車のことをもっと知れば、もっと車を好きになれる

カーリース

リースナブルにはエリア限定ながら通りやすい審査がある

リースナブル自社リース

画像引用:リースナブル

カーリースを使ってクルマを契約するには、まず審査に通らなければなりません。

カーリースの場合は一般的に、審査をカーリース企業独自でおこなうのではなく、信販企業などが個人情報を基にして審査をおこない、カーリース企業はその結果に基づいて判断しています。

そのため、ひとつのカーリース企業の審査に通らなかった場合には、他のカーリース企業に申し込んでもやはり審査が通らない可能性があります。

 

しかしリースナブルには信販企業などに審査を依頼するケースと、地域限定ながらも自社独自で審査をおこなう自社リースの2種類が存在しており、自社リースなら「審査に落ちた・審査が不安な方も」安心審査で新車リースが可能だと謳っています。

 

そこでリースナブルの一般的な審査についてと、地域限定の自社リースの審査の違いなどについてご説明しましょう。

 

リースナブルを含めたカーリース企業の一般的な審査

カーリースは、契約者が契約期間内はリース費用を支払い、カーリース企業名からクルマを借りるというのが基本的な仕組みになっています。

リース費用を契約通りに支払ってもらえないと、カーリース企業は困ってしまうわけです。

 

契約者がきちんとリース費用を支払ってくれるのかどうかはカーリース企業にとって非常に大事であり、その契約者は信用できる人なのかを事前に判断する必要があります。

その判断材料が審査です。

 

では一般的な審査はどのようにおこなわれるのでしょうか。

 

以下の画像はリースナブルを運営している株式会社三和サービスの会社概要ページです。

会社概要の部分を赤枠で囲んでおきましたが、数社の信販・金融系企業と取引があることが分かります。

株式会社三和サービス会社概要

画像引用:株式会社三和サービス

 

主要取引先として記載されているうち信販・金融系企業は、㈱オリコ、㈱セディナ、㈱ジャックス、SBIクレジット㈱です。

つまりこれらの信販・金融系企業に依頼して審査をおこなっていることが推測されます。

 

一般的な審査のポイント

ではこれらの信販・金融系企業を通じておこなわれる一般的な審査のポイントとはどのようなものなのでしょうか。

1.安定した収入があるかどうか
契約者に安定した収入があるかどうかは非常に重要です。

収入が安定していないのに、リース費用を支払うことはできないと判断するからです。

また安定収入に関わることで、同じ職場である程度の期間働いているかどうかも重要なポイントです。

短期間で仕事を辞め、別の仕事を探すという人は、安定収入が見込めないと考えられるからです。

2.他の金融機関から大きな額を借りていないか
申し込み時点で、既に他の金融機関から多額のカードローンを借入していたり、リボ払いの総額が大きくなっている場合には、月々のリース費用を支払えないと判断されます。
3.個人の信用情報に問題はないか
信用情報とは、個人がクレジットやキャッシングなどを利用した場合の契約内容に加え、返済や支払いが期日通りに履行されたかどうかの状況などの事実が記載されているものです。

また自己破産をした場合にはその旨が記載されますし、スマホの利用料を長期間延滞している場合、電気・水道・ガス料金を未払いの場合にも、信用情報にそのことが記載されてしまいます。

もし信用情報に何らかの支払いが遅れていることが記載されてしまうと、数年間にわたるカーリース費用が支払ってもらえないと判断されてしまいます。

なお個人の信用情報はCIC(シー・アイ・シー)、JICC(日本信用情報機構)、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)で取り扱っており、これらに問い合わせすることで明らかになります。

4.年収から考慮して高額なクルマをリース希望していないか
上記の3つのポイントに加えて覚えておくべきなのが、年収から考慮して高額なクルマのリースを希望していないかという点です。

例えば年収200万円の人が、400万円以上の高額なクルマのリースを申し込むなどの場合です。

いくらリースナブルの月額が安いとはいえ、車両本体価格が高額なクルマはどうしても月額が高くなってしまいます。

年収が低いのに、高額な月額を支払い続けることは現実的ではないと受け止められるということです。

5.自宅が家賃の必要な賃貸か持ち家か
4の年収にも影響してくることですが、自宅が賃貸か持ち家かも審査に関係してきます。

賃貸の場合は家賃が必要になるため、年収と考慮して月額が払えないケースもあると受け止められてしまうわけです。

一方、自宅が持ち家の場合には家賃は必要ないので、好条件と受け止められます。

信販・金融系企業の審査に受からなかったらどうなるのか

REJECT

では信販・金融系企業を通じておこなわれる審査に受からなかった場合はどうなるのでしょうか。

もちろんこの場合はカーリースを利用することはできませんが、それだけでは済まないのです。

審査に受からないということは何らかの理由があるわけであり、信用情報側としては、受からない相応の理由があるにもかかわらず、数年間も月額を支払い続ける必要のあるカーリースを申し込んだことは、今以上に信用を失う行為であると認識します。

つまり、自分自身の経済状況を把握できていないと判断されるわけです。
そのためこの人物は今後も別の借金なり、ローンなりを申し込む可能性が高いため、カーリースの審査に受からなかったこと自体を記載します。

こうなると、他のカーリース企業に申し込んでも同様の審査がおこなわれているので、余計に審査が通りにくくなってしまいます。

リースナブルの自社リースの審査は通りやすいのか?

上で説明したのは一般的なカーリース企業やリースナブルの一般審査のケースです。

信販・金融系企業の審査は非常に厳格で、何らかの条件に抵触してしまう人には通ることが難しいといえます。
しかしリースナブルには本記事の冒頭画像にもあるように「東名阪エリア限定」ではあるものの自社リース、つまりリースナブル独自の審査システムを採用していることが分かります。

それゆえに公式サイトでは、審査の通りやすさだけでなく、審査そのものがスピーディーであることを謳っています。

リースナブル自社リース3つのポイント

画像引用:リースナブル

自社リース審査のポイント

ではリースナブルの自社リース、すなわち独自の審査システムとはどういうものなのでしょうか。

 

リースナブルは独自審査システムについて詳しく説明はしていませんが、公式サイトには「他社の審査で落ちた方や審査に不安がある方も、当社だけの審査システムで新車が購入できます」と記載しています。

また「独自審査だから手続きがスムーズ」とも記載されています。

 

これらから考えうることをご説明しましょう。

 

内部で信用情報を調べていることが考えられる

リースナブルが独自審査システムは「審査が通りやすい」と謳っていたとしても、誰にでも通しているはずはありません。

おそらく前述した信用情報(CICやJICCなど)に問い合わせはしているでしょう。

 

信用情報は手数料を支払えば簡単に、しかも短時間で調べることができますので、申し込み者の信用情報は把握できるはずです。

その信用情報を踏まえて、信販・金融系企業なら不可を出すケースでも、リースナブル内部の審査基準に適合していれば審査を通すということだと考えられます。

 

もちろんリースナブルの内部審査基準は不明ですが、「審査が通りやすい」と説明している以上は審査基準が信販・金融系企業よりもやや緩めではないかと想像できます。

 

内部で審査しているからこそスピーディー

通常、信販・金融系企業で審査する場合は信用情報に加えて、独自の審査もおこなうために多少時間がかかります。

しかしリースナブルの自社リース・独自審査システムが「スピード審査」であるというのは、信用情報を基準にしていながらも、基本はリースナブル内部でのやや緩めの判断を重視しているために短時間で済むということが考えられます。

 

審査が不安でも東名阪エリアの居住なら有利

審査が通りやすいと謳われているリースナブルの自社リースは、審査もスピーディーで、なおかつ審査が通りやすいようですが、日本全国どこに住んでいても適用されるものではありません。

あくまでも「東名阪エリア限定」で展開されているものです。

 

これはすなわち東名阪エリアに居住しており、なおかつ審査に不安がある人にとって、リースナブルの自社リースは非常に有利なものであるということです。

 

まとめ

リースナブルの審査には2種類あり、信販・金融系企業が審査するものと、リースナブルが独自で審査しているものがあることをご説明しました。

 

もし審査に不安があっても、東名阪エリアに居住されているのであれば、自社リースなら通る可能性は高いといえます。

 

また東名阪エリア以外に居住されている場合、現時点ではリースナブルの自社リースを利用することができず、信販・金融系企業の審査を受けなければならないことを理解しておいてください。