車のことをもっと知れば、もっと車を好きになれる

クリーニング

雨の日の洗車が効果的なケースとは

雨中の車での走行

クルマの洗車は普通、天気の良い日つまり雨が降っていない時にするのが一般的です。

そのため雨が続く梅雨の季節にクルマが汚れているとモヤモヤしてしまいます。

 

しかし中古車販売業者などが、展示してあるクルマを雨の降っている中、洗車しているのを見かけたことはありませんか?

 

中古車販売業者は、クルマを少しでもキレイにしておかなければならない商売で、しかも多くの台数を展示しているため、キレイさを保持するのも大変なはずです。

中古車販売業者が雨の日に洗車しているのは、少しでも楽にクルマをキレイにできるからなのです。

 

では一般のカーオーナーが中古車販売業者と同じように雨の日に洗車すると、楽に洗車できるのでしょうか。

一般のカーオーナーが雨の日に洗車する場合、中古車販売業者と同じように効果的な時もあれば、そうでなく無意味になってしまうこともあるのです。

 

雨の日の洗車がどうして楽なのか、また一般のカーオーナーが雨の日に洗車しても無意味なケースとはどういう場合なのでしょうか。

 

雨の日の洗車が楽な理由とは

天気の良い日に洗車すると、まずクルマに水を掛けて砂やホコリを流しておき、その後にカーシャンプーで洗います。

そしてまた水を掛けてシャンプー成分を完全に流してから、水滴を拭き取り、コーティング剤やワックスなどを施すという流れになります。

 

一方、雨の日に洗車すると、水滴を拭き取る作業やコーティング・ワックスがけなどはできませんが、クルマにこびりついていた汚れは雨でふやけて落としやすくなるため、無意識のうちにゴシゴシと擦ってしまうことがなくなります。

つまりクルマに傷が付きにくい洗車ができるということです。

 

そもそも洗車は水道水を使うのがほとんどでしょうから、水道水に含まれるカルキによるシミができないよう、しっかり拭き取らなければなりません。

しかし雨の日の洗車では、ある程度の雨量があれば水道水の水滴を雨水が流してくれますから、カルキのシミを気にする必要が無いわけです。

 

大量のクルマを展示している中古車販売業者からすると、雨の日に洗車しているのはそれなりの意味があるのです。

 

どうして雨の日にクルマが汚れるのか

中古車販売業者が雨の日に洗車をする一番の理由は、楽にクルマをキレイにすることができるからですが、雨の日はクルマが汚れるのに無意味ではと思われるでしょう。

 

では、そもそも雨の日はどうしてクルマが汚れるのでしょう。

雨そのものには汚れの原因となるものは含まれておらず、雨がクルマに降り注いだとしてもクルマは汚れないはずです。

 

雨の日にクルマが汚れるのは、ボディに砂やホコリが付いていた時に雨が降ると、砂やホコリがまだら模様のようになるため、汚れていたことが目立ってしまうからです。

 

またサイドミラーやドアノブといったパーツの隙間に入り込んでいた汚れが雨で流れだし、ボディに黒いスジを作ってしまうケースもあります。

 

さらに雨の中を走行すると、自分のクルマのタイヤが跳ね上げる水しぶきでフェンダー付近が汚れてしまとともに、他のクルマによる水しぶきもボディに浴びてしまいます。

もちろんこの水しぶきは、砂や油などを含んだ道路に溜まっている水です。

雨のクルマの水しぶき

 

つまり雨が降っただけではクルマは汚れませんが、雨の中を走ると汚れてしまうというわけなのです。

 

一般カーオーナーが雨の日洗車を取り入れるには

では一般カーオーナーも中古車販売業者などと同じように、わざわざ雨の日に洗車をすれば、クルマを楽にキレイにできるのでしょうか。

 

それはクルマの汚れや洗車する場所などによって変わってきます。

 

洗車傷をつけにくい汚れ落としに有効

一般のカーオーナーが雨の日洗車をするのに良いのは、クルマに雨でふやけるような汚れがたくさん付着している場合などです。

例えば泥跳ねなどは雨に濡れると柔らかくなって取り除きやすくなるため、擦る必要がなくなり、晴れた日に洗車するより圧倒的に洗車傷が付きにくくなります。

 

ただし雨の日洗車は、あくまでもクルマの汚れを落とすことが目的の作業です。

コーティング剤やワックスなどを塗布することはできないので、ピカピカに艶をだすというより、汚れ落としのためだと割り切る必要があります。

 

洗車後に道路を走らない前提での洗車なら有効

中古車販売業者の展示してあるクルマは、洗車した直後に道路を走ることはありません。

せいぜい展示場内を少し移動させる程度でしょう。

この場合は水しぶきを跳ね上げることはありませんし、前や横のクルマの水しぶきがかかってしまうことはありません。

そのため、洗車した後も雨が降り注ぐだけで終わるのです。

 

このことを考慮すると、洗車した直後に道路を走らなくてはならない場合は、水しぶきを浴びてしまうので、わざわざ雨の最中に洗車する意味がなくなってしまいます。

すなわち洗車した後は雨に濡れるだけ、つまり洗車後に動かすことがないからこそ、雨の洗車に意味が出てくるわけです。

 

クルマを保管場所でそのまま洗車することができる環境なら、洗車が終わってからも道路を走ることはないでしょう。

つまり雨の日洗車が最も有効な洗車場所は自宅車庫だということになります。

 

ガソリンスタンドやコイン洗車場で洗車すると、帰ってくるのに道路を走らなければならず、また汚れてしまい、洗車の苦労が報われにくいといえます。

 

雨の日洗車はメリットとデメリットを十分考慮して

雨の日洗車はクルマには有効なケースを紹介しましたが、正直なところ雨の日の洗車は大変です。

濡れないようにするにはカッパの上下を着なければなりませんが、カッパを着て洗車すると動きにくいし、汗まみれになってしまいます。

 

それに、そこまでして洗車しても、コーティング剤やワックスなどを掛けることはできません。

また自宅車庫で洗車できる環境の整っている人はそれほど多くないでしょう。

 

それでも汚れているので洗車したいと考えるのであれば、前述した雨の日洗車の意味を十分考慮して判断なさってください。

 

まとめ

雨の降り続く梅雨の季節はクルマの汚れが気になってしまう時期でもあります。

そんな時、雨の降っている中で洗車したらどうなるんだろうと考えた方も多いはずです。

 

雨の洗車はメリットもありますが、苦労が報われないケースもあります。

特にクルマをピカピカに光らせたいと考えている方には不向きかもしれませんが、汚れを落とすことに特化すれば有効な方法だといえます。

 

雨が降っているけれどもクルマがひどく汚れているのなら、雨の洗車にトライしてみるのも良いかもしれません。