車のことをもっと知れば、もっと車を好きになれる

カーリース

ニコノリの中古車リースなら走行距離制限がなくメンテナンスも安心

ニコノリの中古車リースなら走行距離制限がなくメンテナンスも安心

画像引用:定額ニコノリパック

 

ニコノリの評判や口コミについてご紹介した記事「ニコノリの評判や口コミから見えてくる特徴とは」では、ニコノリが事業展開している新車リースについてご説明しました。

 

しかしニコノリが事業展開しているのは新車リースだけではありません。

中古車リースも展開しています。

 

中古車は新車登録されてから年数も経ち、走行距離もある程度あるので、新車と比べると故障の不安を感じる方も多いでしょう。

しかしニコノリの中古車リースならメンテナンスも充実しているので、万が一の故障にも素早く対応してもらえます。

しかも新車リースにあったような走行距離制限がないので、自由に乗ることができ、さらに契約期間が満了すればクルマをもらうこともできるのです。

 

新車リースでは実現できない要素が多くあるのがニコノリ中古車リースです。

 

ニコノリ中古車リースについて、詳しくご説明しましょう。

 

ニコノリの新車リースではなく中古車リースを利用する意味とは

ニコノリには新車リースもありますが、あえて中古車リースを利用する意味とはどのようなものなのでしょうか。

 

月額が新車リースよりも安く抑えられる

中古車は新車よりも車両価格が安くなるため、一般的に新車リースよりも月額を抑えることができます。

 

クルマに乗るための費用をなるべく抑えたいと考えている人にとっては有意義なものといえます。

 

納車が早い

新型コロナウイルスやロシアのウクライナ侵攻などの影響により、新車の製造が遅れがちで、納車時期もどんどん遅れてきています。

たとえ新車リースを申し込んでも納車されるのが数ケ月後というケースも多く見受けられますが、中古車リースの場合は既にクルマがあるのですから、手続きさえ済んでしまえばすぐに納車されます。

 

短期契約も可能

ニコノリ中古車リースの契約年数は1年から7年の間、1年単位で任意に選ぶことができます。

何らかの事情で短期間だけクルマが必要になる場合など、ご自分の都合に合わせてリース契約期間を設定することができるわけです。

ただしクルマの初年度登録によっては最大契約年数が変わることがあります。

 

中古車だからこそクルマの状態を把握すべき

中古車は同じ車種であったとしても、状態は一台一台異なります。

走行距離はもちろんですが、内装の状態やボディに付いた小傷の状態などもそれぞれ違うはずです。

 

ニコノリ中古車リースでは、取扱車両の状態がはっきりと分かるように情報が記載されています。

初年度登録や車検満了日、走行距離などの明記はもちろんですが、ボディ全体だけでなく運転席周りなどの画像も掲載しています。

また画像だけでは分からない小傷などは評価書に全て書き込まれており、細部の状態まで把握できるようになっています。

 

下の画像は、本記事執筆時に掲載されていた2017年式TOYOTAアクア クロスオーバーの評価書です。

ボディのどこにどんな傷が付いているかが書き込まれています。

ニコノリ中古車リース

画像引用:定額ニコノリパック

 

ここまで細かく表示されていると、クルマのことをあまりよく知らない人が現車確認するよりも分かりやすく、安心してクルマを選ぶことができるはずです。

 

ニコノリ中古車リースの大きな特徴は残価設定0円

新車リースとニコノリ中古車リースとの大きな違いが残価設定です。

 

残価とはリース契約期間が満了した時のクルマの価値のことですが、新車リースの場合は契約満了後の残価が必ず設定されています。

この残価より価値が下がってしまうクルマの使い方をしてしまうと、下がった価値の分だけ補償しなくてはなりません。

 

クルマの価値が残価よりも下がってしまう主な原因となるのが、走行距離制限をオーバーして乗ってしまうことです。

そのため新車リースでは走行距離制限を超えてしまうと別途費用を支払わねばならないわけです。

 

しかしニコノリ中古車リースの場合、残価設定は0円、つまり残価の設定をしないということです。

これにより、ニコノリ中古車リースは以下のような特徴を持つことになります。

 

走行距離制限がない

ニコノリ中古車リースで契約したクルマには走行距離制限が設けられていません

好きなだけ乗ることができますので、近場はもちろんですが、遠距離も自由に乗っていくことができます。

 

基本契約満了後にクルマをもらえる

ニコノリ 中古車リースの契約満了時

画像引用:定額ニコノリパック

 

残価設定が0円とは、基本契約満了時まで月額を支払い続ける場合、メンテナンス料金などを別にして、クルマの車両価格を分割して支払うのと同じ意味となります。

 

つまりニコノリ中古車リースの基本契約が満了すると、そのクルマを購入したのと同じことになり、名義変更手数料や自賠責保険、任意保険などは別途必要になるものの、契約していたクルマをもらえるのです。

 

契約満了後にクルマが不要なのであれば、返却することも可能です。

 

安心して乗れる充実したメンテナンスプラン

中古車は新車に比べて価格はリーズナブルではあるものの、登録されてから数年間経過しており、ある程度の距離を走行しています。

新車時に比べるとメカトラブルが起きやすいのではないかと不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

このような不安に対してニコノリ中古車リースでは、全てのクルマに「とことんプロテクション」と名付けられた保証サービスを1年分付帯しています。

つまりこの保証サービスを受けられるからこそ、中古車リースを選んでも故障などに対する不安が大幅に軽減されるわけです。

なお「とことんプロテクション」は、オプションで期間を延長することも可能です。

 

とことんプロテクションの内容とは

ではこの「とことんプロテクション」の内容とはどのようなものなのでしょうか。

 

故障個所が保証対象範囲なら何度修理しても無料

ニコノリ中古車リースで契約したクルマが故障し、その故障個所が保証の対象範囲であれば、何度でも無料で修理してもらうことができます。

 

ただし修理費用には上限があり、契約したクルマの車両本体価格が上限となります。

また契約車両の本体価格が50万円以下だった場合、修理費用の上限は50万円となります。

ニコノリ「とことんプロテクション」

画像引用:定額ニコノリパック

 

保証してもらえる対象の範囲は406項目もある

ニコノリ中古車リースの「とことんプロテクション」が保証してくれる対象範囲は、なんと406項目にもわたります。

 

以下がその対象範囲の一覧ですが、エンジン関係、駆動系、電装系など、ほぼ全てを網羅していることがお分かりいただけるでしょう。

ニコノリ「とことんプロテクション」保証範囲

画像引用:定額ニコノリパック

 

どんなに走行距離が伸びても保証してくれる

ニコノリ中古車リースで契約したクルマには走行距離制限がありません。

どれだけの距離を乗ろうが追加費用を支払う必要がないのですが、「とことんプロテクション」においても走行距離制限はありません

 

走行距離が伸びるとメカトラブルが起きる確率は高くなりますが、そんな場合でも「とことんプロテクション」の保証期間内であれば、対象範囲のトラブルは無料で修理してもらえるわけです。

 

365日24時間対応してくれるロードサービスが付帯

メカトラブルが出先で起きてしまうと非常に厄介ですが、「とことんプロテクション」には365日24時間対応してくれるロードサービスが付帯していますので、万が一の際にも安心です。

ニコノリ「とことんプロテクション」ロードサービス

画像引用:定額ニコノリパック

 

最大3年まで延長できる「とことんプロテクション」

上記のような安心して中古車リースを利用できる「とことんプロテクション」が、ニコノリ中古車リースの契約車両には1年間付帯していますが、有料オプションを付けると最大3年間に延長することができます。

ニコノリ「とことんプロテクション」延長期間

画像引用:定額ニコノリパック

 

ニコノリ中古車リースはオンラインと郵送で完結可能

ニコノリ中古車リースはオンラインと郵送で全ての契約を完結させることができます。

 

相談や問い合わせ、見積り依頼などは、電話・メール・LINEで対応しており、365日9時から19時まで受け付けてくれます。

もちろんプラン内容やオプションなどについても相談することができますので、不安に感じることはないでしょう。

 

作成された見積り内容に納得できたなら、契約に移行します。

契約に必要な書類が郵送されてきますので、署名・捺印をして返送します。

 

全ての手続きや準備が完了すれば納車となり、自宅近く、もしくはニコノリの店舗で納車してもらえます。

 

まとめ

ニコノリ中古車リースについて特徴的なことをご説明しました。

中古車をリースするという状況にマッチするよう、新車のリースとは違う配慮が細かくされていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

月額は押さえたいが、中古車リースを選んでメカトラブルが多いのは面倒だから、月額が高いけれども新車リースにするしかないかとお考えであれば、ニコノリ中古車リースを検討されてみればいかがでしょうか。

 

きっと満足できるカーライフになるはずです。