額は契約の残り月数や月額、クルマの状態などによっても変わってくるので、一概に幾らとは説明できませんが、ある程度まとまった金額を支払わねばならないことを理解しておきましょう。

 

違約金を支払わなくても済むように

違約金とはその名の通り、約束を違えたことに対する補償的位置付けのものであり、リース企業にとっても、ご自身にとっても決して気持ちの良いものではありません。

 

違約金を支払わなくても済むようにするには、月額を安くすることだけに意識を向けるのではなく、ご自身のクルマの使い方やライフプランなどに沿った形の契約内容になっているか、じっくりと確認しておくことが重要です。

そうすることが、結果的に出費を抑えられるということを理解しておきましょう。

 

月間走行距離に制限がある

コスモマイカーリースには月間走行距離に3通りの制限プランが設けられています。

月500kmで年間にすると6,000km相当のプラン、月1,000kmで年間12,000km相当のプラン、月1,500kmで年間18,000km相当のプランです。

 

もちろん月500kmのプランの方が、月1,000kmや月1,500kmのプランより月額を安く抑えることができます。

ただし出費を抑えるために月額の最も安い月500kmのプランで契約した場合など、走行距離が契約よりオーバーしてしまった、つまり過走行になってしまった時には追加費用を支払わなければなりません。

 

どうして過走行で追加費用を支払う必要があるのか

どうして契約した月間走行距離をオーバーしてしまうと追加費用を支払わねばならないのでしょうか。

 

それは契約満了時のクルマの残価に関わってくるからです。

 

カーリースの料金は以下の画像のように、クルマの価格のうち値引き額と残価を差し引いた分、さらにメンテナンスや自動車税などの諸費用を合計して決められます。

コスモマイカーリース「カーリースの仕組み」

画像引用:コスモマイカーリース

 

残価、すなわち契約満了時のクルマの価値は、カーリースの契約期間と契約満了時の走行距離があらかじめ分かっていれば、クルマにどの程度の価値が残っているか想定することができます。

つまり残価が定まることで、リース料金も算出できるわけです。

 

しかしクルマの価値は年式や走行距離などによって変わってくるため、走行距離が予定より増えていると、価値すなわち残価が下がってしまいます。

残価が下がるということは、リース会社にとっては損失になるため、その分を契約者が補てんしなければならないということです。

 

過走行で追加費用を支払わなくて済むように

これまでクルマを所有していた人がコスモマイカーリースを契約する場合なら、1ケ月の走行距離はある程度分かるはずですから、その距離に合わせて走行距離プランを決めることができるでしょう。

 

しかし初めて自由になるクルマを手に入れる場合には、1ケ月の走行距離が予想できないかもしれません。

その場合は、クルマの用途を考えて走行距離を導き出しておくべきでしょう。

 

その例が下の画像です。

コスモマイカーリース「1ヶ月の走行距離算出例」

画像引用:コスモマイカーリース

 

画像の例では、クルマの用途を買い物と通勤、休日の行楽としており、1ケ月の走行距離は850kmと予想しています。

そのため月1,000kmの走行距離プランで契約すればおよそ150kmの余裕があるので、十分収まるはずです。

 

このようにクルマの用途から1ケ月の走行距離を予想する方法もあることを覚えておきましょう。

 

月額が安いメンテナンスパックほどクルマの知識と手間が必要

コスモマイカーリースにはメンテナンスパックとしてホワイトパックやシルバーパック、そしてゴールドパックの3種類が用意されています。

 

これらのメンテナンスパックの違いは、メンテナンスや車検、税金などを含めているかなどですが、含まれる内容によって月額も違います。

もちろん、多くを任せることができるメンテナンスパックの方が月額は高くなってしまいます。

 

しかし月額の安さだけでメンテナンスパックを決めてしまうと、メンテナンスや車検などはご自分で手配しなくてはならず、クルマの知識や経験がない人にとっては大変面倒になってしまう可能性があります。

 

3種類のメンテナンスパックにおける内容の違い

ではコスモマイカーリースに用意されている3種類のメンテナンスパックはどのように違うのでしょうか。

 

ホワイトパック

コスモマイカーリース「ホワイトパック」

画像引用:コスモマイカーリース

 

ホワイトパックはメンテナンスパックの中で月額が最も安いものの、メンテナンスや車検の費用などは一切含まれていないプランとなります。

 

シルバーパック

コスモマイカーリース「シルバーパック」

画像引用:コスモマイカーリース

 

シルバーパックには車検を受けるのに必要な整備や税金などは全て含まれていますが、一方で日常的なメンテナンスはごく簡単なものだけしか含まれていません。

なおシルバーパックには以下の内容が含まれています。

  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 車検整備費用
  • 法定点検費用
  • 定期点検費用
  • オイル交換費用

 

ゴールドパック

コスモマイカーリース「ゴールドパック」

画像引用:コスモマイカーリース

 

ゴールドパックは車検関連の整備や税金だけでなく、クルマに必要なメンテナンス全てが費用に含まれているプランです。

なおゴールドパックに含まれているのは以下の内容です。

  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 車検整備費用
  • 法定点検費用
  • 定期点検費用
  • オイル交換費用
  • タイヤ交換費用
  • ブレーキパッド交換費用
  • バッテリー交換費用
  • エアコンフィルター交換費用
  • ワイパーゴム交換費用
  • その他消耗品類交換費用

 

契約者にとっての各メンテナンスプランの意味

上で説明したように、各メンテナンスプランは内容が異なります。

では契約者にとって各プランの意味とはどのようなものなのでしょうか。

 

ホワイトパックの意味

月額が最も安いですが、日常的なメンテナンスや車検などの費用が一切含まれていないので、メンテナンスや車検に対しての知識や経験がなく、クルマをどこに持ち込めば良いのかも分からない人にとっては面倒なプランといえます。

そのため、初めて自由になるクルマを持つ人が契約するには難易度が高く、月額の安さだけに惹かれないようにする方が賢明でしょう。

 

一方、知識や経験がある人にとっては、クルマを整備する楽しみを得ることができるプランともいえます。

 

シルバーパックの意味

車検関連費用は全て含まれているので、月額はホワイトパックより高くなります。

エンジンオイル以外の日常的なメンテナンスは含まれていないため、クルマに関する知識があり、定期交換パーツなどを取り扱うカー用品店などについても知っているものの、車検は面倒だと考えている人にとっては魅力的なプランといえるでしょう。

 

一方、初めてクルマを持ち、知識がない人にはやや不安なプランかもしれません。

 

ゴールドパック

車検関連費用だけでなく、契約期間中に必要なメンテナンス費用が全て含まれているので、3種のメンテナンスプランの中でも月額は最も高くなります。

しかしゴールドパックを選択すると、ご自身はクルマに乗ること以外に意識を向ける必要がありません。

面倒な車検やメンテナンスのことを考える必要がなくなります

 

クルマのメンテナンスや車検などについての知識や経験がない方はもちろんですが、クルマの知識や経験があっても、面倒なことは任せてしまいたいと考えている方にはピッタリなプランといえます。

 

まとめ

コスモマイカーリースについて、契約内容を十分理解しておかなければデメリットにもなりかねないポイントについてご説明しました。

 

ご説明した内容は契約内容を理解していればデメリットではなく、むしろ特徴ともいえるポイントばかりです。

 

コスモマイカーリースでの契約を検討されているのであれば、十分理解したうえで契約するようにしましょう。