車のことをもっと知れば、もっと車を好きになれる

クリーニング

キイロビンの効果は油膜落としだけじゃない

キイロビンゴールド

以前の記事「フロントガラスの油膜取りにはキイロビンよりキイロビンゴールド」でご紹介したように、現在私自身はフロントガラスの油膜取りにキイロビンゴールドを使っています。

 

ゴールド版がなかった昔は、オーソドックスなキイロビンを使っていたので、このシリーズはかなり長く使っていることになります。

キイロビンシリーズの油膜落とし効果は本当に抜群です。

 

ところでこのキイロビンシリーズですが、効果は油膜落としだけではないことをご存知でしょうか。

 

キイロビンシリーズを使ったことのあるユーザーなら体感しているはずですが、細かなワイパー傷を消してくれ、さらにはガラスのくすみまで取れてクリア度を上げることもできるのです。

 

多くの人はクルマをキレイにする際、ボディは洗車して、コーティング剤やワックスなどで艶々にしますが、面積の大きなフロントガラスはカーシャンプーで洗うだけで済ましているのが実情でしょう。

 

フロントガラスのワイパー傷を消し、クリア度を上げれば、外観だけでなく運転していても非常に気分が良いものです。

キイロビンの傷消し効果についてご説明しましょう。

 

雨の日のフロントガラスは非常に過酷な状況

クルマのガラスの中でも、フロントガラスは最も過酷な状況にさらされています。

 

晴れている日には、前走車に跳ね上げられた飛び石や路面の砂などがまともにぶつかってきます。

 

また雨の日は、ボディに塗布されていたワックスやコーティング剤などが流れ落ちてくるだけでなく、路面の雨水に漂っている油やシリコン成分、さらには路面の砂なども雨水と一緒に跳ね上げられ、フロントガラスに付着してしまいます。

 

そしてこれらが付着した状態のままワイパーが動かされるわけです。

油やシリコンはフロントガラス上で塗り広げられ、そのうえ砂で擦り付けられることになってしまいます。

 

クルマのフロントガラスが、いかに過酷な状態なのかがお分かりいただけるでしょう。

 

フロントガラスには細かな傷がいっぱい

前述したように、クルマのフロントガラスは非常に過酷な状態に置かれています。

 

晴れた日は飛んでくる砂をまともに受けてしまうため、フロントガラス全面は傷ついてしまい、次第にくすんできます。

また雨の日に路面の砂が雨水と共に跳ね上げられ、フロントガラスに砂が付着した状態でワイパーを動かすのは、ヤスリでガラス面を擦っているのと同じ状態です。

かといって雨が降っているのですから、ワイパーを動かさないわけにもいきません。

 

これらのことからクルマのフロントガラスには目視できないほどの細かな傷だけでなく、ワイパーの可動範囲にはワイパーの軌跡に沿って傷が付いてしまうのです。

この傷は運転席に座っていると気が付かないことも多いですが、車外からフロントガラスを、角度をズラしながらみていくと、傷跡が見事にワイパーの軌跡通りについていることが分かります。

 

クルマのボディをしっかり手入れし、ピカピカになっていても、フロントガラスにワイパー傷があると、それだけでクルマが手入れ不足のくたびれたものに感じてしまいます。

ワイパーでキレイにならないフロントガラス

 

傷が付くとワイパーが拭き取りにくくなる

フロントガラスにワイパー傷が付いてしまうことは、クルマにくたびれ感がでてしまうだけではありません。

 

ガラス面に傷が付いてしまうと、たとえワイパーブレードを新しいものに交換したとしても、傷の部分は拭き取りにくくなってしまいます。

つまり、スジが残りやすくなってしまうのです。

これではせっかくワイパーブレードを交換しても意味がありません。

 

もしワイパーブレードを交換しても拭き取りが悪く、スジが残ってしまうのなら、ガラス面にワイパー傷が付いている可能性があります。

つまり、ワイパーブレードはまだ劣化しておらず、フロントガラス側に問題があったのかもしれないということです。

 

キイロビンなら細かな傷も消してくれる

キイロビンは酸化セリウムが配合された、ガラス表面の研磨剤です。

この酸化セリウムがガラスの表面に対して化学的作用をもたらしてくれるので、物理的な研磨だけでなく、化学的にも研磨でき、研磨の効率性を高めてくれます。

 

そのためフロントガラスの油膜を落とすだけでなく、くすみやワイパー傷までキレイにできるのです。

 

飛び石などでできた深い傷は消すことはできませんが、ワイパー傷をはじめ、気が付かなかった細かな傷やガラス面のくすみ程度ならキレイに消してくれます。

キイロビンを施工すると、まるでフロントガラスを新しいものに交換したかのように、透明度が上がったことを実感するはずです。

 

このことは、過去に1度でもキイロビンを使ったことがある人なら分かるでしょう。

 

フロントガラスの傷消しのために重要なこと

キイロビンでフロントガラスの小傷を消す際に重要なことについてご説明しましょう。

キイロビンの施工方法そのものは、油膜取りを目的とした場合と変わりありませんが、小傷を消すとともに、新たな小傷を極力付けないようにするポイントをご説明しましょう。

 

施行はガラスをキレイにしてから

フロントガラスの洗浄

 

キイロビンの施工は、スポンジでフロントガラスを擦る作業になります。

そのためフロントガラスに砂などが付着した状態で施工すると、傷を消すどころか、傷を増やすことにもなってしまいます。

 

キイロビンを施工する際には事前にカーシャンプーなどで洗うなど、必ずガラス面をキレイにしてから施行するようにしましょう。

 

キイロビンの施工は定期的に

フロントガラスの傷は非常に小さなものが多く、飛び石やワイパー傷以外は、傷跡を探してもはっきり分からない場合がほとんどです。

しかしクルマを走らせていると、傷は確実に増えていきます。

 

ワイパー傷も短期間ではそれほど目立ちませんが、少しずつ目立つようになってきます。

 

そのため油膜が付いていなくても、洗車の際など定期的にキイロビンを施行するべきでしょう。

そうすればフロントガラスを常にクリアに保てるはずです。

 

洗車時にはワイパーゴムの汚れも落とそう

フロントガラスの小傷は、砂などによるものがほとんどで、ワイパー傷はフロントガラスに砂などが付着した状態で、ワイパーを動かさざるを得ないためについたものです。

つまりワイパーゴムにも砂が付着しているわけです。

 

せっかくキイロビンでフロントガラスの小傷を消したのに、ワイパーゴムに砂が付いたままだと、ワイパーを動かしただけですぐに傷が付いてしまいます。

 

このことを防ぐためにも、洗車時にはワイパーゴムに付着した汚れも一緒に掃除するようにしましょう。

なおワイパーゴムの掃除については、過去の記事「ワイパーゴムだって時々は掃除してやりたい」を参考にしてください。

 

まとめ

クルマのフロントガラスには想像以上に小傷が付いています。

昔、初めてキイロビンを使った時には、これほどキレイになるものかと驚いたと同時に、こんなに傷が付いていたのかと衝撃を受けた記憶があります。

 

フロントガラスがクリアになると、クルマの運転が今まで以上に楽しくなります。

是非キイロビンの傷消し効果を体感してみてください。