車のことをもっと知れば、もっと車を好きになれる

カーリース

KINTOなら月額のコミコミでレクサスの新車に乗れて上質なサービスも付属

KINTOレクサス
画像引用:KINTO

今人気のクルマのサブスクKINTOはトヨタ車だけにしか対応していないサービスだと思われがちですが、高級ブランドであるレクサスにも対応しています。

 

つまりKINTOを利用すると、レクサスの新車に定期的に乗り続けられるので、クルマがまだ新しいうちにまた新車に乗り換えることができるというわけです。

しかもレクサス車を購入した場合と同じように、レクサスオーナーズラウンジでのもてなしやコンシェルズサービス、安全サポートなども受けることができるので、レクサスならではの優越感と安心感を得ることができます。

 

KINTOを利用してレクサス車に乗るということについて、詳しくご説明しましょう。

 

KINTOの大きな特徴である月額に含まれるもの

KINTOの大きな特徴が、クルマの利用料が定額での月額制になっているということです。

すなわちクルマを購入する時のような高額な頭金は不要です。

この月額にはどんな費用が含まれているのか、簡単にご説明しておきましょう。

 

クルマの本体およびオプションの利用料

KINTOの月額には、クルマ本体に加えて装着したオプションに対する利用料金が含まれています。

そのため、オプション内容によって月額も変わってくることになります。

ただしレクサス車の場合、カーナビやETCはメーカー標準装備となるため、それ以外のオプション内容が月額に影響してきます。

 

税金や登録に関する諸費用一式

クルマを購入した時に必要となる自動車税や重量税などに加え、登録時にかかる全ての費用が月額に含まれています。

 

全ての自動車保険

KINTOの月額には、自賠責保険と任意保険の保険料が含まれています。

任意保険は対人・対物・搭乗者だけでなく、車両保険も対象となっていますので、万が一の際でも安心です。

契約期間中のメンテナンス費用

クルマに必要な定期点検や法定点検だけでなく、エンジンオイルやオイルフィルター、ワイパーゴム、エアコンフィルターなどを定期的に交換するメンテナンス費用が月額には含まれています。

 

また万が一、故障した際の修理費だけでなく、その間に必要な代車費用なども全て月額に含まれていますので、急な出費を余儀なくされることはありません。

 

なお、KINTOでのレクサス契約は3年間の契約期間に限定されるため、車検の費用は月額に含まれていません。

 

レクサス車でKINTOを利用する意味とは

KINTO for LEXUS

画像引用:KINTO

 

日本の高級車であるレクサス車を、KINTOを使って乗る意味とはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

 

高級車レクサスの新車に定期的に乗り換えられる

レクサスは高級車ですが、長く乗り続けているとデザインや外装などに古さを感じるようになってきます。

高級車だからこそ、新しいモデルには付加価値があり、特別感も感じられるはずです。

 

KINTOのサービスである「KINTO for LEXUS」は、2022年4月10日時点では3年間の契約期間に限定されているため、3年毎に新車に乗り換えることになります。

3年経てば新しいモデルも登場する可能性が高く、乗り換える度に特別感のある新しいモデルに乗ることもできるわけです。

 

メンテナンスなどが楽

クルマを購入すると、定期点検やオイル交換などクルマのメンテナンス作業などを自分自身で全て手配しなければなりません。

KINTOを利用すればレクサスの正規販売店から連絡があるので、これらのメンテナンスなどは信頼できるメカニックに全て任せることができるだけでなく、自分で管理・手配する手間がなくなり、非常に楽になります。

 

クルマに関する毎月の出費額が予想できる

クルマには消耗品類が多く使われているため、メンテナンスは欠かせませんし、万が一の故障の際にも、修理費が必要になってきます。

さらに任意保険料は毎年支払わねばならず、法定点検も受けなければならないなど、クルマを購入すると不意の出費が増えてしまいます。

つまり毎月のクルマに関する出費額が読めなくなってしまうわけです。

 

しかしKINTOを利用すると、これらのクルマの維持に関する費用は全てコミコミで、しかも月額制ですから、毎月どれだけの費用がクルマにかかるかを予想することができ、不意の出費に苦労することがなくなります。

 

法人や個人事業主なら経費処理がしやすい

法人や個人事業主がクルマを購入して経費処理をする場合、購入したクルマは固定資産となってしまい、購入費用の全額をその年の経費として計上することはできません。

購入したクルマの耐用年数に応じて購入費用を年毎に分割し、その額だけを毎年経費として計上することになります。

すなわち減価償却が必要になるということです。

 

さらにローンを使ってしまうと、金融機関から借入金と同じとみなされてしまい、事業資金の借入枠にも影響してくることがあります。

 

一方、法人や個人事業主がKINTOを利用してレクサスを契約した場合、クルマの所有者はKINTOになるため、固定資産とはみなされず、減価償却する必要がなくなります。

またKINTOの月額には保険料やメンテナンス費用など、クルマを維持するのに必要な費用の全てが含まれているため、月額をそのまま経費として計上すれば済み、経費処理が非常に楽になります。

 

さらに金融機関から借入金とみなされないので、事業資金の融資枠に影響することも有りません。

 

レクサスの上質なサービスも受けられる

上質なサービス

レクサスにはオーナーに向けた様々なサービスが充実していることが知られていますが、KINTOを使ってレクサス車を契約した場合でも、購入と変わらないサービスを受けることができます。

 

例えばレクサス専用のサービスである「レクサスオーナーズデスク」は、快適なドライブのために専属コミュニケーターがサポートしてくれるサービスで、ホテルや飲食店の予約やクルマがトラブルを起こした場合のサポートに加え、カーナビの設定等についてもサポートしてもらえます。

ドライブ時の不安を感じることがありません。

 

またレクサス販売店に併設された「レクサスオーナーズラウンジ」も利用でき、上質で落ち着いた雰囲気に包まれて、無料のドリンクやお菓子などを楽しむことができます。

 

他にもレクサス販売店に、営業時間内なら何時間でも無料で駐車できる「お車お預かりサービス」などもあり、まさにレクサスの特別感を感じさせてくれる上質なサービスが充実しています。

KINTO for LEXUSの取り扱い車種と契約プランについて

KINTOでレクサス車を契約するKINTO for LEXUSについて、現時点での取り扱い車種や契約プランなどについてご説明しましょう。

 

現時点でのKINTO取り扱いレクサス車

2022年4月10日現在、新型コロナなどの影響もあり、半導体などクルマに必要な部品供給が十分ではなく、レクサス車の生産体制が不安定になっています。

そのため、現時点でKINTO for LEXUSで取り扱っているレクサス車は以下の画像のように、RXRXモデリスタ仕様RCの3車種に限定されています。

KINTOレクサス3車種
画像引用:KINTO

 

またこの3車種も納車に時間がかかり、RXやRXモデリスタ仕様でおよそ5ケ月、RCの場合はガソリン車でおよそ6ケ月、ハイブリッドでは6.5ケ月掛かるものと予想されています。

 

ただし今後、部品が十分に入手できるようになれば、KINTOでの取り扱いレクサス車の種類は増え、納期も短縮されるはずです。

 

契約プラン内容について

KINTOでレクサス車を契約する場合、トヨタ車を契約するのと若干契約内容が異なります。

そこでレクサス車をKINTOで契約する場合のプランのポイントについて、ご説明しましょう。

 

なおKINTOでレクサス車に対応する契約形態として、以前は「KINTO ONE」と「KINTO FLEX」の2つのプランがありましたが、「KINTO FLEX」は2021年4月1日で新規申し込みの受付は終了しており、現在は「KINTO ONE」だけとなります。

KINTO FLEX新規申込受付終了のお知らせ
画像引用:KINTO

そのため、以下では「KINTO ONE」の契約内容についてご説明します。

 

レクサス車の契約プランは初期費用フリープランのみ

KINTOの契約プランには「初期費用フリープラン」と「解約金フリープラン」の2種類がありますが、レクサス車には「初期費用フリープラン」のみの対応となります。

 

「初期費用フリープラン」とは頭金などの初期費用が一切必要なく、決まった月額のみを支払うだけでクルマに乗れるというプランです。

 

レクサス車は高級車であり、車両価格も高額になります。

自動車ローンを使用すると、高額車両はどうしても頭金が多く必要になりますが、初期費用フリープランなら月々の月額のみでレクサス車に乗ることができます。

 

レクサス車の契約期間は3年のみ

トヨタ車でKINTOの「初期費用フリープラン」を契約する場合、契約期間は3年、5年、7年のうち、どれかを選ぶことができますが、レクサス車の「初期費用フリープラン」の契約期間は3年間に限定されています。

 

すなわち3年より長い期間で契約することはできないということになります。

 

ボーナス併用払いについて

レクサス車の場合の契約期間は3年に限定されているため、どうしても月額が高額になってしまいます。

月額を少しでも抑えたい場合には、ボーナス併用払いも利用することができます。

 

ボーナス併用払いは、毎年1月と7月の年2回、ボーナス額を月額に加算して支払う契約形態です。

レクサス車の契約期間は3年ですから、合計6回のボーナス加算があるということです。

なおボーナス加算額は55,000円(税込み)、110,000円(税込み)、165,000円(税込み)の中から選ぶことができます。

 

ただし法人として契約する場合には、ボーナス併用払いは利用できません。

 

契約を中途で解約する場合の解約金

KINTOでレクサス車を契約した場合には3年契約となりますが、その契約期間中に契約を解除したい場合は、中途解約金を支払うことで解約することができます。

 

契約満了後の選択肢として

3年間の契約期間が満了した後の選択肢としては、新たなクルマで契約し直すか、これまで契約していたレクサス車を返却して手続きを完了させるかになります。

 

レクサス車の契約内容一覧表

上でご説明した内容を一覧表にまとめると、以下のようになります。

契約プラン初期費用フリープランのみ
契約期間3年のみ
ボーナス併用払い年2回の6回
5.5万円、11万円、16.5万円から選択
契約期間中の解約中途解約金が必要
契約満了時新たなクルマでの契約、クルマの返却

 

KINTOと購入の場合での支払総額と月額を比較

実際にKINTOを利用してレクサス車を契約した場合と、購入した場合とで支払総額や月々の支払額にどの程度の差があるかをご紹介しましょう。

 

基準とするクルマはレクサスRX300 “F SPORT” 2WDで、契約者に年齢制限を設けず、KINTOを利用した場合、現金一括で購入した場合、自動車ローンを組んで支払った場合とを比較します。

LEXUS

画像引用:LEXUS

KINTO利用の場合現金一括購入の場合自動車ローンの場合
※均等36回、年利5%
車両価格月額に含まれる6,243,860円6,243,860円
税金および諸費用233,160円233,160円
任意保険料

メンテナンス費

1,354,980円1,354,980円
分割手数料492,945円
3年後下取り価格2,809,737円2,809,737円
総支払額3,762,000円5,022,263円5,515,208円
月額に換算
※KINTOとの差額
104,500円139,507円
※+35,007円
初回 153,208円
※+48,708円
2回目以降 153,200円
※+48,700円

引用:KINTO

上の表の「現金一括払い」と「自動車ローン」の総支払額は、KINTOの契約期間に合わせて、3年後の下取り額を差し引いた金額です。

この表の月額換算金額をみると、レクサスに乗るならKINTOが有利な方法であることが理解いただけるはずです。

 

まとめ

レクサス車を、KINTOを使って乗ることがいかに有利なのか、KINTO for LEXUSの月額についてやKINTOを使う意味、さらにレクサス車の特別感を感じられるサービスなどについてもご説明しました。

 

レクサス車は国産車の中でも特別なブランドのクルマです。

その特別なクルマに月々定額で乗れることは、クルマが好きな人にとって最高の喜びにつながるのではないでしょうか。